悩み

人生を楽しむ為に必要なコツの5つ

Pocket

人生を楽しむ為にはどうすればいいのか?

どうせ同じ人生を生きるのであれば、自分が納得できるような人生を歩むのが理想でしょう。

しかし、多くの人は人生を楽しむためのコツを知らずに、成行きの人生を歩んでしまいます。

今回は人生の楽しみ方について、これだけ知っていれば人生を楽しめる5つのコツをご紹介しようと思います。

気持ちが健康でさえあれば人生は明るい

人生でもっとも大切なもののひとつが健康です。

健康でなければ仕事にしても遊びにしても、家族関係にしても簡単にはいかなくなります。

若い頃に無理をしてたくさんの資産を作ったとしても、リタイアしてからレジャーなどを楽しめるだけの健康が維持されていなければ、いったいなんのために働いてきたのか分からなくなってしまいます。

もちろん健康とはいっても、だれにでもどこか不具合なところはあるものですから、そうした病気を悪化させないように、ある程度ごまかしながらうまくっきあっていくという発想が必要でしょう。

「無病息災」などというのは、それができればそれに越したことはありませんが、まず無理なこととあきらめて、「一病息災」でいけばいいとよくいわれますが、まったくその通りです。

「無病」だから丈夫だなどと過信していると、かえって大病に倒れることにもなりかねないのです。

普段病気をしない人は、自分の体の不調に気づきにくいものです。

そういう人がいたら周囲が注意してあげなければなりません。

年齢を考えて今を生きる・気持ちの健康管理

ちょっと熱があっても無理をするなどというのは、20歳代の若者なら大丈夫でも、30歳代も半ばを過ぎたらできることなら避けたほうがいいです。

自分は病気もしないし、風邪をひいてもクスリも飲まないと豪語している人がときどきいます。

けれども、病気の時には必要な薬は飲まなければならないのです。

医者の指示を無視して、患者が勝手な判断で薬を飲まないというのは、医者から見ると非常に危なっかしいことなのです。

ましてや、病気が発見されるのが恐いから、医者へ行かないというのは本末転倒です。

体の健康も大切ですが、気持ちを健康に保つことがもっと大切だともいえます。

もし体が健康でも、気持ちが病んでいれば、明るい人生にはなりません。

気持ちを明るく保つためには、努めて人間関係を良好に保たねばならないし、仕事もプラス思考で考えなければなりません。

それが結果的に自分の体の健康にもプラスになると考えて、明るく生活するのが一番健康的だと言えるでしょう。

 

仲間を大事にする

仲間を大事にすることは、人生を楽しむためにはつきものです。

例えどれだけお金持ちでも、仲間がいないと楽しくありません。

旅行に行くのも一人、食事も一人、趣味も一人では傍から見ても寂しい人生なのです。

ここで言う仲間とは、仕事仲間でも昔からの友達でも構いません。

とにかく1人1人を大事にしましょう。

人生とは面白いもので、年をとるごとに友達を大事にしない人というのは、友達が離れていきます。

今は周りにチヤホヤされている人も同じく、友達を大事にしないと年をとれば一人ぼっちです。

例え定年を迎えようが、周りを大事にできる人には人が残ります。

その残った人で、旅行に行ったり、趣味を楽しんだりと、老後も楽しい人生を送れるのは、絶対に周りを大事にできる人なのです。

 

興味があることには積極的にトライする

例えば海辺の土地で暮らしている人であれば、一度はジェットスキーや潜りといった、男らしい趣味に憧れる人も多いでしょう。

女性の場合であれば、ディズニーランドやユニバーサルスタジオジャパンなど、異空間のような世界に憧れを抱きます。

そんな時には、心の中で思い描くのではなくて実際に行動してみましょう。

何事も積極的に、自分から友達を誘うのです。

一人で行動するには勇気が必要ですが、友達がいれば心強いですし、分からない事も二人で解決することができます。

また、興味があることにトライするにあたって必要なのはお金です。

その時のために貯金をしておいて、溜まったのであればやりたいことにお金をつぎ込む。

そうすることで、日々の仕事にもやりがいを感じることができます。

とにかく一度やりたいと思ったのであれば、行動に移しましょう。

行動に移せないまま年齢を重ねていくと、そのうち体の都合でトライできないようになってしまいます。

定年後に老人が思うことは、あの時トライしておくべきだった…という戻らない時間の後悔なのです。

 

人生計画を立てておく

最後の5つめは、人生計画をしっかりと立てておくことです。

人生計画とは、例えば〇〇歳までに子供を2人産むとか、〇〇歳までに東京に引っ越すなど、自分の人生をしっかりと計画し、その通りに実行するためのコツの1つです。

この人生計画さえ立てておけば、あなたの人生の理想を文字にして確認することができますし、何より自分はどんな人生で一生を終えたいのかが、はっきりと明確に分かります。

今の若者は人生計画を立てる人が少なく、なるがままに人生を生きている人が多いと言われています。

しかし、それでは周りと同じで人生を楽しめているのか?と聞かれると疑問ばかりが残るでしょう。

周りよりも圧倒的に自分の理想とする人生を楽しむには、人生計画を立てておくことが必要なのです。

そんな初心者でもできる人生計画の基本や決め方については、次のページで詳しくご紹介することにしましょう。

次のページ→人生計画に必要な5つの心得

関連記事

  1. 悩み

    穏やかな人になりたい時に実行すべき6ステップ

    私たちは穏やかな人柄に好感を持ちます。穏やかな声のトーン、話し…

  2. 悩み

    自分の性格を変える最も簡単な方法の6つ

    人の性格は変わらないという人もいますが、果たしてこれは本当でしょうか?…

  3. 悩み

    アダルトチルドレンが辛い、生きづらいと思う原因8選

    アダルトチルドレンというのは、生きてきた環境がとても辛い環境であったこ…

  4. 悩み

    転職に失敗しすぐ辞める「無職」になる人の共通点

    転職という勇気ある決断をしたのはいいものを、それが失敗してしまい余計に…

  5. 悩み

    周りの目が気になる時は病気を疑え!

    周りの目ばかりを気にしてしまい、時には自分というものを失ってしまうこと…

  6. 悩み

    自分が嫌いでしょうがない人へ。

    どれだけ自分を知っていますか?人はなぜ自分自身にむかって嘘…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP