恋愛

付き合う前のカラオケデートは恋が生まれやすい?

Pocket

カラオケが口説きやすいわけ!

※まずはエピソードからどうぞ!

「いまはあなただけに…」

実は密かに自信があるカラオケの18番は、女から告白する歌。

あたしは、斜め向かいに座ってる彼のほうを向いて、サビの部分を歌った。

スポンサードリンク

「いまはあなただけに…」

喝采を浴びて、マイクを置いたあたしはどさくさにまぎれてリモコンを持って彼の隣に移動した。

「まだ、歌入れてないよね?」

 

彼は恥ずかしそうにボソッと言った。

「うまいね。あんなの歌われたら、男はみんな惚れちゃうよ」

あたしは、彼の耳元にそっと古古やいた。

 

「惚れても、いいよ…なんちゃって」

大胆なこと言ってしまって、つい恥ずかしくておちやらけた。

だけど、彼はこの「なんちゃって」に心奪われたそうです。

スポンサードリンク

彼女は今、あのときの彼と付き合っています。

カラオケに行くと、恋が生まれやすいといいます。

それは、密室で接近できることもあるけど、日常は使わないような照れくさい言葉も、歌に乗せてしまえるから。

 

惚れる、という言葉は日常会話に使うことはありませんが、好感が愛情に変わることを言いますよね。

街中でいきなりは言えないけど、カラオケで恋愛の歌なんか歌ってるときだったら、さくっと言ってしまえたりします。

男子によると、女の子にこんな言葉を耳元でささやかれた日には、はずみで口説いてしまいそうだとか。

 

「惚れても、いいよ」まさにこれぞ、口説き誘発ワード!

お目当ての人がいるカラオケ大会なら、男が口説きたくなる歌詞を含んだ歌を選ぶのは王道です。

男子が「男はこれに弱い」というときは「僕はこれが好きだ」と同義語です。

 

覚えておきましよう!

惚れる、を言葉にしよう。

 

関連記事

→女性が食事で脈ありにするために気をつけること!

→おしゃれをする男性心理。認めたくない真実が!

 

 

彼が年下だった場合

 

あなたは、年下の人を好きになったことがありますか?

いつもは年上の人と付き合うことが多い人が年下君を好きになった場合、どう接したらいいのかちょっと悩んじゃいますよね。

甘えるふりしてもてあそぶ。

 

これにつきます。

これぞ、年上女だからこその恋の醍醐味。

お姉さんが「甘えちゃう」という言葉を言うのは高きゅん度みたいです。

 

アネゴ限定の誘惑シーン、

ちょっとのぞいてみましょう。

これはいつも年上彼氏に甘える恋愛しかしたことがなかった女性が、年下彼氏デビューしたときのエピソードです。

 

料理を取り分けてくれる年下の彼。

ふたりだけで食事するのは今日が初めて。

彼の緊張がにじみ出てる。

 

ここはゆる~くほぐしたいところ。

 

「こんなにやさしくされたら、甘えちゃうから」

「あなたに甘えられるなんて、光栄です」

「これ以上甘えさせたら…知らないよ」

 

「何かあるんですか?」

「甘えさせたら…好きになっちゃうかも?」

彼は真っ赤になりました。

 

わたしは、そのことには触れずに、「なんだか、暖かいね。赤くなってる?」

そう言って、自分のほおに触れさせた後、彼のほおに触れながら言いました。

「あ、赤くなってる」

 

「ウゲーこんなせりふ言えんわ!サブッ!!」 今そう突っ込んだアネゴなあなた、ごもっともです。

だけど、アネゴなあなたがやるからこそ、そのギャップが年下君にはかわいく映るようです。

そこんとこわかっていただきたく、恥をしのんで公開しました。

 

ぶっちゃけ全然脈がなかったら男はふたりでムードのあるレストランに行ったりなんかしません。

年上女はつい、必要以上にサバけて脈ありゾーンから勝手に降りてしまいがちですが、男は可能性があるすべての女にかわいさを求めているのだと忘れないで!

女は、何はなくともかわいさです。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP