悩み

子供にムカつく時やイライラする原因と対処法4選

Pocket

子供にムカついたりイライラすることは当たり前でありますが、これが日常茶飯事の出来事であった場合、あなた自身に原因があると考えた方がいいでしょう。

この原因が分からずに、1人で悩んでしまった結果、うつ病やDVなどに走ってしまう人も存在しますので、これは子供を育てていくにあたっては、非常に重要なことであります。

今回の記事では、そんな子供にムカつく時やイライラする原因と対処法を、4選にまとめています。

スポンサードリンク

ムカつく・イライラする原因は?

あなたの周りにも「話が通じないやっかいな人」や「自慢話が好きで、いつもいばってばかりの人」がいるのではないでしょうか。

あるいは、ちょっとしたことでムッとしたり、理屈をこねたりするので、どう接すればいいのか扱いに困ってしまうような人です。

こういった人と、子供にムカついたり、イライラしてしまう人というのは、実は共通点が存在し、その共通点は自尊心です。

この自尊心をコントロールすることによって、あなたの人生の成功に重大な影響をもたらすでしょう。

もちろん、人は誰かの行為によって、自分でコントロール力や権限を奪われてしまうと、多少なりともムカッとくるものです。

しかし、自尊心が低い人は、日頃から自分には人生をコントロールする力がないと思っている。

だから、誰かがやってきて、ごくわずかしかない主体性や権限に加え、彼らのコントロール感覚までを取り上げようとすると、「ふざけるな、それは私のものだ」と反発し、すぐつっかかったり、キレたり、暴言を吐いたりするわけです。

その仕組みを、扱いが難しい人や、子供にムカついてしまう人を参考に例を挙げると、次のようなこととなります。

 

①まず、「原因となる出来事」が起こる。何か望んでいた通りにことが運ばないことが導火線となる。もっと簡単に言ってしまうと、望みもしない予想外のことが起きる。

②それで手に負えなくなり、「コントロールを失う」

③自分でコントロールしているという感覚が奪われるため、依存的になってしまい、「恐怖心」を抱くようになる。

④この恐怖心が「怒り」のもととなる。怒りは恐怖に対する反応にすぎない。怒りにはまた、嫉妬、罪悪感、差恥心など、他の感情が隠されている場合も多い。

これを、実際に起こりうる子供との場面に当てはめてみると、以下のようになります。

①子供が暖かいジャケットを着たがらない(誘因)。

②そんな状況を、親である自分はコントロールできていないと感じる。

③子供から尊敬されていない、あるいは何かしなさいと言っても、もう聞いてもらえないかもしれないと思うと不安になる。

④言うことを聞かない子供に、ムカついたりイライラする。

スポンサードリンク

逆に、自分で人生をコントロールできていると感じている人は、自尊心があるので、怒りをあらわにすることは滅多にありません。

もちろん、子供のしつけのために怒ったふりをすることはありますが、自尊心が高ければ、思い通りにならないことがあっても、そうそう腹が立たなく なるのです。

さらに、「自尊心のない人は、自分を心から愛せない」人も多く、こういった人々は、「自分を愛せないがゆえ、人から尊敬や愛情を与えてもらおうとする」のです。

そうやって、必死に自尊心を高めようとしますが上手くいかず、結局子供にムカついたりイライラしてしまったりするわけです。

 

自尊心が低い人の特徴

自尊心が低い

自尊心の低い人の特徴としては、神経過敏で傷つきやすいといった特徴が見られます。

この理由としては、「子供が他人にどう見られているのか?」や、「自分の子育てがどう見られているのか?」という評価によって、自分の評価がすぐに変わってしまうからです。

逆に、子供にムカついたりイライラすることの少ない、自尊心が高い人というのは、「人からどう言われようと、自分は自分」と思えるので、少しのことで傷つくようなことはありません。

また、子供にムカついたりイライラする自尊心の低い人は、他人からの評価を上げるために自慢話をしたり、見栄を張って嘘をついてしまったり、見下している人に対して偉そうな態度をとってしまうことも、特徴としてはよく見られます。

さらに、噂話をすることや、悪い噂を流すことが大好きであったりもする。

しかしながら、これが子供にムカついたりイライラする自尊心の低い人を、より苦しめてしまうのです。

なぜなら人の悪口を言ったり、自慢話ばかりしたり、見下すような人というのは、むしろ周りに馬鹿にされたり、可哀想な人だと思われたりするだけだからです。

なぜこうなってしまうのかと言うと、自尊心とは、自分でよいことだと自覚していることをしたときに得られるものであり、他人の悪口を言う、人を非難するなど、心の奥底ではいけないことだと分かっていることをすると、ますます自己嫌悪に陥ってしまうからです。

 

自尊心を高める方法は?

自尊心を高める

子供にムカついたりイライラしないためには、自尊心を高めることが非常に効果的であります。

自尊心を育むうえで、「自由」と「主体性(自分の意志・判断で行動すること)」は重要な要素になります。

いつも誰かに頼ったり、お願い事をしたりしていると、自分を好きにはなれません。

そんなことをしていては、自分には力がないように思えるし、居心地の悪さを感じるものです。

そう、ここがポイントであり、誰とでもうまく関係を築くには、あらゆる状況において、まず相手に主体性(自分の意志・判断で行動すること)をもたせてあげることが重要です。

人は心が傷つくと人は自己防衛本能が働きますが、逆に怒ると自我が高められ、傷ついた気持ちや自分をコントロールする力が、復活した気持ちになります。

ですが、それは勘違いであり、子供にムカついたりイライラする自分に対する、自己防衛心理本能が働いているだけなのです。

だから、子供に怒鳴ってしまったところで、スッキリとしたり、本当に満足な気持ちにはなれないわけです。

 

ストレスは吐き出す

いかがだったでしょうか。

子供にムカついたりイライラした時には、とにかくストレスを口から吐き出すということを心がけましょう。

旦那が話を聞いてくれないや、共感してくれないという悩みを抱いている人も多いですが、そういった場合は友達とランチに行き、グチの言い合いをしてみるといいでしょう。

とにかくストレスというのは口から吐き出すことで、身体的健康にも大きなメリットをもたらしますので、ストレスは定期的に口から吐き出すということを覚えておきましょう。

また、「貧乏な家庭が子供に与えかねない影響4つ」もセットで読んでみましょう。

子供というのは育った環境によって、将来に大きく影響するのです。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP