悩み

既婚者男性はずるい!妻に全く嫉妬しなくなる対策法とは?

Pocket

こんな悩みにとらわれたら?

彼の妻に対しては、どういう感情を持ったらいいのか?

一番ベストなのは、完全無視。

そうできない場合には、優越感を持つのがいいだろう。

彼と一緒にいる時聞が、あなたよりずっと多い彼の妻に対して、あなたは優越感を持つ。

これは、あなたの精神衛生上、必要なことだ。

この場合、彼の口から彼の妻に関しての情報をさり気なく聞き出して、あなたの中で彼の妻のイメージをつくり上げる。

あなたの優越感は、厳密なものでなくてもいい。

あなたが勝手にそう思えば、それが優越感になるのです。

 

まず、タイプに関して、あなたと違うタイプなら簡単。

それ自体が優越感の最大の理由になるのです。

彼が本当に好きなのは、私のようなタイプなんだわ。

それだけ思っておけばいいのです。

彼の妻に関して、それ以上ごちゃごちゃと想像しなくても大丈夫です。

 

同じようなタイプだったら、もう少し彼の妻に関するディテール(妻の細かい情報)が必要となります。

年齢、容貌、スタイル、女子力などについて、あなたは若さで勝負する。(あなたの方が若い場合)

これは、一種のイメージ遊日と思いましょう。

ですから、本気になってはいけません。

本来なら、あなたは彼ばかり見ていればいいのです。

それだけでは何かもの足りなかったり、彼の妻に対するライバル意識が出てきた時に、このイメージ遊びをしましょう。

偶然どこかで彼が彼の妻といるのを見たりしたら、このイメージ遊びは成立しません。

 

もし、そういう経験をした時は、妻への感情を彼へのものに切りかえる必要があります。

優越感とかの問題ではなく、彼の生活に対する同情のような感情にしてしまいましょう。

夫婦生活をしている男のつらさを理解してあげる自分を演じるのです。

彼と彼の妻を一緒にして、あなたはより一段と高いところから二人の生活を、傍観者のように見るのだ。

 

それも、少し意地悪く。

彼も大変なんだわ。

ああやって、家族サービスしなければならないのね。

などと思って、あなた自身の立場がフリーであるのを実感しましょう。

 

これは別に、彼をバカにする態度とは違います。

たまには距離を置いて、彼を冷静に見る。

それは、二人の関係を保つのに、必要なことなのです。

感情的になって彼の生活を観察するのではなく、客観的にチェックするのです。

 

また、見たことのない妻には、イメージ遊びで優越感を持つ。

偶然に見てしまった彼の生活の一端については、それを客観的に受けとめましょう。

この両作戦によって、あなたは強い女になれます。

不倫や浮気をする女には、どこか強さがなければならない。

 

したたかともいえる強さによって、不倫や浮気を持続していくわけだ。

不倫や浮気をファッションのように考えている女性にとっては、かなりつらい現実でしょう。

自分の気持ちを冷静にコントロールするために、あの手この手を使わなければならないのだから。

不倫や浮気はつらいもの、それを重々承知の上で、彼との恋を続けていきましょう。

 

恋愛のおいしい部分だけを楽しむには、それなりの苦労が必要。

そんなのいやだわ、と思う人には不倫や浮気はすすめられない。

ここで、「大人」という言葉を引用したい。

不倫や浮気とは、別のいい方をすれば大人の恋愛なのだ。

この「大人」には、実に様々な意味が含まれているのは当然である。

 

関連記事

→忙しい彼氏との付き合い方「メールや会えない時はこうしろ!」

→元彼がストーカーになった時の対処法は警察が一番?

関連記事

  1. 悩み

    子供にムカつく時やイライラする原因と対処法4選

    子供にムカついたりイライラすることは当たり前でありますが、これが日常茶…

  2. 悩み

    怒れない性格の改善方法

    怒れない性格ほど損をするなんて言われていますが、怒れない性格の人が最も…

  3. 悩み

    いじめや悩みを隠す子供に潜む危険性2つ

    いじめや悩み事を親に隠し通す子供は昔からいましたが、昔と今の時代の大き…

  4. 悩み

    子離れできない母親の原因4つ

    子離れできない母親は多く、あまりにも子離れできない場合は、子供にストレ…

  5. 悩み

    落ち込んだ時の名言10選

    気持ちが落ち込んだ時に名言を見て、または歌を聞いて力をもらう人は世の中…

  6. 悩み

    お金が寄ってくる方法。幸運はどうやって掴む?

    金は明るく賑やかな気が好き私たちの周囲を見回すと「どうしてあの人は…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP