悩み

友達が少ないくて寂しい時に見てほしい4つ

Pocket

友達が少ないと思うあなたは、今どういう心境でこの記事にたどり着いたのでしょうか。

もしも自分は友達が少ないから必要とされる人間では無い、そんな風に感じているのであれば、それは間違いです。

なぜなら友達というのは数ではありません。

あなたがもっと大人になった時に、私の言っているこの言葉がいずれ分かる日が来るでしょう。

そしてこの1ページを読みきった後に”友達が少なくてもいいんだ”と、きっと思えるようになるでしょう。

スポンサードリンク

いい友達とは、肩書きなしでつき合える人

くったくなく笑い合える友達がいるのはいいものです。

心置きなく語り合える友達がいることは楽しい。

私は、人生というのは楽しく生きてゆくのが一番だと考えているから、たくさんの友達を作ってきたし、これからもそんな友達との関係を大切にしてゆきたいと思っている。

友達というのは、ひと口でいえば、肩書きなしでつき合っていける人といえるのではないでしょうか。

そもそも友達というのは数が多ければいいというものではありません。

勤めていた会社を定年退職して肩書きがなくなってみると、酒飲み友達も、遊び仲間も、親しくつき合える相手はだれもいないことがわかって惇然と
したという人もいるが、これは寂しいだろう。

あなたにはまだ分からないかもしれませんが、人間年を取ると外出するのが億劫になる。

ちなみに億劫とは、『めんどうで気が 進まないさま』という意味です。

駅まで歩いていくのも億劫だし、電車に乗るのも億劫だし、人ごみの中をさ迷うのはもっと億劫なことです。

そのためにどうしでも家の中に引きこもりがちになってしまうのですが、そうなることを避けるためにも友達がいることは役立ちます。

スポンサードリンク

長い目で見れば友達は必ず必要

友達が「おい、酒のうまい店を見つけたぞ。色っぽい女将もいてな」「一緒に旅行にいきましょうよ。ねえどこへいく?」など、「外に出る」というのはいろいろな意味でいい。

日の光を浴びること、せっせと歩くことは健康にもいいし、町並みを眺めたり街路樹を見上げたりするのはいい気分転換にもなる。

また、だれかに会って世間話でもすれば、好奇心が触発されて心も若返る。

ひとりで家に閉じこもっているのでは、老け込んでいくばかりです。

ボケも早まってしまう。

ところで最近、外に出たがらない若者や家に閉じこもりがちな若者が増えてきているという。

そういう若者も引きこもり老人と同様、外に引っ張り出してくれる友達がいないのだろうと思うが、逆に外に出ないから、いつまでも友達ができないともいえる。

どちらにしてももっと外に出て、いろいろなところを歩きまわってほしい。

家にひとりでいるかぎり「人との出会い」はないし、いい友達も作れないのです。

 

ウマが合わない人は、目からうろこを落としてくれる

類は友を呼ぶという言葉がありますが、その通りであり、似た者同士は仲よくなりやすい。

性格的に似通ったところがあれば、お互いに親近感を抱く。

みなさんにしても「いい友達」には、どこか自分に似たところのある人が多いのではないでしょうか。

人には、不思議な臭覚のようなものが存在します。

初めて会う人の相手の顔をぱっと見ただけで、「この人とは長いつき合いになりそうだな」というカンのようなものが働くのです。

そして実際に話をしてみると、案の定、育った家庭環境が似ていたり、食べ物の好みが同じだったり、お互いに独身同士だったり、血液型が同じだったりする。

こういう経験は皆さんにもおありでしょう。

若い人の言葉でいうと、「ビビビッとくる」とでも言いましょうか、まあこれが相手が異性であれば「運命の人」、仕事の関係者であれば「よきビジネスパートナー」、あるいは「いい酒飲み友達」「いい遊び仲間」といったことになる。

 

それでは類は友を呼ばないのか?

とはいっても性格やものの考え方、あるいは立場といったものが、自分とは明らかに異なる人とは仲よくやっていけないというわけではありません。

いや、むしろそういう「自分とは違う人」との関係も大切にしていきたい。

というのも、その人から「ああそうなのか。そういう考え方もあるのだな。視点を変えれば、面白いことが見えてくるものだ」と意外なことを気づかされることも多いからです。

目からうろこが落ちるというが、そういう新しい発見をもたらしてくれるのは、「自分とは異なる人」 である場合が多い。

自分の言うことやることを「それは違う。私ならこうやるわ。だってそのほうがずっと賢いやり方だもの」と頭から否定するような言われ方をして、カチンときてしまうようなこともあるにはあるが、それはそれで「こういうことをする人もいるのね」と思って、その人の様子を眺めていれば面白い。

動物園で、何か珍しい生き物の生態でも観察するつもりで眺めていればいい。

人というのは十人十色で、いろいろな人がいるから楽しめるのです。

ときには衝突、ときにはいがみ合うこともあるかもしれないがエキサイティングでいいではないですか。

似た者同士のつき合いは意思疎通ができていいのだが、つき合いが通り一遍のものになってつまらないという面もある。

いわゆる、なあなあの関係になってしまいやすいのです。

そういう時は、「その人のどこかにつ自分とは違うもの」を何か見つけ出すことが、「長いつき合い」をしていくうえでのコツとなります。

 

上辺だけの友達よりいい友達

この1ページを最後まで読んでいただいたあなたに言いたい。

結局、上辺だけの友達というのはいずれ消えていきます。

若いうちは上辺だけの友達で過ごすことも大事ですし、何より楽しいでしょう。

しかし大人になると上辺だけの友達と過ごす時間が無くなっていき、あなたが思う大事な友達と一緒に過ごす時間が多くなっているでしょう。

だからこそ、今あなたの周りにいる少ない友達を大事にしないといけないのです。

友達が少ないのであれば目の前にいる友達一人一人を大事にしていけばいいのです。

もしも友達の数を増やしたいのであれば、「友達ができない理由と対処法の3つ」にて、対処法を学ぶというのもいいでしょう。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP