恋愛

彼女がわがままな理由はこれ!面倒や別れたいは早いかも?

Pocket

彼女のわがままは、我慢して話だけでもじっくり聞け

最近、ときどきテレビに出演したりしているので、視聴者からの相談の手紙を拝見することがある。

たとえば、「ボクの彼女はとてもわがままです。いつも目新しいところに連れて行かないとムクれるのですが、連れて行げば行ったで文句をつけるのです」

先日も雑誌で紹介されていた焼鳥屋に行こうとしたら『そんなところはイヤ』と言います。

『じゃ、どこがいい?』と尋ねると、『なんでもいい』と答えるのです。

そんな調子でいつも口論になってしまいます。

スポンサードリンク

彼女とは付き合いだして半年になりますが、いったいボクのことをどう思っているのか。

都合のいい遊び相手ぐらいにしか思っていないのではないかと、不安になります。

 

この話を聞いて感じるのは、どうも彼女が彼の愛情に不安を抱いているのではないかということだ。

おそらくわがままを言うのは、愛情を確かめているのだと思う。

焼鳥屋を拒否しながらも、決断は彼に委ねているということからも、それはうかがえるのである。

 

たぶん、彼の彼女に対する愛情表現が足りないのであろう。

女性は本質的にわがままだと言われるが、潜在意識の面からいうと、それは男性を頼っていることの裏返しである。

自分のわがままにどこまで男性が応じてくれるか。

 

それを愛情の尺度にしようとしているのだ。

もし男性が充分に愛情表現をしていれば、女性は別にわがままにふるまう必要はないということになる。

昔からデート上手と言われる男は、この女性のわがままの扱い方がうまい。

スポンサードリンク

女性にわがままを言われでも、相手の機嫌を損ねること なくうまく受け流すことができるから、女性にモテるのだとも言えるだろう。

そういうデート上手の男たちは、女性のわがままによく耳を傾ける。

彼女に無理なことを言われでも頭から「無理だ」とはねつけたりせず、充分に相手の言い分を聞く。

 

私に相談の話をした男性は、すぐに頭に血がのぼって彼女の話を充分に聞く態度が欠けていたのではないだろうか。

よほど常識のない女性でないかぎり、自分のわがままが相手に無理なことを要求しているのか、そうでないかくらいはわかるはずである。

女性は愛情の確認をしたいだけであって、かならずしも自分のわがままにこだわっているわけではないのである。

 

たとえ無理なことを彼女から要求されても「オレにほれてるから、こんなわがままを言ってくるんだ」

ぐらいに考え、とにかく話だけでも真剣に聞く態度を見せることが大切だろう。

 

つねに新しいものにチャレンジする姿勢を、彼女に見せること

最近の女性は行動的になったとつくづく感じる。

ひと昔まえの日本女性といえば、奥ゆかしく控え目であることが美徳とされていたが、近ごろの女子大生やOLのように、好奇心旺盛で、楽しそうな ことがあれば、フットワーク軽く、どこへでも飛んでいく姿を見ていると、女性も変わったなと言わざるをえない。

そんな女性に押されてか、男性はやや勢いがない。

 

若いカップルがデートしているところを見ても、女性が元気なのに、男性の方はどことなく自信がなさそうに見える。

先日、ある喫茶屈で若い男女の隣に座る機会があった。

もてなしに話を聞いていると、どうやら夏休みにどこに行くかを計画しているらしい。

 

女性のほうは「スキューバダイビングやりたいな」

「軽井沢に行って、二人でテニスしょうか」などと活発に意見を出している。

だが男性は「でも、お金がかかるから」とか「でも、オレテニスできないからな」などと情けないことを言う。

 

そのうち彼女は「じゃあ、いったいなにをやりたいの」と怒りだして席を立ってしまった。

あとに残された拒然自失の彼に同情しないわけでもないが、このような態度では彼女が怒って席を立ってしまうのも当然だ。

彼女ならずとも、やるまえから「できっこない」 と、簡単に放り出してしまう男性に魅力など感じようはずもない。

 

もちろん、自分の経済状態から考えるとスキューバダイビング旅行は無理かもしれないし、ヘタクソなテニスの腕前を彼女の前にさらしたくない気持ちもわかる。

しかし、最初から「ムリだ」「できないよ」とあきらめてしまうまえに、やることはあるはずである。

スキューバダイビング旅行がいくらくらいかかるのか、安く行ける方法はないのかなど…

 

調べようと思えばいくらでも調べられるし、 たとえテニスはへタでも、それ以外の面で彼女を楽しませる計画を立てることもできる。

そういう努力もせずに、すぐに「ダメだ」「ムリだ」と口にする男に、女性は弱き、ふがいなさを感じとる。

スキューバダイビングやテニスだけではなく、なにをやってもダメな男なのではないかと思ってしまうのである。

 

あきらめるのは、目的のために動き、最善をつくしてからでも遅くはない。

たとえ無理だと思っても、逃げの言葉を口にするより、挑戦する姿勢や気構えを見せることが大切なのだ。

女性は、そういう頼もしい男性にデートをリードしてもらいたいと思っているのである。

 

関連記事

→学生で門限がある彼女とデートでの対処法!

→デートの待ち合わせ場所や時間のベストって?

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP