悩み

情緒不安定の対策と治し方5つ

Pocket

情緒不安定な人=危ないというレッテルを張る人がいますが、そんなことはありません。

情緒不安定な人だってカウンセラーに通ったり、自分なりの努力はしているはずです。

しかし情緒不安定を自らの意志で治すことは難しく、ネットでもいろんな対策方法がご紹介されています。

そんな中でも当サイトでは、対策と治し方に特化した1ページをご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

SOSのサインに気づく

情緒不安定な時というのは、自分の体がSOSのサインを出している時です。

気持ちが沈むときは、体が外に出た方がいいよ、というサインを出しているのかもしれませんし、イライラしている時はストレスが溜まっているサインなのかもしれません。

これには個人差があるので何とも言えませんが、とにかく情緒不安定の時というのは、なんらかの形で体がSOSのサインを出しているんだという考え方をしてみましょう。

すると自然とそれに対する対処法が浮かんできます。

イライラいしている時であれば、ストレスが溜まっているという考え方をすることで、ストレス解消の対処法を実行します。

外を30分程度歩いてみたり、カラオケに行ってみたり、家で好きなアーティストの曲を聞いみるなど。

悲しいのであれば電話してみましょう。

このように体がSOSを出していると考えることで、その日の情緒に対しての適切な対応が可能です。

また一番やってはいけない事は、不安定になっている精神状態に対し、なんの対策もせずに他人に当たってしまうことは絶対にNGであり、嫌われ者になる原因だと思ってください。

スポンサードリンク

信頼するものを1つ作ってみる

自分が心から信頼できることがあれば、情緒不安定に陥った時に精神状態を正常に戻すことが可能です。

これは宗教でも構いませんし、信頼できる人に相談するのでも構いません。

どんな形でもいいので、1つ心から信頼できるものを作ってみましょう。

宗教や人という選択肢が嫌なのであれば、スポーツなどでも構いません。

実際に元西武ライオンズの森本稀哲という選手がいましたが、彼は汎発性円形脱毛症という病にかかったおり、幼少期から髪の毛が生えてこない症状に悩まされていました。

しかしそんな彼が病から逃げずに毎日を楽しく生きてこれたのは、野球のおかげだったそうです。

野球で三振を取ったりホームランを打つと周りが認めてくれるので、彼はそれが何よりの励みだったと引退会見で発言しています。

スポーツでなくても、趣味を作って趣味に没頭するのでも構わないので、とにかくこれをすれば心が落ち着くという信頼できるものを1つ作ってみましょう。

 

友達を失わない為にすべきこと

笑っていたかと思えば急に怒りだす、口からツバを飛ばしてわめき立てていたかと思えば急に黙り込んで静かになる、優しい人かと思えば意地悪なことをす…というふうに感情にムラがある人とは、どうも付き合いづらい。

中には「どこか危なそう人だ」という印象を持ってしまう人もいるでしょう。

とはいっても、その人が本当に「危ない人」 であるわけではないのです。

多くの人に当てはまる心理状況といえば、一時的に心が不安定な状態にある、何か悩み事がある、心配事がある、迷い事があってどうしたらいいのか分からなくなっている。

そのために心に落ち着きがなくなくなったり、心が動揺している。

あるいは体調がすぐれないということがあるのかもしれない。

そういうときは本来ならば、「誰にも会いたくない」ものです。

それを無理をして人に会うから、心がますます揺れ動いてしまう。

感情の起伏が激しくなり、支離減裂なことを人にいったりやったりしてしまう。

言わなくてもいいことを言ってしまったり、相手を傷つけることをやってしまったりするわけです。

 

時には一人でいる時間を優先する勇気を持つ

ともかくそういう状態のときには、あえて友達から何か誘われたときでも会わない、断る、ということも必要なのではないでしょうか。

そういう状態のときに友達に会って、下手な誤解をされて、せっかくの友達を失うようなことになってしまっては、大事な友達を失うという結果になってしまいます。

ご自身にとっても、それは辛いことだろう。

人に会うのが辛いときには、無理をして人に会わなくてもよい。

「せっかくの誘いを断ったら、相手に悪いんじゃないかしら。友達として冷たいと思われてしまうんじゃないかしら」といったことなど考えなくてもよい。

一人でいたいときは、無理をせずに一人でいること。

やがて悩み事も解決することだろう。

動揺していた心も落ち着きを取り戻すだろう。

そうなれば、再び元気もよみがえってくる。

そうしたら改めて友達と会い、明るい笑顔を見せてあげればいいのです。

その方が長い目で見れば、その人と「いい友達」でい続けることができるのだから。

 

心療内科などのプロに頼りつつ、友達を大事にしましょう

情緒不安定の治し方については、自分に合った治療法が一番でしょう。

中でも大事にしてほしいことは、心療内科などのお医者さんと共に情緒不安定を克服しつつ、友達と楽しい時間をたくさん過ごしていくことです。

お医者さんに頼るという選択肢を選んでいる方は多いかと思いますが、友達と楽しい時間を過ごすことに関してはどうでしょうか?

友達の力というのは不思議なもので、友達と一緒にいる時間は情緒不安定にはなりにくく、自然と笑顔の回数が増えているのです。

もちろん先ほども言いましたが、情緒不安定な状態で友達と会うのはNGです。

大事な友達が離れていってしまう原因になりかねませんので。

長期的なプランを計画し、焦らずにゆっくりと自分の感情と向き合っていきましょう。

そしてたくさんの楽しい時間を友達と過ごしてみましょう。

自分が情緒不安定になりにくい環境にたくさんい続けること、そしてお医者さんと共に長期的なプランを計画し、ゆっくりと自分の感情と向き合っていくことが、情緒不安定を治すには欠かせないことです。

また、「落ち込んだ時の名言10選」もセットで読んでみましょう。

あなたの気分が落ち込んだ時に、前向きに考えさせてくれる力を持つ名言集ですから、気分が落ち込んだ時にはぜひご活用ください。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP