恋愛

彼女と喧嘩した後に仲直りできるメールの送り方

Pocket

謝罪メールを送るときのポイント

◆「○○を責めたことを謝りたい」

謝るときには、素直に簡潔にするほうが伝わりやすいと思います。

「ごめんなさい」の言葉だけあればOKです。

説明や回りくどい言い方は必要ありません。

スポンサードリンク

◆「わがままばかり言ってごめんね」

素直な言葉なので、好感が持てます。

1回だけなら有効だと思います。

注意したいのは、何度も使ってはいけないということです。

「学習しろよと相手は思ってしまいます。

 

◆「この間も言ったけど、まだ謝り足りないと思う」

基本的に、謝罪は1回だけで十分だと思います。

何回言っても、相手に対しての過ちは消えないのです。

むしろ何回も謝っていては、謝ればすむと思っていると受け取られかねません。

もちろん、自分に非がある場合は、絶対に謝罪したほうがよいでしょう。

それも、相手の顔を見てきちんと言うほうが効果的です。

スポンサードリンク

感情メールを送るときのポイント

◆「私は今でもあなたが好き。別れたくない」

感情的になっているときは、メールはしないほうがいいでしょう。

一度作成したら、いったん保存して最低でも翌日できれば3日経って読み返してから、送信することをおすすめします。

落ち着いてから読み返すと、「このメールは送らなくて正解」と思うことのほうが多いはずです。

感情をぶつけて後悔する人がすごく多いので、肝に銘じましょう。

 

◆「どうしてそんなこと言うの?」

相手に聞くより、まず自分で考えてみましょう。

本当は正反対の意味だったり、自己防衛で言ったことなのかもしれません。

言葉をそのまま受け取るのではなくて、自分で解明することが大切です。

 

◆「自分ばかりが我慢している」

こちらが我慢していることは、言われるまで相手は気づいていないことが多いです(もしくは認めたくない)。

これを言った時点で、ます相手が思うのは「そこまで我慢してなんて言ってない」という気持ちです。

自分が言者にされたみたいで、かなり不快になるので言葉を選びましょう。

たとえば「私、勝手に我慢しちゃって素直になれないの…」といった表現なら、相手を責めていないので、相手も素直になりやすいと思います。

微妙なニュアンスの違いで大きく変わるので、いろいろ考えてみるとよいでしょう。

 

自分の不安を相手で解消しようとしない

ここまで「謝罪メール」「感情メール」の2つのカテゴリーごとに、NGメールをいくつか見てきましたが、基本的に返答ほしさのメールや無言の押し付け・束縛感のあるメールは良くありません。

恋愛全般に言えることだと思いますが、メールやLINEをするうえでもっとも大切なことは、自分の不安を相手で解消しようとしないことです。

自分の不安は、自分で解決することで自身となります。

 

どんなに愛している相手でも結局は他人であって、自分の人生を保障してくれるわけではないのです。

人生の責任は本人が取らなくてはいけません。

まずは、自分の力で考えてみてください。

 

自分のことは自分が一番よく知っているはずですし、人生は自分を知るために生きていると言ってもよいと思います。

不安になるのはよくわかりますが、自分のためにも相手のためにも強くなることも必要です。

 

関連記事

→相手の怒ってる理由がわからないのはどうすれば?

→相手のせいにする心理って?

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP