彼女を傷つけた人へ。もう同じ失敗を繰り返さない対処3選


彼女を傷つけてしまい、別れるかもしれないという恐怖心を抱いてしまったり、または傷つけてしまった自分を責めてしまう男性は少なくありません。

彼女を傷つけてしまったということは、罪悪感を感じる心理状況である場合が多く、多くの人が再び同じ失敗を繰り返さない為の対処を考えられる心理状況ではないのです。

今あなたがすべきことは、彼女に謝ることはもちろんのこと、今後彼女を幸せにしてあげる為にも、再び同じ過ちを繰り返さない為の対処を知っておくことです。

そこで今回の記事では、彼女を傷つけた人へ。もう同じ失敗を繰り返さない対処3選について、あなた自身が反省すべき部分などを中心にお伝えしていきます。

スポンサードリンク

彼女を傷つけないためのチェック項目

次に示すのは、彼女を傷つけてしまって、もう二度と彼女を傷つけないと強く思う男性が、チェックすべき12項目です。

以下の項目をしっかりとチェックしていき、彼女の気持ちやどんな言い方が良かったのかを、しっかりと見直してみましょう。

1.彼女はどんな言葉に気分を悪くしたのか?

2.彼女が言っても当然だったのに、言わなかったことは何か?

3.彼女は何を言おうとしていたのか?

4.彼女が違った言い方をできたとしたら、どんな言い方だったか?

5.彼女は何を必要としていたのか?

6.僕には何が必要か?

7.彼女は僕をどう誤解しているか?

8.僕は彼女をどう誤解している可能性があるか?

9.お互いにとって、どんな結果が一番好ましいか?

10.僕は何を後悔しているか、どういうふうにすべきだったか?

11.僕はなぜ彼女を許すのだろうか?

12.僕は彼女にどういってほしいか。どうしてほしいか?

スポンサードリンク

なぜ上記の12項目をチェックすべきなのかといえば、男性は効果がなかったこと、反対に効果がありそうなことについて明確なビジョンを描ければ、すぐに感情が和らぎます。

われわれの生活には、気分に影響を与える要素が数えきれないほどあります。

彼女を傷つけたり、いら立たせて頑なときには、あなたの考えがどんなに合理的、理性的かを主張しても意味はありません。

こんなときはいったん退却し、あとでもう一度トライするしかありません。

もしもあなたが彼女を傷つけて、謝りたいのであれば、彼女に自分のどういった部分が悪かったのか、どんな言い方が悪かったのか、今後どんな関係を築いていきたいのかなど、上記でチェックした12項目の答えを的確に彼女に告げ、そして自分がとにかく悪かったということを謝罪しましょう。

 

1時間の間隔をあけよう

余裕を持つ

彼女をもう二度と傷つけたくないのであれば、とにかく1時間は待つ必要があるでしょう。

12時間待つとは、どれだけいら立っても、喧嘩になってしまっても、その場で感情的な気持ちを伝えるのではなく、時間をあけろということです。

もちろん、嫌な部分はそこが嫌だとその場で伝えてもOKですが、感情的になりそうな場面ではとにかく、冷静になる時間を作ってください。

自分の見方を女性に押しつければ、彼女はけっして前向きな態度で耳を傾けることはありません。

あなたが彼女の考えを聞けないなら、彼女もあなたの意見は聞けませんし、あなたが抵抗するにつれ、彼女も同じように抵抗するでしょう。

これから先、彼女を傷つけない為にも喧嘩を避ける為にも大事となる、もう一つの大原則は、男性が女性より先に、相手の考えや気持ち、ニーズを聞いてあげることです。

「聞くことで問題を解決している」と捉えることができれば、男性は女性よりもずっときちんと聞くことができます。

もうおわかりのように、男性は「修理」が大好きで、女性にとっては「話をすること」が最も重要です。

女性が話せば、修理名人としての彼の仕事は「君の話をしっかりと聞いたよ」と彼女に伝えることです。

もちろん耳を傾けることが、彼女の幸福にどれほど重要かを分かっていれば、男性は喜んでそうするでしょう。

 

男性がタイムを切り出す

ストップ

喧嘩を避けるテクニックはいたってシンプルであり、男性が「タイム」を切り出し、女性はそのあと、再開の時聞を決めるために彼に歩み寄る、ということです。

まず男性が「タイム」を宣言することで、お互いが傷つかずにすみます。

そして、女性は会話をもとに二人が元に戻れるようにできれば、議論がドロ沼化したときであっても、お互いに傷つけないで円満な関係で居続けれる確率は上がります。

なぜなら、男性が先に「タイム」を宣言するほうが、男女のホルモンの理に一番叶っていて、ストレスが少なくなるからです。

そして「タイム」をとったら、次は解決法を考えていきます。

喧嘩をしたとき、調和を回復する方法には二通りあり、1つはチェックリストを確認し直し、今自分の必要なことや彼女の気持ち、自分の気持ちを整理すること、そしてもう1つは、「聞くことで問題を解決している」ことを再確認することです。

上記の2つの解決方法をしっかりと実行していけば、再びあなたが彼女を傷つける確率をグッと下げることができるはずです。

最も彼女を傷つけてしまう行動(浮気など)をしてしまっていた場合は、あなた自身に問題がありますから、自分自身をしっかりと見直す期間をとる必要がありそうです。

 

今から自分を変えよう

いかがだったでしょうか。

人は成長する生き物ではありますが、すぐに成長できる人と出来ない人との違いというのは、やはり原因を追究するのか、その時に変わろうと心に誓うだけの人かの違いであります。

本当に彼女を傷つけたくないのであれば、あなたは今すぐ変わるための工夫をするべきです。

その工夫とは、一通り上げてきた対処を実行していくことにより、あなたは大きく変われ、愛する人を幸せにすることができるはずです。

また、「自己嫌悪に陥る心理的原因と克服方法5選」もセットで読んでみましょう。

彼女を傷つけてしまったあなたは、自己嫌悪に陥ってしまっている可能性が高く、そんな自己嫌悪に対する克服方法も知ってみませんか?

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
ページ上部へ戻る