恋愛

恋愛下手な男性の共通点はテクニックに頼りすぎ!

Pocket

自分は周りに比べて恋愛下手なのだろうか?

なぜか気になった人に対しては、上手くいかない…

これってなぜでしょうか?

 

もしかして、あなたは好きな人の前では「頭でっかち」になっているのでは無いでしょうか?

恋愛下手な男性の共通点には、「頭でっかち」という共通点があります。

その共通点について、今からご紹介していくことにしましょう!

スポンサードリンク

頭だけで生きている人に、本当の出会いは訪れない

 

人に好印象を持ってもらうためのテクニックは必要です。

けれども、頭でわかっただけでは役に立ちません。

実践で試してこそ、本当に自分のものになるのです。

 

反対に、「こうすれば、人の心をつかめる」というテクニックに長けている人は、あまりテクニックに走りすぎないように注意すべきでしょう。

テクニックはあくまで、人とのよい関係を結ぶための「道具」なのです。

本筋とは別のことなのです。

ここを勘違いして、テクニックを使って人の心を思うままに操作することが目的になっているケースもよくあります。

 

このように、「相手とよい関係を築く」

ためではなく、「自分が人に好かれる」ことが本筋になってしまうと、少しずつバランスが狂ってくるものです。

どれだけ上手に相手の心をつかんだか、あるいは、どれだけ気に入られたかという成果で気入られても、自分がしんどくなるだけです。

問題は、そこから先なのです。

スポンサードリンク

相手に好かれて、その人とどんな関係を築いていきたいのか。

それがなければ、テクニックは役立つどころか、かえって邪魔になるものだろう。

むしろ、あまりテクニックに走りすぎている人は見透かされてしまい、深い信用は得られません。

どんなに知識を身につけても、どんなテクニックを身につけても、それだけでは本当の賢さではなく、いわば「小賢しさ(こざかしさ)」なのです。

 

人の心をつかむのが上手な人は、ただ小賢しさ(こざかしい)だけにならないように注意したいところです。

とはいっても、少なくともテクニックは身につけているのだから、前途は明るいはず。

後は、それをいい方向に活用するコツを覚えるだけです。

 

これは、ある大学生の話です。

その大学の外国語学部は非常に専門的に語学をたたきこむ教育をします。

そこで他の大学から、「あそこの学生は専門バカだ。語学ばかりやって、文学や歴史に浅い」とけなされました。

 

そのとき、教授がこういったというのであります。

「大学は、たった四年間しかない。その間に、たとえ専門バカにでも、なれるものならなってみなさい」

私たちは、何もかもをいっぺんに身につけることはできない。

とりあえず、小賢しい(こざかしい)専門バカにでもなれるものならなってみて、それからゆっくり幅を広げてもいいのである。

大学は四年間しかないが、人生はその後も長く続くのであと。

 

 

恋愛が下手を克服するためには!?

 

恋愛下手を克服するためには、先程も言いましたが、「テクニックばかりに頼らない」事が大事です。

テクニックばかりに頼る男は、すぐに女性にバレてしまいます。

テクニックよりも、まずは自分をアピールすることが大事です。

そのアピール方法の時に、1つ2つのテクニックを使うように心がけましょう。

 

次に大事なことは、自分が必死にならないことです。

いつもどこか心に余裕がある行動を。

いつもどこか心に余裕がある言動を。

心がけるようにしましょう。

 

そして、最後に大事なこと。

それは、あなただけが自分の特別だと思わせることです。

あなたは自分にとっては、特別な人なんだよと。

そう思わすためには、時には他の女性との差別化をすることも重要なのです。

 

また、モテる男のテクニックを参考に、使ってみるのもいいでしょう。

そのモテる男のテクニックは、次のページでご紹介していきます。

→モテる男になるにはこのテクニックを使え!

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP