悩み

感動しない人の性格を変える方法4つ

Pocket

無感情や無表情の若者が増えているというデータがあるそうで、スマホやパソコンの普及により、若者の表情が乏しくなっている傾向にあるようです。

また感情を表に出すのが苦手な人にとっては、感動するということがどういった事か分からないと、頭を抱えている人も少なくはありません。

感動しない人=心が乾ききっているなんて表現をする人もいますが、果てして本当にそうなのでしょうか?

今回はそんな感動しない人へ、感動しない性格を変える方法の4つについてご紹介していこうと思います。

スポンサードリンク

「出会いの場」があってこそ、感動的な「我が人生」になる

感動とは「出会い」から生まれる、といっても過言ではありません。

道端に咲く花との出会い、一冊の本との出会い、そして人との出会い。

人生にはさまざまな出会いがあるだろうが、その数だけ感動もある。

一人で家に閉じこもっていては「出会い」はやってきません。

だから、その人の人生には感動もないだろう。

もし「心をときめかせながら生きてゆきたい」と思うのであれば、簡単なことです。

まずは一歩、外に出てみること。

そして、辺りを見まわしてみること。

そこに何か興味をそそられるものがあれば、近づいていって話しかけ、実際に手にとって触れてみよう。

そこに「感動」も生まれ、待っているだけでは「出会い」はない。

「出会い」は、こちらから求めていくものであることを忘れずに。

スポンサードリンク

マンネリ化もなってはいけない

生活がマンネリになってしまうこともいけない。

マンネリになると、新しい出会いというものが無くなってしまうからです。

乗る電車は毎日同じ、見る風景も毎日同じ、会う人も毎日決まっている…出会いではなく、再会ばかりを繰り返す。

これでは感動する心も失われてしまいます。

心は、飽きたという気持ちに占領されていくでしょう。

生活のリズムに変化をつけてみること、何か新しいことにチャレンジしてみること、スポーツを始めてみる、いつも歩く道とは道順を変えてみる、たまには会社の帰り道、道草をして映画館に立ち寄る…なんでもいいのです。

マンネリとなった心に新鮮な空気を送り込むための、ちょっとした工夫をしてみること。

生活を「日替わりメニュー」 にするのもいいし、昨日やったことは今日はしないでもいい。

日々違うことをやっていく。

昨日が洗濯の日であったなら、今日は洗濯はお休みにして、昼寝をする日にしてみてはどうでしょうか。

毎日「同じこと」を繰り返すのではなく、「たまにしかしないこと」を日々交代交代にやっていく。

【ともかく出会いと、そして感動は心をいきいきとさせてくれる。そして心の新陳代謝を促してくれる。】それがいい。

 

なんにでも関心を持とう、心がふさがってしまうから

感動は出会いから生まれると以前に言いましたが、いろいろな人やモノと出会いながらもちっとも心を動かされない人もいます。

感動が生まれない人というのは、心の風通りが悪くなっている証拠です。

心が塞がってしまっているのではないでしょうか。

仕事上よく心をふさいでいしまっている人と会いますが、「顔の表情がない」というのが、そういう人たちの特徴です。

何をどう話しかけても、まったく表情を変えない。

笑いもしないし、驚きもしないし、心配そうな顔もしない。

こちらからすれば、まるで人形に向かって話しかけているようなものです。

こちらの言葉が、まったく相手の心に届かないのである。

たとえ「心に病気を持っている」という人でなくても、私たちの身の回りには実際に、こういう人はたくさんいるのではないでしょうか。

 

例えば「無関心な人」たち

世間でどんなことが起ころうが、自分が勤めている会社がいまどのような状況にあろうが、知り合いに何か困ったことが起ころうが、電車の座席に座っているときに前に高齢の人が立とうが、道に迷って右往左往している人を街中で見かけようが、まったく気にせず、「自分には関係ないね、そんなことには興味ないね」といった人たち。

また例えば「つまらない、しらける、別に」という言葉が口癖になっているような人たち。

「映画でも見にいこう」と誘うと「映画なんてつまらない」「それじゃあせっかく今日はいい天気だから、釣堀に釣りにでもいこうか」といえば「釣堀なんて、しらけるだげだ」、「だったらどこにいきたいの?」と問えば「べつに」とくる。

まったく何が楽しくて生きているんだろうと首をかしげてしまう。

こういった人は、今の若い人たちに多いようです。

若いとはいっても、いつも顔が無表情で無反応だから、五歳も十歳も老けて見える。

こういった人は、もっといろいろなことに関心を持ってもらいたい。

やってみる前から「つまらない、しらける」などというのではなく、まずはやってみることだ。

それが「感動する」ことにつながってゆくのだから。

感動しながら生きている人は、実際の年齢よりも五歳も十歳も若々しく見えるものなのです。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP