悩み

傷ついた心を復活させる言葉4つ

Pocket

傷ついた心を復活させるのは、そう簡単ではありません。

これは言うまでもなく、今のあなたが痛感していることでしょう。

傷ついた心はやがてトラウマとなり、あなたの身体的健康に何らかの被害をもたらす危険性が潜んでいます。

ですから傷ついた心を上手にケアしてあげなければ、将来のあなたの性格が変貌してしまう恐れさえあります。

今回の記事では、そんな傷ついた心を復活させる4つの言葉についてご紹介しようと思います。

スポンサードリンク

人生は上手くいかないからこそ面白い

もう立ち直れないくらい心が傷ついたといった経験を、私たちは一生のうちに、いったいどのくらいするのでしょうか。

ある若い女性は、昨日は近所の子供から「オバさん、あのね」と話しかけられたのが立ち直れないくらいショックで、今日は体重計に乗ったら三キロも体重が増えていたのが立ち直れないくらいショックで、だったそうです。

しかし、心が傷を受けても私たちは元気に暮らしています。

日々「立ち直れない」といいながらも、知らず知らずのうちに傷ついた心が「立ち直っている」のだから、その回復力はすごいものです。

長く生きていれば「いいこと」もあれば「よくないこと」もあるのは当然でしょう。

オセロゲームのように、次々と白と黒がひっくり返ってこそ、楽しみもある。

「私はずっと白がいいんです」といったところで、うまくはいかないだろうし、第一それでは人生の楽しみがなくなります。

まずは、人生は上手くいくことばかりではないという現実を受け入れ、上手くいかないからこそ人生は面白いのだ、という現実を知りましょう。

そうすることで、あなたの傷ついた心は徐々に癒され、そして癒された心が前向きな気持ちにしてくれるはずです。

スポンサードリンク

傷ついた心は愛で癒されるべき

傷ついた心を復活させるには時間が必要だといいますが、確かに時間をかけることで傷ついた心を復活させることは可能です。

しかしながら、記事の冒頭でも言った通り、放置して回復させた心にはトラウマという恐怖心が残ってしまう可能性があるのです。

トラウマはやがてあなたの性格を変えてしまう力を持っていますので、オススメの方法とは言い難い部分があります。

そこであなたに今足りていないものは、多くの人に支えてもらうという愛情です。

もちろん愛情は足りているという人もいるかもしれませんが、日本人は自分の感情を表に出すのが苦手という共通点が存在します。

最近のあなたは、傷ついた原因や話を誰かに話しでしょうか。

自分が弱っているから助けてほしい、と周りに助けを求めているでしょうか。

傷ついた心というのは、たくさんの人の愛情によって復活させることも可能です。

自分が弱っていることをたくさんの人に報告し、助けてほしいというメッセージを送りましょう。

そうすることで、トラウマという恐怖心がいつまでも心の中に潜むことを阻止できます。

 

チャンスととらえる

よく綺麗になった人や成功者の話しを聞くと、立ち直れないような心の傷をパワーに変えたという人がいます。

人生というのは考え方の1つで、人生が大きく左右されることもあるということを忘れないでください。

あなたが今おった心の傷は、考え方1つで人生を大きく変えるようなパワーに変えることが出来るのです。

いつまでも自分は傷ついたと言っているようでは、強い自分を手に入れることはできません。

またそうして希望を見いだすことによって、傷ついた心は癒されていきます。

希望が傷ついた心を癒し、そして傷ついた心が自分の人生を大きく変えるパワーともなるのです。

悔しい思いや悲しい思いは、人を大きく変えるパワーを持っています。

 

立ち直り方が上手い人と下手な人の違い9つ

・いい人は立ち直りが下手。ちょっと悪い人は立ち直りが上手。

・一人ぼっちの人は立ち直るのが下手。一人でいる人は立ち直りがうまい。

・辛いことに喜べる人は立ち直りが下手。楽しんで生きる人は立ち直りが上手

・黙っている人は立ち直りが下手。はっきり言うほうがうまく立ち直れる

・ケチケチしている人は立ち直りが下手。太っ腹の人は立ち直りがうまい。

・しつこい人は立ち直りが下手。人を信頼する人は立ち直りがうまい。

・「これしかない」人は立ち直りが下手。「あれも、これも」の人が立ち直りがうまい

・エリートは立ち直りが下手。劣等生のほうが立ち直りがうまい。

・こだわる人は立ち直りが下手。いいかげんな人は立ち直りがうまい。

どんな人の人生にも時間には限りがあります。

心が傷ついたとうじうじ悩むのはできるだけ短く、楽しいことはできるだけ長くしましょう。

そのためにも早く、うまく「立ち直る」ことが大事なのです。

 

傷ついても大丈夫

人は誰しもが大きな心の傷を抱えて生きています。

それは過去のトラウマかもしれませんし、今現在に負った傷かもしれません。

ですから自分を誹謗中傷してしまうなんて馬鹿なことはやめて、前を向いてみましょう。

そして何をしたらいいのかわからないのであれば、たくさんの人と会ってみてください。

心が傷ついた時ほど、人の優しさや温もりを痛感できる時期は無いのですから。

関連記事

何処か遠くに行きたい心理と対処法3つ

くよくよする性格が悪な理由と改善方法5つ

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP