悩み

休日は引きこもり派が人生損していると言われる理由

Pocket

休日はほとんど引きこもりで、外には出ようとは思いません。

休みの日だから全く動きたくないし、外に出たいと思わない。

今回は休日は引きこもり派のあなたへ。

なぜ休日に家で引きこもることが、人生損していると言われるのか?

こんなちっぽけな疑問を解消しようと思います。

スポンサードリンク

まずは休日に動かない・引きこもり派の人に多い共通点を確認してみましょう

本題に入る前に、少しだけ動かない・引きこもり派の人に多い共通点を見てみることにしましょう。

どうやら引きこもり派タイプの人に関して、共通点を5つ上げるとすれば、このような共通点が見られるようです。

 

1.基本的に動くのがめんどくさい

2.仕事が忙しすぎて、休日に体力を使いたくない

3.ゲームやスマホが大好き

4.友達を誘う事が基本的にない(誘われる派の人間)

5.友達が少ない

 

引きこもり派の人に共通する5つをご紹介しましたが、あなたは5つの項目の内、当てはまっている項目はありましたか?

5つの項目に多く当てはまっている人は、今は友達に誘われることが多くて、休日は外で遊ぶことが多い人でも、その友達が結婚をしてしまうと、休日は引きこもり生活が多くなるという可能性が高いといえるでしょう。

スポンサードリンク

忙しい人でも休日を楽しむ人と、引きこもる人の違い|なぜ人生損しているなんて言われないといけないの?

「さじ加減」のうまい、へたは数値で示すことはできませんが、うまい人とへたな人は確かに存在しています。

そこで、世間の人々を見渡してみますと、「さじ加減」のうまい人にはある共通項が認められます。

それは、いくつになっても遊びの時間の使い惜しみをしないという点です。

「元悪がき」連中の中には、そうした人間が多く、同窓会などで話してみると、今だに幼児性が抜けきれていないような趣味に熱中していたりするものです。

 

逆に「趣味は仕事です」が口グセのようだつた真面目人間は、定年以降の人生でつまずきやすく、快老とは逆方向へ行きやすいようです。

あなたの周囲にも、おそらく二通りのタイプ (二つに限定するのは問題ですが)がいるのではないかと思います。

これを大雑把に分ければ、「仕事が忙しい」を理由に、しばしば遊びをキャンセルしてしまうタイプと、仕事と遊びを明確に別枠で考えるタイプです。

前者の特徴は、休日返上で働くので息つく暇がありません。

一方で後者の特徴は、休日の計画を楽しみに「今の忙しさを乗り切ろう」と考えます。

 

このように後者の考え方の人は、オン・オフの切り替えがスムーズな分、人生を前向きに楽しんでいる人が多いようです。

「遊び」でテンションを緩めることで、上手に「さじ加減」できているのでしょう。

これが休日に引きこもりで動かないという人が、人生損していると言われる理由なのではないでしょうか。

 

結論|決して休日に外に出る人が人生を得していると言う訳では無い

外に出る人でも、パチンコ屋で数万円お金をすってしまったり、車で事故をしてしまったという人も多く存在します。

また、人生を損していると言われる理由の一番の原因は、「外に出る楽しさを知っている人が、自分の価値観を押し付けているだけ」ではないでしょうか。

人にはそれぞれの価値観というものがあるので、一概に人生損をしているなんてことは絶対に言えないのです。

→仕事が多すぎる!人生に疲れたとなる前に休日をこう活用せよ!

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP