悩み

女性のコンプレックスの塊を克服する方法

Pocket

「世界にひとつだけの花」はどこにある?

一般に、女性は誰しも、大なり小なりなんらかのコンプレックスを持っています。

特に容姿に関するコンプレックスは多いでしょう。

ふくよかでグラマーな女性は、「わたしは太っている。もっとスリムになりたい」と考えるものですし、これがスレンダーな女性になると、「わたしの体は男の子みたいだ。もっとバストが欲しい」と考えてしまうものです。

そうやって自分に否定的な自己像・セルフイメージを持ってしまうと、本当に恋にもお金にも恵まれない人生を送ることになります。

こんなお話しをすると、「でも、本当にわたしは美人じゃない。これはコンプレックスじゃなくって事実だ」と思われる方もいるかもしれません。

わたしの知り合いの女性、 Aさんの話をしましょう。

スポンサードリンク

社会人になったばかりの彼女は、なにをするにも自信なさげで、いつも暗い表情をしていました。

それがある日、ふとした会話の中で彼女が笑顔を見せたのです。

なんとも愛らしい、とってもチャーミングな笑顔です。

 

「あなたの笑顔はとっても素敵だね」

わたしの言葉に、彼女はビックリして即座にこう答えます。

「そんな、わたしなんて・・・」

よくよく話を聞いてみると、彼女は自分のまるっこい鼻が嫌いで、強いコンプレックスを抱いている、ということでした。

わたしから見ると、彼女のかわいい鼻は素敵な個性です。

 

誰もがハリウッド女優のような鼻になる必要なんてない。

むしろ、 ツンとすました女優たちには感じられない愛らしきが、彼女の笑顔にはあります。

こうしたわたしの説明を聞いて以来、彼女は自分の自己像・セルフイメージを変えることができました。

現在では、仕事面でも大きく出世して管理職に就き、あの明るい笑顔で充実した毎日を過ごしています。

そうです。

あなたが抱いているコンプレックスとは、あなたがもっと大切にすべき「個性」なのです。

スポンサードリンク

たとえばガラスの靴を履いたシンデレラ。

もしも彼女が悪い自己像・セルフイメージの持ち主だったら、ガラスの靴も合っていなかったのかもしれません。

「こんな靴、誰も履いてない。わたしもお姉さまたちのような、普通の靴が欲しい」

もし、そう思っていたとしたら、彼女は王子さまと結ぼれることはなかったでしょう。

 

「わたしは美人じゃないから」

「どうせ、わたしは太っているから」

こうした言葉は、あなたの幸せを邪魔しようとする、悪の呪文。

あなたを悩ませるコンプレックスは、あなたの大切な個性です。

それさえ理解できれば、「わたしは魅力的ないい女」という自己像・セルフイメージも自然と生まれてきます。

 

 

魔法の言葉で今日から生まれ変わる

 

あなたが幸せになりたいと願うなら、真っ先に口にすべき言葉があります。

ひとつは、以前にもご紹介した、「わたしは魅力的ないい女」という言葉です。

まずはここで、自分の容姿に関するしっかりとした自己像・セルフイメージをつくりあげることが大切です。

そして、「だから、わたしはシンデレラになれる」と、自分のシンデレラ願望を口にするのです。

シンデレラ願望の先には「本物の恋愛をする」 「お金持ちになる」「社会的にも成功する」という3つの願望が隠されてい
ます。

 

ですから、「シンデレラになる」と口にすることは、「最強の勝ち組女性になる」と宣言するのと同じことになります。

もうひとつ、効果的なポイントをお教えしましょう。

シンデレラの物語は、映画や絵本によって広く知られています。

みなさんも、目を閉じればかなり明確なシンデレラ像を思い浮かべることができるでしょう。

そこで「シンデレラになる」と口にしたとき、なるべくそのキラキラと輝いた、美しい映像をイメージするようにしてください。

 

こうすれば、あなたは言葉だけでなく、視覚イメージもミックスさせた形で、脳の自律神経系を刺激できているわけです。

必要なのは、たったこれだけ。

あとは、シンデレラ遺伝子にまかせておけばいいのです。

脳の自律神経系は、あなたを「シンデレラ」だと思って動きはじめます。

そして「かぼちゃの馬車」によって、夢の実現へと導いてくれるのです。

 

関連記事

→女性の幸せとは?愛されるや結婚にあるのか?

→運命の相手を引き寄せる方法

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP