悩み

失言癖でもう後悔しない上手な対処法3選

Pocket

失言癖がある人というのは、無神経と周りからよく評価される人や、カッとなりやすい人によく見られる傾向であり、失言癖はそう簡単に直るものではありません。

ですから気をつけているつもりではあっても、ついうっかりと失言癖が出てしまい、「傷つけたかな…」という相手の心配をすることが多くなることは、失言癖あるあるといってもいいでしょう。

今回の記事では、そんな失言癖について心理テクニックを使った、失言癖でもう後悔しない上手な対処法3選をお伝えしていきます。

これであなたがまたうっかり失言してしまっても、後悔することは無くなるでしょう。

スポンサードリンク

うっかり失言してしまった!さてどうする?

失言により相手を困らせたり、怒らせたり、傷つけたりしてしまったあなたの言動を、相手の記憶からさっと消し去ることは可能です。

大昔から軍の指令官たちの間で、とりわけ重要な問題になっていることがある。

それは「敵に待ち伏せされて急襲されたとき、どうしたら死傷者の数を最小限に食い止めることができるか?」ということです。

落ち着いて戦略を練るか、援軍を呼ぶか、退却するか。

多くの軍事専門家が出した結論は、「できるだけ早く援護射撃をしながら敵に突撃するのが一番効果的」だそうです。

「時がたてば心の傷も癒える」というのは確かですが、場合によっては、時が傷ついた心をさらに硬化させてしまうこともある。

したがって最良の方法は、最初のダメージをなるべく早く軽減することが重要となります。

また、そのまま成り行きに任せていると、炎症を起こしてさらに大きな問題に発展してしまうことが多い。

というのも、恨みを抱えた相手があなたの失言を「他のこと」まで全てひっくるめて考え出すと、自分を正当化して、「あなたは思っていたような人ではなかった」ということになりかねないからです。

こうした失言の火の粉が心の中で燃え上がる前に、踏み込んで手を打たなければなりません。

 

今すぐできる最強の心理作戦

①言葉のとげはこうして抜く!

発言のインパクトを和らげるには、話をもっと大きくすると効果的です。

例えば、「君の作ってくれたフィッシュサンドが嫌いだなんて言ってないよ!ただ、魚が嫌いなだけさ」

これだけでいい。

自分に向けられた発言と受け止めさえしなければ、相手も気分を害すことはありません。

その人個人に及ぼす影響を軽減すれば、言葉のとげはほとんど抜け、相手に与えるダメージを最小限にとどめることができると考えることができるのです。

スポンサードリンク

②ただ謝ればいいというわけではない!

謝るときは、まず発言のインパクトを和らげてからにする。

というのも、先に謝ってしまうと、「発言内容」について謝罪したことになってしまう。

これでは、言ったことと言いたかったこととは違う、という気持ちが相手に伝わりにくいのです。

ですから、謝るのは誤解を解いてからの方がいいでしょう。

また、謝るときは悪いのは「自分」であって、相手ではないことをはっきりさせておくことが大事です。

 

③さりげなく、人影のないところで

ことを大げさにしないように、皆のいないところで、自分が「どうかしていた」と話しましょう。

できれば、何かプライベートな話も交えて、相手を信頼していることを示せるとベストです。

それから、これはそうしたければの話ですが、相手にアドバイスを求めてみるとより効果的です。

 

思わず試したくなる実例集

例

大勢の目の前で、よく失言をしてしまう上司が部下をつかまえて無能呼ばわりしている。

「おい〇〇!もう信じられん。あの計算はめちゃくちゃじゃないか。お前、バカか?」

(言いすぎたことに気づいた上司は…)

「まったく、どいつもこいつもヘマばかりしおって。ここじゃあ、まともに仕事ができるやつはいないのか。お前なら、他の連中よりはまだマシだろうと思っていたんだが…」

(ひと呼吸おいて)

「ちょっと皆に話がある。さっきは悪かった。今日はどうかしていた。他のことで、だいぶイライラしていたもんだから。君たちのせいじゃないんだ。今日だけでも、怒りを起こしたのはこれで三度目なんだ」

(その日の夕方)

「なあ〇〇、どうも私には休暇が必要みたいだ。このところすぐキレてばかりだ」

これで、〇〇が上司の言葉をまともに受けとめてショックを受けることを、最大限に抑える心理的効果が期待できます。

それに、上司がみんなの前で非を認め、謝ったことで、皆上司のことを立派だと思うかもしれません。

こうして失言が多い上司は、不利な立場から、どちらにとってもハッピーな結果をうまく導き出せたのである。

 

ここがポイント!

いかがだったでしょうか。

最後に、大事なポイントについてまとめておきます。

思慮に欠ける発言をしてしまったときは

①インパクトを和らげる
②責任をとる
③後で自分の弱さを「告白」する

のプロセスで素早く関係修復を図りましょう。

また、「自分が情けないと思うことが悪いことではない理由5つ」もセットで読んでみましょう。

もしもあなたが失言に後悔していても、自分が情けないという感情を抱くことは決して悪いことではないのです。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP