恋愛

好きな人との会話でいい話題と悪い話題

Pocket

話してはいけない話題、いい話題

男性(女性)と何を話していいのかわからない。

恋愛にもっていく会話のきっかけというのはあるのだろうか?

この手の悩みも、女性にはかなりある。

もちろんこれは、話下手な男性にも当てはまる。

今回は、話下手の主人公を女性としてご紹介していきましょう。

スポンサードリンク

私が思うには、やはり会話の内容は大切だ。

いくら話に花が咲いても、およそ恋愛の雰囲気につながらない話題もあるからだ。

男性と食事などしながら、とっても変わった内容を喋る女のヒトがいる。

 

なぜそうした内容を彼女が選ぶのか、私などには全然わからない。

私と食事をしたある女性は、結構マジな顔をして、「あたし、犯罪についての本が好きなんです」 といった。

私はその瞬間、なんと答えていいかわからなかった。

 

あまりにも唐突だったから彼女は猟奇的な犯罪についての本を読むのが好きなのだそうだ。

だけど、こういう話題というのは、おしゃれなレストランでの会話に適しているとはいえない。

むしろマナー違反じゃないだろうか。

スポンサードリンク

私は適当に話をあわせたけど、おいしい食事をしながらどうしてこんな会話をしなければいけないのか、首をかしげた。

どう考えても楽しく笑えるような内容ではなかった。

多少食事の場にふさわしくなくても笑える内容ならまだいい。

ところが彼女が喋る内容は、バラバラ殺人についてだったりするのだ。

こういった行動は、男性からすると信じられないよ!なんて思われているでしょう。

 

おそらく、彼女は自分がほかの女性よりも変わっていることを示したかったのだろう。

ユニークであること。

個性的であること。

このあたりを売り、セールスポイントにしようとする女性が近頃目立つようになった 。

あたしはヒトとは違っている。

あたしって、変な女なの。

 

以前ならばマイナスの要素になったものが、今はプラスのそれになる。

実際には少しもプラスなんかにはならないのだけど、本人はそう思い込んでいる。

自分のユニークさを相手に伝えれば、大成功。

そう錯覚している。

 

私たち男性が女性に求めているのは、そんなものじゃない。

彼女がほかのヒトと、どれほど違っているかなどは重要ではない。

食事の時に猟奇的な犯罪の話などしてもらいたくはない。

そんな変な話題で楽し くなれると思っているとしたら、勘違いもはなはだしい。

 

彼女としてはきっと自分というものを素直に相手に見せたつもりなのだろうが、相手はそうはとらない。

単に変なヤツとしか思わない。

この傾向は、恋愛下手の女のコに強く見られる。

私は普通の女じゃないのよ。

そういいたげな顔をして、実際にもそう振る舞う女性たち。

 

ファッションもとても 変わったものを着て、個性的だと体全体で主張してるつもり。

肝心の男たちが求めているのは、彼女らしさであって、彼女がほかの女性といかに違うかではないのだ。

いかにも彼女らしいファッションや会話がそこにあれば、私はそれだけで充分に満足する。

ユニークな洋服なんか着てもらいたくない。

食事の時にいきなり犯罪の話なんか持ち出してもらいたくない。

お互いに楽しくなるわけがない。

 

ヒトと違うのが個性だと思うのは子供の考えだ。

実際その手の子供タレントがTVにも出ているので、それを真似したりする女のコもいるだろう。

しかし、どうせ真似をするのなら子供タレントの真似なんかしないで、大人の真似をしてもらいたい、と私は思う。

恋愛法則に反することのひとつとして、子供っぽい自己主張というのをつけ加えるべきだと思う。

大人なのにわけのわからない子供みたいな態度をとる女性と、わざわざつきあいたがる男は、そんなにはいないと私は予測する。

これは、男と女の立場が逆の場合も、もちろん同じである。

 

関連記事

→好きな人との会話目線で分かる脈ありの合図とは?

→異性と会話が苦手な人に。対処法はこれ!

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP