懸賞

年末ジャンボの当て方の工夫!いくら買えばいいでしょうか?

Pocket

ジャンボ宝くじの買い方に、こんな工夫をしてみよう

「当せん金付証票法」が1998年10月に改正され、一等賞金が宝くじ価格の20万倍から、なんと100万倍以内になり、前後賞合わせて数億円もの高額賞金となったジャンボ宝くじ。

夢は大きく大きく膨らんで、期待感も膨らむ一方だが、ではどういう買い方が大きな夢を手にする近道なのだろう。

ここで一番注目したいのが、賞金が高くなったにもかかわらず、宝くじ一枚あたりの価格が300円のまま据え置きだったことである。

つまり、経費は同じままで当たりが大きくなったわけだから、グループ買いの効果がある。

スポンサードリンク

もし、三人で1等3億円グループ買いしたとして、一人の取り分は1億円。

以前なら5000万円少々だったが、1億円なら文句はない。

 

お金を出し合って、当たる確率を少しでも多くしたほうが得ではないか。

さらに一等賞金が3億円なのだから、なにもわざわざ連番にして前後賞まで狙う必要はない。

これまでのデータによると、10万台の数字では18万台が最も多く出ていて、14万、17万、22万台もかなりよく出ている。

 

組数では1990年台には過去5年間、10~19組の10台の組数の一等当せんがない。

組数までは考えないにしても、10万台の数字ぐらいにはこだわって、バラで一等を狙ってみるのも楽しい。

さらに購入するなら、ただ漠然と買うのではなく、個人的に特別な日などにこだわって購入しよう。

 

「なんとなく」ではなく「当てたい」という意識をはっきりもつことが肝心。

購入日をはっきり意識することも夢への大切な要素なのだ。

スポンサードリンク

くじ券の保管が悪いとこんなトラブルが・・・

 

宝くじの裏に印刷された注意書きの一つに、くじが汚れたり傷ついていたりすると、当せん金がもらえないことがあるという項がある。

ではいったい、どのくらいの汚れ、どのくらいの傷まで大丈夫なのだろうか。

原則とされているのは、券の右側三分の一部分に印刷されている番号が、当選だと判別できること。

 

そのうえで、印刷された第何回といった文字や図案が確認できること。

それはそうだ。

いくらナンバーがはっきりみえていても、図柄が桜か梅かの判別もできないような、醤油のシミで真っ黒けだったら、ナンバーが同じだけの別の回の販売のものかもしれない。

 

それ以上の細かいチェック箇所は、宝くじ偽造の参考にされるので発表できないらしいが、第一勧業銀行ではとにかく「試しにもってきてみてください。こちらで判断します」ということだ。

そんなことにならないよう、ついうっかりシャツのポケットに入れたまま洗濯機にかけちゃったとか、ハズレ券と間違えてビリビリに破いてしまったというような不注意だけは避けよう。

 

関連記事

→当たりやすい懸賞の見極め方!当選確率アップのコツとは?

→応募ハガキの目立つ裏ワザ!枚数は多いほど有利なのか?

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP