悩み

怒れない性格の改善方法

Pocket

怒れない性格ほど損をするなんて言われていますが、怒れない性格の人が最も損していること。

それは身体的健康に被害が及ぶ可能性があることです。

実は怒れない性格の人は、体に負担をかけているのと同じで、将来的にその影響が出かねません。

今回はそんな怒れない性格のデメリットと改善方法について、ご紹介していこうと思います。

スポンサードリンク

ときには自分でもビックリするくらい怒ってみる

いつでも怒鳴り散らしている人は、それでストレスが解消されているかもしれませんが、つねに自分を抑えている人は、いつかああいう風に怒鳴り散らしたいという願望がある人もいるのではないでしょうか。

ストレスを溜めないために、中には何かあればすぐに周囲の人に対して怒鳴り散らすという人もいるようですが、それで問題そのものがすぐに解決されることはまずありません。

解決にならないのに怒鳴ることは、まわりの人にとっては迷惑な話です。

怒鳴ることがクセになってしまうこともあります。

そういう醜態を見ていると、人を頭ごなしに怒鳴るなんてなんとみっともないことだろうと思い、人はなおさら自分を抑えるようになる。

けれども、感情をあまりにも押さえつけることは、けっしていいことではありません。

スポンサードリンク

なぜ感情を押さえつけることはいいことではないの?

自分の気持ちに忠実である限りにおいて、ときには「怒る」ことも大切です。

興奮して怒鳴るというのではなく、「きちんと怒る」ということです。

そのとき、自分の感情をきちんとコントロールできているかどうかが問題です。

「怒る」とたいてい、自分の言葉に自分で腹が立ってきて、だんだん感情がエスカレートし、暴走気味になるものです。

そこで、しっかり自分の感情にブレーキをかけられるかどうか、自分の自己調整機能を試す意味でも、ときどき「怒る」ことが必要なのです。

「怒る」ベきときに感情を抑えてしまうと、当然エネルギーが内部に向かってストレスになります。

他の方向に発散することで解消できるのならばいいのですが、その「怒り」の発生原因がいつまでも消えないのであれば、頃合いを見はからって「怒る」 ことで効果的に問題を解決するほうが健康的です。

いつもは怒らない人が怒ると、みんなが驚いて注目しますから、ついでに日頃から気になっている問題を一掃してしまえばいいでしょう。

うまく怒れば、こんなに効果的な自己主張の方法はないのです。

ただし、あまり調子に乗ってあれもこれもと主張するとやりすぎになってしまいますから、最重要な問題いくつかだけにとどめることが重要です。

 

無意味に思わないこと

怒れない性格の人の多くには、怒っても無意味や、怒ってしまっては嫌われてしまう、なんて思っている人がいます。

しかしこれは間違った考え方です。

怒ることによって、それは自分をアピールすることにもなりますし、怒らないと何より相手になめられてしまいます。

なめられてしまえば、利用されるだけの存在になる可能性も上がりますし、いつまでも見下される可能性だって当然高くなります。

怒ることは無意味な事ではありません。

怒るべき時には怒ることで、あなたの人生にプラスになることも多くあります。

それに世界中の全ての人に好かれる事なんて無理な事です。

怒るべき時には、全力で自分の思いをぶつけることを心がけましょう。

 

内弁慶になる可能性がグンと上がる

また、怒れない性格の人というのは、内弁慶になる可能性がグンと上がります。

外では怒れない分、自分の心許せる相手や居場所にいる時に威張ってしまう、または家でストレス解消をしてしまう。

こうなってしまっては、家族から嫌われるのはあなたです。

今は独身なので関係ない…なんて思っているあなたも、すでに内弁慶になっているかもしれません。

家では威張る姿勢を見せる相手がいないだけであり、もし恋人が出来た時に困るのはあなた自身ですよ。

こんなデメリットを解消するためにも、時には外で思いっきり怒ってみましょう。

 

怒れないのであれば最低限ストレスは消せ!

何度も同じことを言いますが、怒れない性格の人は”感情をコントロールできない人”の可能性もありますし、”ストレス”が知らない内に溜まってしまっています。

どうしても怒れないという場合は、あなたの天敵になるストレスを消し去りましょう。

そうすることで、身体的な健康被害は最小限に抑えることが出来るでしょう。

また、「医師が進めるイライラを抑える方法」にて、上手なストレスの解消法を学ぶのもいいでしょう。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP