人間関係

怒りっぽい人との付き合い方

Pocket

怒りっぽい人というのは、どこか周りに気を使わせていて、人から好かれない傾向があるようです。

確かに怒りっぽい人と一緒にいると、一つ一つの行動に気を配らないといけないし、フォローも大変です。

今回はそんな怒りっぽい人との付き合い方に関して、誰でも簡単に出来る付き合い方のコツをご紹介しようと思います。

スポンサードリンク

人を気分よくする人、環境汚染源となる人

 

いつも機嫌が悪く、イライラつんけんしている人のそばに近づきたくないのは、言うまでもない。

こういう人は、体の周りに長いトゲを突き出しているようなものだから、うかつに近づいたらこちらがケガをして、不快になってしまう。

人は誰でも、ニコニコと機嫌のいい人のそばに近づきたいものです。

その方が快適ですよね。

 

世の中は必ず、いつも不機嫌な顔をしている人より、楽しい人の方が好かれます。

それなのに、なぜ不機嫌な人は、いつもあんなにも不機嫌でいられるのでしょうか。

人に好かれる方がその人にとっても快適なはずです。

わざわざ不愉快な態度をとって周りを不愉快にし、人に嫌われて、何の楽しみがあるというのか。

 

もしかしたら、不愉快な人というのは、非常に不愉快な環境に生きているのかもしれません。

常に、不快指数の高い、暑苦しい部屋にいるようなものなのかもしれない。

不愉快な環境にいるから、不機嫌になり、いちいち人の言うことが気にさわり、何を聞いても反対したくなる。

そうやって周りから嫌われれば、ますます環境は不愉快になってくる。

 

こういう人は「快適に暮らす」という状態を、一生味わうことがないのかもしれません。

そして、ますます態度も不愉快になる。

まさに悪循環なのです。

スポンサードリンク

では、どうすればいいのか

 

いつも不機嫌な人への対処法は、さわらぬ神にたたりなしです。

あなたの周りにそんな人がいたら、遠巻きにしておこう。

生半可な親切心を起こしてコミュニケーションを持とうなどと思ったら、あなたの人生の貴重な時間を失うことになります。

 

「でも、その人はきっと不快な環境に生きているのだから、周りの人間が快適な環境にしてあげれば、少しはいい人になるのではないかしら」と言うかもしれませんが、あなたが不快指数人間のいい餌食になる可能性も大なのです。

あなたが相手を快適にすることに成功する前に、相手があなたを不快にすることに成功する確率のほうが高いということです。

 

快適な環境を維持するのは難しいですが、環境を不快にする方はあっという間なのです。

こういったことを、ことわざでは「ミイラ取りがミイラになる」ともいう。

ですから、あまりオススメはできません。

 

しかし、あなたのそばにかなりいい環境が整っているのなら、挑戦してみてもいいでしょう。

どんなに嫌な気分になっても、その人のそばにいけばまた愉快になって、明るい気分に戻れる。

この人とお喋りすれば、いつも気分は快晴だ。

そんな友人や家族がいるなら安心です。

あなたの環境はめったに汚染されないでしょう。

 

汚染された環境に一歩踏みこんでも、また、いい環境に戻って来られるなら大丈夫。

できることなら、自分自身がそばにいる人をみな快適にしてしまう、よい環境の元となりたいものです。

→苦手な人の克服方法

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP