悩み

失敗や後悔だらけの人生ほどさじ加減を知らない

Pocket

人生を振り返ってみると、失敗や後悔だらけの人生ではないか…

なぜあの時に、違う選択肢をしなかったのか…

人生をやり直せるならもう一度あの場面に戻りたい。

 

人生とは長い旅であり、失敗や後悔を経験するのもまた人生です。

今回は、そんな失敗や後悔だらけの人生を経験したあなたへ。

あなたがこれから、同じような人生を歩まないためにはどうすればいいのか?

そんな、人生を上手に生き抜くコツをご紹介しようと思います。

まず、さじ加減ってどういう意味?

 

人生は、ほんのちょっとした「さじ加減」=「手心」「ひと工夫」で良くも悪くもなったりするものです。

「さじ加減」とは、以前にも述べましたが、元々は「クスリの調合」の意味です。

それが転化して、今では、うまくいくように特別に加える「手心」「ひと工夫」といった意味合いで使われるようになりました。

 

「さじ加減」とは、ごく簡単にいえば、「モノやコトの取り扱い方のコツ」です。

何でも 「やりすぎない」ように、あるいは「うまくいく」ように調整することで、これは仕事、人間関係、食事、遊びなど、社会生活に関わるすべてのものが、その対象となります。

この「さじ加減」がうまくできるかできないかで、得をしたり、楽しくなったり、幸せになったり…

あるいはその逆になったりするのです。

人生にさじ加減が大事な理由!

 

「相手の言葉に、今までよりもうちょっと真剣に耳を傾けるようにしただけで、驚くほど人間関係がスムーズになった」

「新聞や雑誌を読んで、小さなことでも気づいたことはメモするようにしたら、思わぬところで仕事のアイデアが浮かんだ」

「朝と夜、たった三分ほどの健康体操を始めたら、体調が良くなり、疲れをまったく感じなくなった」

「小違いのうち、月一万円を好きな本や映画、音楽の趣味に使うようにしたら、週末が楽しくなり、結果的に仕事まで充実し始めた」

 

これとは逆に、「さじ加減」を誤って、思わぬ結果を招いて辛い思いをしたということはないでしょうか。

 

「体力には自信があるからと、いつも深夜までパソコンとつき合っていたら、体が悲鳴を上げてしまった」

「結局は、自分の力だけではどうしょうもなくなってまわりに迷惑をかけた」

「酒に酔った勢いで仕事仲間を殴ってしまい、今までずっと築いてきた信頼関係を壊してしまった」

「このごろ体脂肪が気になるけど、まあ今日ぐらいはいいかと、つい調子にのって食べすぎているうちに糖尿病の一歩手前に」

 

とにかく、「さじ加減」を誤っていいことはありません。

私たち人間は、過剰に何かをすると失敗する運命にあります。

この法則には誰も逆らえません。

 

人に干渉しすぎても疎遠になりすぎても快適な人間関係は築けません。

心や体は、ストレスを溜めすぎてもストレスがなさすぎてもダメになります。

とはいえ、ちょっとした「しまった」程度の「さじ加減」の誤りは誰だってよくあることですから、あとで修復するのはもちろん可能です。

 

問題は、大きく「さじ加減」を誤ったり、誤っていることに気づかず、どんどん進行してしまう場合です。

そうなると、人生が180度暗転してしまうことさえあるのです。

そうなってから後悔しても後の祭りです。

 

この後悔がまたタチが悪く、「自業自得」とスパッと割り切ることがなかなかできません。

「後悔、先に立たず」とはよくいったものです。

人生はまさに「さじ加減」ひとつ。

そのコツを身につけることが大事です。

 

人生で悩むことが多い事に関連した記事

→仕事のストレス解消法で吐き気なんてブッ飛ばせ!

→得する性格と損する性格の違い

関連記事

  1. 悩み

    家族団らんで幸せな関係を築き続けるコツ

    家族団らんで幸せな関係を築き続けるために必要なこととは、一体どのような…

  2. 悩み

    元彼がストーカーになった時の対処法は警察が一番?

    次の恋愛の前に必ずしておかなければならない大切なこと次の恋愛を…

  3. 悩み

    自分はダメな母親と思う人がしがちな教育

    育児や教育に悩む母親は多く存在します。最悪の場合、育児放棄をし…

  4. 人間関係

    気疲れしない方法や考え方4ステップ

    気疲れしてしまうタイプの人は、常に相手のことを第一に考えることができ、…

  5. 悩み

    嫌われ者から人気者になる方法

    嫌われ者になることは簡単ですが、逆に人気者になることは非常に難しいです…

  6. 悩み

    内弁慶の心理と治す方法

    内弁慶と言われる人は日本に多く、特に昭和生まれの人ほど内弁慶な性格の人…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP