恋愛

付き合わない方がいい男の特徴

Pocket

信用に欠ける『男友達のいない』男

男性を見極めるには、彼の友達を見るのも、有効な手段です。

いい男の周辺には、必ずいい男が集まってきます。

そして周辺につまらない男友達しかいないようであれば、彼はその程度の人間なのです。

というのも、わたしたち人間は必ず「自分と同じレベルの相手」と付き合い、仲よくなるようにできています。

年齢や趣味趣向といった話ではなく、もっと本能的な直感、いわゆる「ウマが合う」という次元の話です。

ここでもっとも望ましいのは、ひとつの友人グループでなく、いくつもの友人グループを持ち、どのグループとも同じように接している男性です。

たとえば、スポーツ好きの仲間、音楽好きの仲間、映画好きの仲間など、自分の趣味に応じて仲間を持っている男性は、社会性もあるはずですし、さまざまな意見を受け入れるだけの余裕や柔軟性を持っています。

 

一方、いつも同じ仲間とだけ集まっている男性だと、律儀で情には厚いかもしれませんが、やや柔軟性に欠けるところがあるかもしれません。

そして、最悪なパターンは、男友達のいない男です。

会社の同僚ともさほど打ち解けず、学生時代の仲間とも音信不通で、休日にはあなたと過ごすか、部屋にじっとこもっている。

 

このような男性は、とにかくデートする時間はたくさんあります。

ですから、お付き合いをはじめた当初は「大事にされている」と感じられるでしょうし、恋を楽しむことができるでしょう。

しかし、いったん衝突したり、ケンカになったら大変です。

人付き合いの下手な彼は、相手の気持ちを思いやることも苦手なら、絆を修復することもできません。

些細なケンカが、そのまま恋の終わりに結びつくことだって。

一度ひびの入った事だってあるでしょう。

本当にいい男は、男からも「惚れられる」ものです。

 

そして、男友達のいない男は「男性としての魅力がない」と、同性から熔印を押された男なのです。

彼の男友達を紹介されたことがある?

 

こんな男は遊び人の可能性が高い

 

遊び人の可能性が高い男。

そんな男を見着分ける方法は、以下を参考にしてみてください。

 

※遊び人の可能性が高い男の特徴。

・SNSやタイムラインなどに、自分がいい人ぶりの発言をよく書く人(皆に感謝とかありがとうとか、本人に伝えずに、なぜかSNSなどに書き込む)

・デートの時に、変に優しすぎる男性(のちのち激変する可能性がある)

・モテそうな感じや、イケメンなのに、なぜか彼女いない歴が長いor彼女と1ヶ月ほどしかほとんど続いていない

・タイムラインのコメントやスタンプが、すぐに違う人に変わるし、正直、男の子の割に女の子があまりかわいくない

・周りの友達も、自分も仕事がしっかりとしていない(派遣など)

・親が会社をしていて、なおかつ甘やかされて育てられている(一番危険)

 

上記の6つの項目にたくさん当てはまる人は、本当に要注意です。

遊び人ほど、いい顔をしたがります。

そして、遊び人ほどあなたがどれだけアタックしたり、付き合ってほしいと言っても、上手く交わしてきます。

そういった男性は、そもそも付き合う気など全くないのです。

 

もしも、いくらアタックしても付き合ってくれない。

向こうから離れては行かないし、いけそうな素振りは見せるけど無理・・・

そんな男性をいつまでも追うのはやめましょう。

遊び人は追えば追うほど、向こうの言いなりになり、都合のいい女というのが結末になるからです。

他にもあなたを愛してくれる男性は、星の数ほどいてるのです。

 

関連記事

→隠れマザコン男に悩む女が急増!特徴はこれだ!

→ダメ男と結婚しないために特徴をチェック!

関連記事

  1. 恋愛

    心が傷つくのが怖い恋愛をした方に

    心が傷ついているのはあなただけではない恋に落ちると、「あばたもえく…

  2. 恋愛

    なかなか付き合ってくれない女性の理由や告白の仕方は?

    ときには、まわりがカップルだらけの公園に行ってみるのもあり夏の京都…

  3. 恋愛

    付き合う前のカラオケデートは恋が生まれやすい?

    カラオケが口説きやすいわけ!※まずはエピソードからどうぞ!…

  4. 恋愛

    彼女と自然消滅したい方にこの別れ方には注意を!

    別れ際のマナーは大人として必要なこと男性が、女性と別れようとす…

  5. 恋愛

    女性がぎゅっと抱きしめられたいと思う瞬間は?

    女が男に「両腕」で抱きしめられたいと思う瞬間い…

  6. 恋愛

    セクシーチェック!女性度アップ間違いなし!

    セクシー女性度チェックセクシーな女性になりたいと思っている…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP