悩み

将来成功する男の特徴と見分け方

Pocket

成長し続ける『子供の心』を持つ男

いい男、成功する男には「ネオテニー」が欠かせません。

ネオテニーなんて言葉、ほとんど聞いたことがないでしょう。

これは「幼児的な特徴」という意味の学術用語で、わたしたち人類の進化に欠かせないキーワードとされています。

スポンサードリンク

たとえば、チンパンジーの脳は、生まれたときにすでに大人の70%に達するようになっています。

ところが人間の脳は、生まれたときにはまだ大人の23%ほどにしか達していません。

きわめて未成熟な状態で生まれ、その後5~6年で急速に成長し、最終的に成熟するのは、20代の後半になってからです。

これは、人間の脳があまりに大きくなったことに原因があります。

 

人間の赤ちゃんが、もしも母胎の中で完全に成長してしまったら、その大きな頭で母親の産道を通り抜けるのは不可能なのです。

特に人間の場合、直立二足歩行のためにサルやチンパンジーに比べて子宮の入り口が狭くなっています。

このため、人間はわざと未成熟な状態で生まれるように、出生のプログラムを書き換えたのです。

 

こうした「大人になるまで幼児性をキープして、ゆっくり成長する」というネオテニーの戦略によって、わたしたち人間はどんどん脳を巨大化させ、ここまでの文明を築き上げることができました。

子どもたちは、無限の可能性を秘めた天才です。

その自由奔放な創造性や、新しい知識を吸収する柔軟性、そして飽くなき好奇心には、大人にはなかなか真似のできない、素晴らしいものがあります。

スポンサードリンク

こういった「子どもっぽさ」は「進化する力」をあらわしています。

それをどれだけキープできるか。

これが、成功する男の必要条件になります。

 

真面目なカタブツでは、大成することはありません。

子どものように無邪気で、好奇心にあふれ、たくさんの趣味を持った男性を選びましょう。

趣味のない男、遊びの下手な男は、ネオテニー能力の欠けた、柔軟性も創造性も、そして将来性さえもない男なのです。

 

自分をプロデュースできる『オシャレ』な男

 

いい男を選ぶ際には、服装のチェックも忘れてはなりません。

これは女性の方々のほうが実感されていることでしょうが、ファッションはセルフイメージの象徴でもあります。

たとえば、どんなにがさつな女性でも、キレイな着物を着たらガニ股で歩くことはなくなります。

やはり背筋がすっと伸び、一つひとつの所作も優雅に、美しくなっていくものです。

 

その一方、ジーンズをはいていれば活発になりますし、イブニングドレスに身を包めばゴージャスな気分になるものです。

それでは、ファッションにまったく興味のない、ひと昔前の言葉でいう「ダサイ」男は、どうでしょう?

彼らは、自分を客観視することができていません。

自分と他者の関係、あるいは自分と社会の関係について、あまり関心がないのです。

 

つまり、自分をどのようにプロデュースするのか、そして自分が他者との関係の中でどんな自分でありたいのかが、何も見えていないのです。

もちろん、ファッションにはセンスの問題も関係してきます。

ただ、センスがいいか悪いかは、一つのセンスでもでしょうし、ファッションに関する知識や経験も大きな要素になってきます。

ですから、センスのよし悪しよりも、まずは「自分の外見にどれだけ気を配っているか」をチェックしてください。

 

一例を挙げるなら、ただひたすら高級ブランドで身を固め、まったく統一感のないファッションをした男性。

こうした人は、お金は持っているかもしれませんが、知性や品性に欠けています。

物事を足し算でしか考えることのできない、短絡的な権威主義者です。

仕事も人生も、足し算だけではうまくいきません。

バランスを考えた引き算も必要ですし、ときには思い切ったかけ算や割り算も必要になるのです。

 

いつも全体を見渡して、その総合的な判断ができるかどうか。そういった能力も、その人のファッションを見れば、如実にわかることです。

これからは、男性のファッションを「四則演算」の視点からチェックしてみましょう。

服装に関心のない男は「ダメ男」

 

関連記事

→出来る男の特徴と2つの条件は?勘違いしないために!

→女性にボディタッチ心理効果は?好意のサインを見逃すな!

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP