悩み

人生計画に必要な5つの心得

Pocket

人生計画をたてることは非常に大事であり、成功者と呼ばれる人たちは人生計画が明確で具体的だと言われています。

それほど人生を楽しむのにしても、成功者として裕福な人生を送るにしても、人生計画というのは大事なのです。

そんな人生計画に必要な事と言われると、たくさんあってどれを実行したらいいのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

しかしもう心配いりません。

人生計画に必要な5つさえ意識していれば、上手に人生計画をたてることができるでしょう。

スポンサードリンク

第一に注意すべきこと

第一に注意すべきことは、最近の中年層~若者は人生計画を甘く見過ぎているということです。

この発言は、タレントとして大活躍中のマツコ・デラックスさんが発言し、話題を呼びました。

最近の40代前後の人というのは、人生計画を甘く見過ぎていて、行動できていないとマツコ・デラックスさんは言います。

例えば、30歳までに結婚して子供が1人は欲しいと言う女性。

しかしその女性は28歳になった今でも恋人すらいない….

余った時間は恋人作りに時間を費やさずに、だらだらだらだら…

最近ではこのような人が多くなっており、人生をだらだらと生きている人が増加傾向にあるようです。

まずは人生計画するにあたって、計画を達成するための行動ができるのかどうか?ということが大事になってきます。

 

人生計画は明確に、白黒では無くカラーで描く

人生計画をたてても失敗してしまう人というのは、曖昧になんとなく計画をたててしまう人です。

もちろん、なんとなくの計画が悪いということではありませんが、”これだけは必ず実行したい”という計画には「白黒では無くカラーで描く」ことが大事です。

カラーで描くとは、【実際に自分が将来どうなっているのかを1つ1つの動作まで細かく想像すること】

実際に人生計画通りに生きてきた人というのは、想像力がはるかに高い人であります。

そう。なんとなく想像するのではなく、カラーで想像できる人です。

絶対に失敗したくない計画については、カラーで具体的に想像して人生計画を作ることが大事です。

スポンサードリンク

大きすぎる目標をいきなり書かない

大きすぎる目標をいきなり書いてしまっても、それを実際に成し遂げるのは至難の業です。

まずは自分にできそうなこと、または今の自分にでもできることを、1つ1つ細かく書いていきましょう。

大きい夢も大事ですが、あなたにその夢を叶えれる根性と実力はありますか?

人生計画とはかけ離れた人生になってしまうと、人生を諦めることに繋がってしまうことにもなりかねません。

いきなり大きな夢を書くのではなく、まずは自分に確実にできることから埋めていくことが大事です。

 

人生の計画はいくつもあっていい

自分の人生の計画といっても、恐らく漠然と「50歳までには…」「60歳になったら…」といったイメージを描いているだけという人がほとんどではないでしょうか。

そういう人には一度、真っ白い紙に自分の人生の計画表を本当に書いてみることをお勧めします。

というのは、他人の人生についてはいろいろと知っているのに、自分自身の人生について、あまりにも無頓着だったことがそこからわかるからです。

私たちは他人の人生はよく見ています。

とくに偉人といわれるエジソンやヘレン・ケラーなどの人生は、子ども時代から熟知しているのではないでしょうか。

ところが、自分の人生をどう歩んできたのか、それはどういう方向だったのか、そしてこれからどちらに向かっていくのかということを、ゆっくり考える機会があまりにも少ないと思うのです。

自分の人生の計画というと、あまり具体的に考えたくない、という気持ちがあることもわかります。

資格を取ろうとか、絵を描こうとか、細かい目標はあっても、長期的な人生の計画を考えていないのです。

 

人生計画を考えるのがめんどくさい・息詰まる

確かに、人生をひとつと考えると、計画を立てることは息詰まる思いがあります。

ここは、いくつかの人生の計画を立ててみてはいかがでしょうか。

その中には、50歳までに宝くじを当てて余生はハワイで暮らす、という計画があってもいいのです。

アメリカに渡って、事業を展開するということも不可能ではありません。

これはソニーの創業者が本当に実行し、成功したことでもあります。

とにかく想像することはタダですから、どんどんイメージをふくらませましょう。

家族みんなにイマジネーション作りに参加してもらうのも楽しいかもしれません。

うんとポジティブに考えればいいと思います。

そして、いくつかの計画を改めてゆっくり眺めると、その中に実現可能な道筋が見えてくると思います。

その計画の実現に必要な準備も見えるでしょう。

たとえば、宝くじを当ててハワイに住むとしても、少しは英会話ができないと不便きわまりません。

とにかく、いろいろとやるべきことが生まれてきます。

実際の人生はひとつかもしれませんが、イマジネーションを広がらせれば、いくつかの人生を生きたのと同じくらいのバリエーション豊かな経験ができるのです。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP