悩み

元彼がストーカーになった時の対処法は警察が一番?

Pocket

次の恋愛の前に必ずしておかなければならない大切なこと

次の恋愛をする時、その相手以外の男性をきちんと整理しておかなければならない。

これも私がよく知っている女性から聞いたエピソードです。

スポンサードリンク

彼女にはいわゆる不倫関係にある男性がいた。

彼女にとって、彼は尊敬できる男性だった。

実に理想的な不倫のカップル。

彼のほうは妻子と別れる気が全然なかった。

だからこそ、彼女は安心していたともいえる。

 

そして、ついに彼女は彼とは違う男性と結婚することに決めた。

不倫相手と結婚相手は、およそ違うタイプ。

不倫の相手は芸術家タイプ。

実際には会社に勤めるサラリーマンだったが、結婚の相手は営業マンタイプ。

実際にも、ある会社の販売部に勤めるサラリーマンだった。

 

どうしてこんなに違うタイプの二人を彼女が好きになったのか、男にはよくわからない。

彼女は結婚相手の男性と、結婚式の前から一緒に住みはじめた。

もちろん、不倫相手には結婚することをきちんと告げた。

その時は、不倫相手の男性もちゃんと納得したのだ。

スポンサードリンク

それにもかかわらず、ある夜、不倫相手の男性が、彼女が男性と一緒に住むマンションにやってきた。

不倫相手の男性は酒に酔っているようだった。

その時、彼女は結婚相手の男性と一緒にそこにいた。

そこからはもうお分かりでしょう…

 

これは極端なケースだが、何をやるかわからない男性を納得させるのは大変なことだ。

中には、もっと陰湿ないやがらせをする男もいる。

無言電話をしたり、彼女に関する変な噂をコピーして、彼女の会社の人間に配ったり。

こんなふうにされたら、女性は困ってしまう。

せっかくうまくいっている新しい彼との結婚話にも、悪い影響が出るだろう。

 

こうしたことを防ぐには、前の彼への誠意ある説得しかない。

ある程度の時間をかけて、前の彼にもわかってもらう。

あなたの誠意が前の彼に通じるように努力することだ。

もちろんお互いに感情的にならないように注意すること。

 

特に女性を扱い慣れていないタイプには、くどいくらいの説明が必要だ。

そうした男性はストーカー男のようになってしまうからだ。

むしろ遊び人タイプは、ものわかりがいいものだ。

 

 

ストーカータイプの元彼に警察は有効なのか?

 

ストーカーになってしまった元彼…

そんな元カレに対しての一番の有効な方法は、やはり警察なのでしょうか?

おそらく、これは一番難しい疑問になるかもしれない。

ストーターにあった事がある女性10人に、実際に会って話を聞いてみました。

すると、以下の様な解答が返ってきたのです。

 

「警察も力になろうとはしてくれるけど、力にはなってくれない」

 

これはどういうことかといいますと、警察もストーカー男に一日密着しているわけにはいきません。

つまり、いざ事件ごとになった時、その時に警察が近くにいる可能性は極端に低いということです。

警察に相談をすると、ある程度の事はしてくれるでしょう。

しかし、ストーカーというのは、そう簡単に逮捕はできません。

では、どうすることが一番ベストなのでしょうか?

 

一番多かった意見はこれです。

『新しい彼氏や好きになった人、または怖い人』などに、直接言ってもらう。

これが一番いい対処法だそうです。

理由としては、「男に言われると、相手もビビってしまうから」だそうです。

そういった人がいない場合は、最悪の場合「お父さん」でもいいでしょう。

 

実際に、これでストーカーが無くなったという人が、半分近くいてました。

ですが、「ストーカー男が何をするか分からない」という場合も考えれます。

つまり、男性とあなたと警察の3人でストーカー男に言いましょう。

そうすることが、一番の安全な対処法といえるでしょう。

 

関連記事

→男性にモテる会話術

→付き合う前の初デートで会話よりも大事なこと!

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP