悩み

年収500万の手取りと貯金の最低ライン4ステップ

Pocket

年収500万の生活には、どのようなイメージを持たれているでしょうか?

サラリーマンの平均年収が約400万ですので、ここを1つの基準とすれば、貯金に重きを置いていない場合、苦しい生活を送る必要はなさそうです。

とはいえ、貯金をしっかりと続けていかないと、後の人生で色々と困ることが出てくるでしょう。

そこで今回は、年収500万の手取りと「毎月どのくらいの貯金が可能なのか?」、そして「貯金の最低ライン」について、確認してみたいと思います。

スポンサードリンク

年収500万の手取りを推察

年収500万には、支払が必要となる税金や社会保険料も、一緒に含まれているはずです。

たとえば、1年間に支払う社会保険料について。

年収500万稼ぐ人は、1年間に約70万円の保険料を支払うことになるでしょう。

また、所得税や住民税などの税金の納税義務も負いますので、実際に受け取れるお金はかなり少なくなるはずです。

したがって、年収500万の手取り収入は約400万と推察されます。

 

支出と貯金について考察

貯金 

年収500万、つまり年間の手取り収入が400万のケースでは、ボーナスの支給を考慮すると、毎月の収入は約25万円程度です。(所得税や保険料などを差し引いた額です)

夫婦2人の世帯を例に、毎月の支出と貯金について考えてみましょう。

 

毎月の支出

主な支出項目は以下の通りです。

住居費
水道光熱費および通信費
食費
保険料
交際費
被服費
理美容費
車関連費

住居費には、住宅ローンおよび家賃が含まれます。

また、車関連費は自動車税などの税金やガソリン代、それから駐車料金を合算したものです。

 

削減できる支出は?

支出の削減を見込める項目として、たとえば住居費が挙げられます。

住居費は収入の25%~30%というのが、一般的な考え方。

毎月の収入が25万の場合には、6万円台前半から7万円台前半が、支払う家賃として妥当な金額ということになります。

また、保険はマイホームの次に大きな買い物と言われています。

仮に、毎月2万の保険料を25歳~60歳まで支払い続けるとすれば、840万円の商品を購入するのと同じです。

保険料の支払い削減も、貯金を増やす糸口となるでしょう。

 

年収500万で可能な貯金額

年収500万、つまり毎月の収入が25万で、夫婦2人の世帯では、

住居費(6万円)
水道光熱費・通信費(3万円)
食費(5万円)
保険料(1万円)
交際費(2万円)
被服費(5千円)
理美容費(5千円)
車関連費(1万円)
合計(19万円)

主な支出の合計金額は19万で、収入が25万ですから、毎月6万まで貯金が可能ということが分かりました。

スポンサードリンク

貯金の最低ラインは?

貯金の最低ラインは、少なくても3万円程度はしておきたいところです。

ここにはしっかりと理由が存在しており、3万円×12ヶ月で36万円となります。

つまり最低でも、三年間で100万円が溜まる仕組みの貯金をしておけば、多くの最悪の事態に対処することが可能となるからです。

子供が小学生から中学生に成長するまでに、200万以上の貯金ができるという考え方もできますので、長い未来を考えてみても、最低でも毎月3万円の貯金はしておきたいところです。(共働きの場合は、最低でも倍の6万円以上は貯金に当てることができれば、OK!)

 

夫婦2人なら毎月6万の貯金が理想です

いかがだったでしょうか。

年収500万で毎月6万の貯金は辛いという家庭も多いかもしれませんが、子供を育てることや、住宅購入のことを考えると、少々きつい貯金生活に、今のうちから慣れ親しんでおかなければなりません。

もっとも、子供がいる家庭の場合は貯金額が異なり、先ほどもお伝えした毎月3万円程度の貯金を目安にすればいいでしょう。

年収500万の世帯というのは、共働きをすることにより、生活の幅が大きく変わる年収ともなっていますので、もう少し貯金が欲しい場合は、週に数回のアルバイトなどを妻にしてもらえれば、より理想的な貯金生活を送ることに近づけます。

また、「これから儲かる仕事や業種5つ」もセットで読んでみましょう。

子供の将来を考えるのであれば、学歴だけにこだわるのではなく、これから儲かる仕事や職業を知っておかなければならないのです。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP