悩み

憂鬱な気分の解消方法~原因7つ

Pocket

朝起きるとなぜか憂鬱な気分になり、仕事を休みたいと心の底から思う人もいれば、急激な憂鬱感が襲ってきて、自分は鬱ではないかとおびえる人もいるでしょう。

安心させるために言っておきますが、憂鬱な気分というのは誰にでも経験することのある、いわば人間には付きものです。

もちろん症状が酷いとうつ病の可能性も出てきますが、たまの憂鬱な気分くらいならそれほど心配はいりません。

今回の記事では、そんな憂鬱な気分の解消法~原因の7つについて、分かりやすく丁寧にご説明していこうと思います。

スポンサードリンク

最大の元は「孤独」というストレス

憂欝感がいつまでも持続して、心が悲鳴を上げるまでに病んでしまうのは、さまざまな原因が考えられます。

その最大の原因は、やはりストレスでしょう。

ストレスはさまざまな事柄で感じるものですが、それぞれにストレスを感じる強さ弱さといったものがあります。

何が一番強くストレスを感じる事柄になるかといえば、その最大のものは、肉体的には疼痛、精神的には孤独と淋しきである。

疼痛というのは、たとえば、虫歯がずきずきと痛むといったような痛みのことです。

孤独が最大のストレスになるというのは、たとえば船が沈没して漂流しなければならなくなったとき、仲間がいる場合と、ひとりでいる場合とでは、生存率が違うということで説明されています。

ひとりで漂流した場合、数日間しか命が持たないが、仲間と一緒に漂流していると、数週間、あるいは一カ月以上も生き長らえる可能性があるそうです。

孤独がいかに人間の心に大きなストレスを与えるか、このことからも分かります。

スポンサードリンク

「孤独」を癒してくれるのは親しき友人

憂鬱になったら、誰かに思いきり悩みを打ち明けるに限ります。

打ち明けたところで、憂欝そのものがすぐに解消しないかもしれませんが、少なくとも打ち明けることによって、少しでも憂欝な気分を晴らすことができるでしょう。

誰にも相談せずひとりで悩んでいるからこそ、悩みがどんどん内向し、深くなっていくのです。

だから特に内向的な性格の人は、ともかく気軽になんでも打ち明けることができる友人をひとりでも多く持つことが大事です。

しかし、最近信頼できる友人ができないという悩みを訴える人が多くなりました。

恋人がいない悩みよりも、友人がいない悩みをいだく人のほうが数が多いし、そして何より深刻です。

ただそういう人は、少し賛沢病にかかっているのではないかと思う。

つまり、友人ならこうあるべきだという高い理想や欲求を持ちすぎているために、親友ができないでいるのではないでしょうか。

 

自分の好きなことをしてみよう

例えば電車通勤の途中だとしても、自分の好きな曲を聞いたり、読書が好きな人であれば本を読む、ゲームが好きな人ならゲームに集中しましょう。

自分の好きなことに集中することによって、憂鬱な気分というのは自然とどこかへ行ってしまいます。

好きなことに集中できる環境にいないときには、好きなことや楽しみを想像してみてください。

好きなことや楽しみに意識をそらしてみるだけでも、憂鬱な気持ちが案外晴れるものです。

 

共感してもらう・共感する

SNS等で自分の憂鬱な気分を書き込み、周りの人に共感してもらうことによって、なぜか心がスッキリするという効果が期待できます。

また共感してもらう以外でも、共感できる画像を探したり、名言を探してみましょう。

自らが共感することでも、憂鬱な気分が吹っ飛んだりするものです。

騙されたと思って、一度試してみてください。

 

人が多い場所へ行ってみる

人が多い場所とは、なにも都会まで足を運べと言っているのではありません。

コンビニでもいいですし、スーパーでもいいですし、カフェでもいいです。

とにかく人がたくさんいる場所へ行ってみることで、人目を気にしたり、商品を目にするなどのたくさんの刺激を脳に与えることができます。

そうすることで憂鬱な気分は自然と薄れていき、いつも通りの日常を過ごせることでしょう。

 

ぼーっと一日過ごしてみる

時間がある人は、ぼーっと一日過ごしてみるのも大いに効果が期待できます。

スピード社会と言われる現在では、ぼーっと一日過ごせる時間が少なくなりました。

暇があればテレビを見たり、スマホをいじったりと、とにかく何か行動を起こさなければ落ち着かないという人もいるでしょう。

そんな時だからこそ、意味もなくぼーっと一日を過ごしてみましょう。

予定も特になく、暇になればカフェにお茶でも行くくらいの気持ちで、一日を過ごしてみるのです。

 

普段から「孤独」をうまく飼い馴らしておくのも必要

人間はときどき孤独になりたいこともあります。

そうしてひとりになった時間に、いろいろ精神的なものが充足されたり、新鮮な発想が生まれたり、あるいは日ごろから積もり積もった精神的なストレスが開放されたりするものです。

ですから、できれば一日一回くらいはひとりになる時間を持つことを心がけましょう。

ひとりになるためには、自分の部屋を持つことが第一前提ですが、住宅事情でスペースがなければ、ほかにいろいろと工夫して、ひとりになれる場所を見つけましょう。

また、「飽きた人生に刺激を与えるたった1つの方法」もセットで読んでみましょう。

憂鬱な気分になってしまうということは、人生がマンネリ化してしまっていることが原因なのかもしれません。

もしも人生に飽きた、またはマンネリ化してしまっている、という経験を一度でも経験している人はチェックしてみてください。

人生が大きく変わるかもしれません。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP