悩み

旦那が冷たい理由~昔の関係に修復する方法5選


旦那が冷たい態度をとることに頭を抱える女性は多く、これにはしっかりとした理由が存在しています。

また、旦那が冷たい態度をとることに対して、多くの女性が頭を抱えてしまうことに関しても、しっかりと理由が存在しており、これだけは男女での体の違いが原因でありますので、お互いに原因をしっかりと把握しておかなければ、理解できないことでもあります。

今回の記事では、そんな旦那が冷たい理由~昔の関係に修復する方法5選について、お伝えしていきます。

スポンサードリンク

結婚すると男は「無関心」になる

出会ったころの男性は、女性の愛情を勝ちとろうと奮い立っているため、テストステロンの生成が刺激されます。

テストステロンとは、力や幸福の感覚をもたらしてくれる「男性ホルモン」のことです。

このテストステロン濃度が適量だと、男性はバイタリティーにあふれ、思いやりがあり、女性の魅力に引きつけられます。

ところが結婚を通して二人の関係がマンネリ化すると、テストステロン濃度が下がりはじめて、蜜月は終わりを告げ、男性はさらに強いテストステロン刺激を求めるようになります。

テストステロン濃度を上げるために、男性は外で仕事をするという行為に興味を奪われ、しだいに恋愛に対する情熱は失われていきます。

つまり、旦那は結婚後にこのテストステロン濃度が下がった為に、あなたに対して冷たい態度をとるようになったというわけです。

これはあなた方夫婦だけでは無く、ほとんどの家庭に見られる現状でありますから、浮気などが原因でない場合は、この男性ホルモンが原因だと考えていいでしょう。

 

一方で女性は「必死」になる

必死

女性も似たように、旦那のことを深く知り、安心するようになると、オキシトシン生成が活発になります。

男性のテストステロンと同じく、女性はオキシトシン濃度が上がると生き生きとし、幸福感、柔軟性、旦那への愛情などをよりたくさん感じるようになります。

しかし、やがて現実的に期待や欲求がいつも満たされるわけではないと気づくと、プラスの思考は失われていき、オキシトシン濃度も減っていきます。

女性はこの快感をとり戻そうと、ますます二人の関係に一生懸命になりますが、それが報われないと、ついには情熱も幸福感も失われてしまいます。

男性は「無関心」に、女性は「必死」になるため、そこにはどうしても緊張感が生まれてしまうものですが、この食い違いをなくすにはこれら二つのホルモンの働きに注目する必要がありそうです。

旦那が冷たく感じ、あなたが必死になってしまうのには、このようなしっかりとした理由が存在するのです。

スポンサードリンク

テストステロンは夫婦円満のカギである

男性ホルモンであるテストステロンは、「支配欲求」「心身の強さ」「体格」「毛深さ」「声の低さ」「体臭」「性的能力」など、男性的な特徴のカギとなるホルモンです。

このホルモンは「主張の強さ」「活力」「負けん気」「創造性」「知性」「新しい概念をつくって遂行する能力」などにも関係しています。

成人男性は女性の二十~三十倍ものテストステロンを生成し、生涯を通じて男性の健康に影響を与え、筋肉や骨を強くし、またストレスに立ち向かうときの助けにもなります。

これは「適量」であることが重要で、多すぎても少なすぎてもいけません。

ストレスが強いとテストステロンが大幅に増え、攻撃的になりがちですが、さらにストレスが日常的になるとテストステロンは激減し、引きこもりやいらつき、うつなどの特徴をもつ「イライラ症候群」を引き起こしますから、旦那への対応の仕方を間違ってしまえば、夫婦仲は今以上に深刻になるということを警告しておきます。

 

昔のような関係に戻す方法とは?

昔

現代の男性のテストステロン濃度は下がり続けています。

「加齢」「喫煙」「肥満」といった要素ではひとくくりにできませんが、肉食に偏った食習慣も一因かもしれないといわれています。

また、アルコールと大豆製品もテストステロン濃度を下げます。

例えばビールには女性ホルモンに似た植物性エストロゲンが含まれており、酔っぱらうとセックスがうまくいかないことがあるようです。

旦那にとって、「パートナーに充実感を与えている」と実感できることはとても重要なのですが、女性が旦那を信頼し、受け入れ、感謝をすると、彼は元気づけられ、テストステロンが刺激されて、然るべき数値に安定し、ストレスがなくなります。

パートナーとの関係において旦那が「うまくいっている」、あるいは「うまくいきそうだ」と感じると、テストステロンは上昇し、彼女への興味がさらに持続するのです。

反対に、「パートナーを幸せにできなかった」あるいは「きっと幸せにできないだろう」と感じると、テストステロンは減少します。

自信がテストステロンの値を上昇させ、テストステロンがさらに男性の自信を深める、というように連鎖的に作用するのです。

男性が「達成感」を得るとバイタリティーと健康が増すのは、テストステロン濃度が正常だからですが、自分の価値を実感できないとエネルギーと興味はテストステロン濃度とともに急降下するのです。

 

旦那を認め、受け入れることが修復のカギです

こうした理由から、認められ、受け入れられることは、旦那の健康維持にとって極めて重要な意味をもち、また夫婦円満の重要なカギともなります。

要は、彼が「してくれたこと」を評価し、「してくれなかったこと」に目をつぶる。

これが、旦那を支えていくベストな方法です。

旦那が仕事で失敗をしたり、難しい問題にぶつかったりしているとき、彼のテストステロン濃度は落ちはじめ、それが再び上昇をはじめるまでは、気分も落ち込み気味になり、冷たい態度をとってしまう期間が始まります。

こうした理由から、男性は難しい問題に直面すると、しばらくの間そこから逃げ出し、忘れてしまおうとするのです。

そして、別のもっと簡単にすませられる物事にかかわって、自信とテストステロン濃度を回復させ、それから再びその問題に戻れば、より効果的な方法で解決することができる、というわけです。

男性中心の職場環境には、テストステロン生成を刺激する仕事や課題、規則、状況が揃っていますので、男性が自分の能力に自信をもっとテストステロン生成が刺激され、ストレスの影響が減って気分が高まりますが、この自信を維持できるかどうかが、男性の人生の「成功と失敗」、「いつもポジティブでいられるか、うつで引きこもるか」を決定づける大切な要因の1つにもなります。

また、「旦那にムカつく理由やいらないと思う訳5選」もセットで読んでみましょう。

多くの女性が旦那にムカつくといった感情を抱くのにも、しっかりとした理由が存在しているのです。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP