恋愛

別れたばかりの男性を落とすアプローチ方法

Pocket

そっと誘う『魅惑的』な女

プライドが高い生き物、それが男性です。

男性のセルフイメージは「能力」を土台として形成されています。

仕事力や経済力、あるいは体力などもここに入るでしょう。

自分はこれだけの能力がある、ということが彼のセルフイメージを支えているのです。

ですから、男性は女性に比べてプライドが高く、自尊心が傷つくことを恐れています。

スポンサードリンク

男性にとってプライドを傷つけられることは、そのままセルフイメージの崩壊につながってしまうからです。

さて、そんな男性たちにとって、恋愛はなかなか厄介な代物になります。

なぜなら、好きな女性ができても、告白して断られたときのことを想像すると、もうゾッとしてしまうのです。

男性の多くは、失恋を失恋と考えることができません。

 

「自分という人聞が否定された」「自分には価値がないんだ」そう拡大解釈してしまい、 セルフイメージがボロボロになってしまいます。

これは、恋が破れることよりもずっと深刻な問題です。

この防衛本能として、男性は本当に好きになった相手との恋には、少しだけ臆病になります。

もちろん、自分から告白することはあります。

 

しかし、彼らは「絶対に大丈夫だ」という確信を持ってからしか、告白することがないのです。

ギャンブルのようにイチかバチかで告白することは稀ですし、そうした告白の多くはゲームのような恋なのでしょう。

ですから、恋がはじまろうとしている男性には、なるべく「告白しやすい環境」をつくってあげましょう。

「わたしに告白したら、必ずOKするわよ」というメッセージを、暗黙のうちに送ってあげるのです。

 

相手を追いかけてはいけません。

恋の扉をちょっとだけ開けて、軽く手招きする。

そんな「魅惑的な女」こそ、男性を虜にしていくのです。

スポンサードリンク

別れたばかりの男はこんな事に弱い!

 

別れたばかりの男の心理として、まず知っておいてほしいことがあります。

その知ってほしい心理がこの3つ。

 

・別れたばかりだから、誰でもいいのではなくて、実は元カノを求めていて、寂しさ紛れに女性と遊ぶことが多い

・夜など一人の時間帯に、寂しい時にふと電話が来て、「大丈夫」と一言かけてくれる女性に、心を開きやすい

・別れた直後に他の女性と遊んでも、実は内心あまり楽しめていない

 

上記の3つの事を覚えておきましょう。

 

 

女性が勘違いしている家庭的な女性

 

しばしば、理想の結婚相手として「家庭的な女性」という条件を挙げる男性がいます。

また、女性が仕事を辞めて専業主婦になることを「家庭に入る」と呼ぶこともあります。

それでは、ここでの「家庭」とは何なのでしょうか?

そして「家庭的な女性」とは、どういう女性のことなのでしょうか?

 

普通に考えれば、家事の全般、つまり炊事や洗濯、お掃除の得意な女性ということなのです。

しかし、考えてみてください。

わたしが子どもの時代には、ご飯は薪で焚いていましたし、お掃除にはほうきと雑巾を、そして洗濯には洗濯板を使っていました。

 

ところが、現在はどうでしょう。

ご飯は炊飯器のスイッチを入れるだけ。

無洗米を使えば、お米を研ぐ必要さえありません。

そしてお掃除には掃除機がありますし、洗濯機に及んでは、スイッチひとつで洗濯から乾燥までを全自動でやってくれます。

 

わたしは子ども時代に家の仕事を手伝っていたからわかるのですが、家事についての負担は、この数十年で10分の1以下に軽減したと思いますし、それは女性の社会進出にとっても、非常にいいことだと思っています。

ただし、どうしても機械で肩代わりできないものがあります。

そう、料理です。

 

家庭的な女になんて、なる必要はありません。

掃除や洗濯などは機械に任せておけばいいのです。

それでも「料理上手な女」になることは大切です。

料理とは、わたしたちの生の基本をつくるものです。

 

さらに料理は、人間の五感をすべて使います。

視覚、聴覚、触覚、晩覚、そして味覚。

五感をフル稼働させることで、おいしい料理は完成するのです。

 

脳にとって、料理ほど刺激に満ちた、楽しいものはありません。

食べることでも健康を増進させ、つくることでも健康になれるのが料理なのです。

また、男性にとって女性の手料理は、彼女の愛そのものなのです。

 

「お仕事がんばってね」といった言葉にも励まされますが、男性にとって、愛のこもった料理ほど嬉しいプレゼントはありません。

愛する男性には、ぜひあなたのおいしい手料理をご馳走してあげましょう。

 

関連記事

→男性が思うセクシーな女性の特徴はこれ!

→男性が女性に求める条件は癒やしなのか?

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP