悩み

傷つきやすい性格の克服方法3つ

Pocket

傷つきやすい性格の人にとっては、この世の中は非常に生きづらさを感じているのではないでしょうか。

世の中の多くの人が傷つきやすい性格であれば、多くの人が気持ちが分かり、共感してもらえるので苦労することも少ないでしょう。

しかしながら、現実は傷つきやすい人はそれほど多いとはいえません。

そんな生きずらい世の中から脱出してもらうためにも、傷つきやすい性格の克服方法をご紹介していこうと思います。

スポンサードリンク

傷つきやすい人のこんな悪循環

他人のなんでもない一言に傷ついてしまう人がいます。

「いいなぁ、パソコン買ったんだ。何台目だっけ?」と言われただけで、「あの人は自分のことを生意気だと思っている。そんなに何台も持っている必要などないと考えているに違いない。嫌われている」と落ち込む。

あるいは人の視線を感じただけで、「私はきっとどこか変なんだ。服のセンスが悪い?この場にいること自体が浮いているのかも」などと思い悩む。

他人の何気ない一言が胸に刺さるという経験は誰しもありますが、何かにつけてすぐ傷ついてしまう人は、いわゆる被害妄想の傾向があります。

いかにやさしい人でも、傷つきやすい人の心までは想像できません。

こういった人とは、「何を言っても傷つく人だな」と思い、気楽に付き合うことができない。

そうすると傷つきやすい人は周りから「腫れ物に触る」ように扱われるわけですが、そうするとまた「誰も自分と打ち解けようとしてくれない」となおさら落ち込むのです。

スポンサードリンク

傷つきやすい人のための自己防御策

このような人は、「なぜ自分が傷ついたと感じるのか」を冷静に考えて、自分がもちいった考えが実は、根拠のない思い込みだと認識するよう努めることが必要です。

しかしそれ以前に、自分の行動にもっと自信を持ってもらいたいものです。

先ほどの例で言いますと「パソコンを買うだけの余裕があり、欲しいから買ったのだから、他人がどう思おうと勝手だろ」という心の余裕が必要です。

また、周囲の視線を感じても、実は自分が思うほど周りは自分のことを注目しているわけではないし、仮に容貌や服装がどうであっても、自分はその場にいる必要があるからいるのであり、自信を持っていいということなのです。

もっとも、そう簡単に開き直ることができれば苦労はないでしょう。

こういったときには、コンプレックス克服法が役に立ちます。

この方法は実に簡単で、「他人にこう思われるのではないか」という心配があるのなら、人から言われる前に自分から言ってしまうという方法です。

これをすることによって得られる心理的効果は、自分の不安を言葉にしてしまうことで、他人の心に対して疑心暗鬼になることはなくなるはずです。

「そう思われでもいい。自分だってそう思っているのだから」と、おおっぴらに開き直れるようになります。

 

理由は傷つきやすい人の性質にある

傷つきやすい人というのは、他人からどう思われているかを常に気にしているものです。

その気がかりを心に溜め込んでいってしまうから、指摘されると「やっぱりそう思われてたんだ」「痛いところをつかれた」となおさら傷つくわけです。

ですから「言われなくても分かっている」ということを表明してしまえば、もっと分かりやすく言えば、自分で先に自分の痛いところをついてしまえば、ものすごく楽になることを知って欲しい。

そしてそのように自分で言ってしまえば、意外と相手はそのことに関してああだこうだと言わなくなるということにも気がつくはずです。

 

前向きな人と一緒にいる効果

傷つきやすい人はネガティブ思考になりがちであり、逆に傷つきにくい人はポジティブ思考が多いというデータがあります。

先に結論を言えば、ポジティブ思考の人とより多くつるみをもてということになります。

なぜなら人の性格は生きてきた環境によって大きく変わるからです。

もっと分かりやすく例を挙げるとすれば、いじめられながら生きてきた人と、ちやほやされながら生きてきた人では、性格が全く異なるケースが非常に多いです。

つまり、今いる環境をガラリと変えてみるということは、傷つきやすい性格を変える可能性が非常に高まります。

もちろん友達は一生の宝ですから、今までの付き合いも大事にしていき、さらにポジティブ思考な人との交流を多くしていくといった工夫をしていきましょう。

最も効率的な方法は、恋人にポジティブ思考で自分に自信を持っている人を選ぶことです。

 

時には見下す気持ちになれ

傷つきやすい性格の人は、自分が傷つきやすいがために人の気持ちにも敏感であり、心の変化に敏感な人であることは間違いありません。

ですから気遣いができて、優しい人が多いといえるでしょう。

そんな素晴らしい優しさは必要ですが、時には人を見下すような態度をとることも必要となります。

それはどんなときかといえば、あなた自身が傷つきそうになった時です。

傷つくような言葉を言われた時に、見下した人になりきり、「あっそ。ふーん。」という気持ちで会話を続けてみましょう。

そうすることで、小さなことでくよくよしたり、傷ついたりする自分を少しずつ克服できるはずです。

注意点は、常に人を見下す気持ちになるのではなく、傷ついた時のとっておきの必殺技として、見下す人になりきるという演技を心の中でするといったことが大前提となります。

さて、これで克服方法の3つのご紹介を終えました、

次のページでは、「情緒不安定の対策と治し方5つ」について触れていこうと思います。

傷つきやすい人は情緒不安定になる回数が多く、非常に心が不安定になりがちですので、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP