悩み

友達ができない理由と対処法の3つ

Pocket

友達ができない理由というのは、必ず何かしらの原因が存在します。

その原因をなくしていくことで、友達ができやすい環境を作っていくわけですが、あなたはどうでしょうか?

一度でも原因を追究しようとしたことがありますか?

これから友達ができない理由と対策法の4つをご紹介しますが、まずはしっかりと理由を読み、自分に当てはまっている項目は無いかチェックしてみましょう。

スポンサードリンク

友達ができない理由とは?

友達ができない人に多く共通していることといえば、以下の3つが考えられます。

1.口下手で話すことが苦手

2.周りに合わすのが苦手

3.表情が暗い

他にもまだまだ共通点はあるかと思いますが、細かい部分まで言いだすときりがないので、当サイトでは上記の3つが友達ができない人に多く共通する3つとさせていただきます。

さてあなたはどうでしょうか?

もし自分は当てはまっていないと思っていても、案外自分のことを過大評価してしまっている人が多く、他人目線から見ると当てはまっていると言われたりするものです。

まずは自分自身をしっかりと見直し、少しでも自分は3つのうちのこれが苦手だなと思うのであれば、まずはそこの改善からしてみましょう。

また改善方法については、これから誰でも出来る比較的簡単な改善方法をご紹介していくので、しっかりと頭にインプットして友達作りに取り掛かりましょう。

スポンサードリンク

「口がうまい人」よりも「耳がうまい人」になろう

この世に生まれ出たときから、親と子という関係が始まります。

兄弟という関係もある。

学校へ通うようになれば先生と自分、自分とクラスメート、クラブ活動に参加すれば先輩後輩という関係もある。

就職すれば上司と部下、結婚すれば夫婦関係、定年退職すればご近所の人たちとのつき合い、もちろん友人とのつき合いもある。

結局人というのは何をしようが、どこへいこうが「人間関係」からは逃れられません。

人間関係をどううまくやっていくか?これは幸せな人生を送っていくための大きな問題のひとつです。

ところで人とつき合っていくために、大きな役割を果たすのが「口」です。

人と話す、会話する、おしゃべりをする能力が大事です。

その意味では口ベたな人、おしゃべりが苦手な人、はっきりとものをいえず人に自分の気持ちを伝えるのがへたな人、堂々としたもののしゃべり方しかできない人、楽しくて面白おかしいことをいえない人というのは、人間関係での悩みを抱きやすいのです。

 

話すだけが人間の能力では無い

しかしほんとうにそうでしょうか?

「口べただから、人とうまくやっていけない」と自分で決めつけているだけではないでしょうか。

実際には口べただから人から反感を持たれる、人から敬遠されてしまうことなど、あまりないのではないでしょうか。

むしろ口がうまいことが災いして、余計なことを言ってしまいます。

相手の気持ちなどお構いなしに、一方的にまくし立ててしまいます。

そのために人間関係をギクシャクさせてしまうケースのほうがずっと多そうように思えます。

口べたでうまくものを話せない人は、「聞き上手」になればいい。

人は「自分の話をよく聞いてくれる人」に好感を抱くものです。

人間関係では「口」が大きな役割を果たすと言いましたが、それは必ずしも正しくはないようです。

「口」よりも「耳」を武器に使ってみましょう。

「口がうまい」よりも「耳がうまい」人になろう。

それだけでも人から好感を持たれるし、好感を持たれれば人間関係もスムーズに運ぶ。

「人になじめない」などと悩む必要もまったくなくなるのです。

これができるだけで、友達ができない人の共通点のうちの2つ「口下手で話すことが苦手」と「周りに合わすのが苦手」は改善することができるでしょう。

 

残りの1つ表情が暗い時はどうすればいいのか?

さて最後の1つの表情が暗い時ですが、そんな時は下を向かないで前を向くだけでいいのです。

下を向かないとは、言い換えれば常に前向きに考えることもその1つです。

ポジティブ思考を意識するだけでも、自然と表情は明るくなります。

表情が明るくなると、不思議と人は寄ってきます。

ポジティブ思考が難しいのであれば、周りが笑っている時は一緒に笑ってみましょう。

またバラエティー番組を見て笑う練習をするのもいいでしょう。

そして何より大事なことは、顔が下を向かないこと。

顔が下を向いているようでは、話しかけたくても話しずらいというのが相手の本音です。

話しかけられたのであればしっかりと相手の顔を見ること、そして何事もポジティブ思考に考えるように努力をしてみること。

上記の2つを意識してみるだけでも、あなたの印象はガラリと変わるでしょう。

 

行動に移すことができればあなたは変わる

友達ができない時の対処法は、「耳が上手い人になること」と「下を向かないで前を向く」ことだとお伝えしました。

後はあなた次第です。

あなたが行動に移す勇気を持つだけです。

意外とこの一歩が一番難しく、人は新たなことにチャレンジということにかなりの勇気が必要です。

その勇気を持ち、第一歩を踏み出せれば、あなたの新たな人生は幕を開けるはずです。

また、「自分の性格を変える最も簡単な方法の6つ」もセットで読んでみましょう。

友達ができない人の多くは、自分の性格を変えたいと思っている人が多く、自分の性格が嫌いと答える人の割合もかなり高い傾向にあります。

もしも自分の性格が嫌なのであれば、上記を参考に性格を変えるチャレンジにも挑んでみるのもいいでしょう。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP