恋愛

大学生に聞いた恋愛の目的や目標が贅沢過ぎる!!

Pocket

恋の到達目標は…?

恋の始まりが出会い”であるとすれば、恋の最終到達点とは一体どこにあるのだろう。

結婚はひとつの到達点であるとしても、そこから始まる長い結婚生活を恋の続きと呼んで悪いことはない。

最終到達点がどこであるか、という問題はそれぞれの方々の考え方に任せるとして、大学生の男子に「大学生活四年間での恋の到達目標は?」を聞いてみた。

スポンサードリンク

・大学生活四年間での恋の到達目標

 

生涯の伴侶を見つけたい

O型 13.9%
A型 13.1%
B型 16.4%
AB型 26.3%

 

メロメロになるような激しい恋をしたい

O型 17.7%
A型 20.2%
B型 22.4%
AB型 26.3%

 

連れて歩く女を一人確保したい

O型 25.3%
A型 22.2%
B型 14.9%
AB型 10.5%

 

いろんな女の子と楽しく遊びたい

O型 46.8%
A型 41.4%
B型 41.8%
AB型 31.6%

単位%四捨五入、数字は小数第2位を

 

・K I S Sは何回めのデートで?

O型(3.1回)
A型(3.7回)
B型(2.5回)
AB型(3.6回)

 

・ちなみに、その先のことは?

O型(5.3回)
A型(6.9回)
B型(5.2回)
AB型(6.8回)

スポンサードリンク

中学生や高校生のいう、「A、B、C、D」ではないが、大学生活の間にどんな恋を体験したいと考えているのか聞こうというわけだ。

どうもこの答えを見ていると、「生涯の伴侶を見つけたい」とか、「メロメロになるような激しい恋をしたい」といった項目より、「いろんな女の子と楽しく遊びたい」、いわばライト感覚の恋愛に人気があるようだ。

受験勉強をくぐり抜けて、やっと手にいれた大学生活は恋愛においてもモラトリアム期間と捉えて、「楽しくいこうぜ」と言っているのだろう。

 

血液型別に見ていくと、O型はいろんな女の子と楽しく遊びたいという願望も強いが、「とりありず一人、連れて歩く女の子を確保しておかないとカッコつかないや」とも言っているように見える。

積極果敢に願望を言ったかと思えば、現実の”厳しさ”にハッと気がついて「せめてメンツだけは保ちたい」と言ってしまう正直なO型である。

B型はそんなメンツにはこだわらない。

 

激しい恋もしたいし、女の子とたくさん知り合いたいしと、間口をひろげた構えだ。

A型は「生活力もないのに、いまから結婚のことを云々すべきじやないよ」と考えているのだろうか、生涯の伴侶を探すのには一番消極的だ。

実際はライトなシティ感覚の恋愛が得意なAB型は、「激しい恋をして、妻になるべき人を探したい」と結婚やロマンスに期待を寄せているのがわ
かる。
その次のキスやその先のアンケートでは、同じ男子大学生たちに、恋の進行のイメージを聞いている。

中学生や高校生のいう「A、B、C、D」のBとCを大学生にたずねているわけだ。

質問項目があまりに即物的なので、女性読者の中には「たんにデート回数を重ねたからといって、キスしたりその先に進んでいいってことにはならないでしょ」と反感を持たれる方がいるかもしれない。

 

「デートの回数より、どれだけ私に好意を持っているか”が問題でしょ」というご意見がもっともなのだが、その点、ここでは単なる目安と考えてご勘弁いただきたい。

この表を見ると、手の早いB型などといわれそうだが、短絡的にB型を”節操のないやつ”と決めつけてはかわいそうだ。

キスに至るスピードの早さは、愛情表現が率直なためだ。

 

ムード作りに時間をかけないので、ロマンチックな雰囲気は期待できそうにないが、その時、彼の心は相手の女性のことでいっぱいなのだ。

まったく逆に、せっかちなB型やスキンシップを求めるO型の女性からは「もう、じれったいヤツね」といわれそうなのがA型、AB型である。

A型は場所や雰囲気やムードを盛り上げるのがうまいが、やや受け身に回る可能性も高い。

 

アンケートの答えには「(キス)その先のことなんて、とても考えられません」などと書いたA型もいたが、この手のA型ほど、のめり込んだ時が恐ろしい。

AB型の場合はA型のように、奥手という印象はない。

ただ、性的接触に淡泊な態度を取る人は多い。

 

プラトニックラブでもOKというのも、AB型には結構いるようだ。

 

関連記事

→好きな人に好かれる方法!中学生でも出来る!

→血液型恋愛傾向!!男女の恋人の条件と結婚の条件

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP