恋愛

亭主関白な夫が好きな血液型は4つのうちのどれ?

Pocket

血液型というのは、不思議なもので癖が分かってしまうものです。

今回はそんな血液型でも、「各血液型の結婚のイメージ」

ここに関してアンケートを採ってみました。

 

すると、とても以外な結果が出たのです。

なにが以外って…?

それはとくにB型が、、、なのです!

さて、早速その意外な結果についてご紹介していきましょう。

スポンサードリンク

亭主関白? 友だち夫婦?

あなたにとって結婚のイメージとは?

アンケートをおこなってみました。

そのアンケート結果の背後に見え隠れしていた「結婚のイメージ」を、ここでハッキリ言葉にてしみましょう。

 

(表-1)結婚後の夫婦のあり方はどうあってほしい?

 

亭主関白

O型 19.9%
A型 17.1%
B型 14.4%
AB型 11.5%

 

内助の功

O型 34.9%
A型 37.5%
B型 28.0%
AB型 36.1%

 

カカア天下

O型 0.0%
A型 0.0%
B型 0.9%
AB型 0.0%

スポンサードリンク

共同生活者

O型 13.0%
A型 13.8%
B型 14.4%
AB型 9.8%

 

友だち夫婦

O型 32.0%
A型 42.4%
B型 42.4%
AB型 42.6%

 

数字は小数第2位を四捨五入、単位%

「結婚後の夫婦のあり方はどうあってほしいと思いますか?」(表-1)

 

まず「亭主関白」

負けん気の強いO型が「夫に従う」ことを誓っているのを、読者は不思議に思うだろうか?

いや、これは実は自然な結果なのである。

 

女性が若い場合、特にそうだが、O型には「人生の指導者」を求める傾向がある。

人格、識見にすぐれた男性が自分をグイグイ引っ張ってくれる、それが理想のかたちというわけだ。

その上、O型は愛ひとすじ。

 

気軽な関係では飽き足らず、ひたすら愛情で押されっぱなしになるかもしれない。

A型の「内助の功」。

これがハマリ役だというのには、どこからも異論は出ないだろう。

 

O型の「内助」ぶりが「大蔵大臣」とか「官房長官」である。

のに対して、A型は文字どおり「良妻賢母」だ。

A型の頭の中には「あるべき家庭」のイメージがすっかりできていて、妻としての自覚も明確にある。

 

B型にとっては、「夫を立てる」ことも「サイフのヒモをしっかり握る」ことも至難のワザ。

彼女たちは自分でもそのくらいわかっているから、無理に「内助の功」を選んだりはしなかったようだ。

B型の望むのは「友だち夫婦」であり、「対等の共同生活者」である。

 

AB型もそうであるように、「男だからリードする」「女として尽くす」という意識はほとんどない。

「共同生活者」と「友だち」の違いは必ずしも定かではないが、前者を経済的・精神的に自立した二人の自由なパートナーシップ、後者をいつまでも初々しい楽しいカップル、くらいに考えればよかろう。

「束縛されないで、すみそうだ」という点でB型が前者にも好感をもったのに対して、AB型はそのいささか観念的・偽善的な調子に批判の目を向け、「友だち」のほうを選んだのではないかと思う。

 

AB型にとって大切なのは、夫婦だからといって過度にのめりこまない軽やかな関係であって、その点、O型、A型とははっきり異なるのである。

 

関連記事

→結婚後に料理ができるや家事ができる女性の血液型って?

→浮気をされて仕返しが怖い血液型はどれ?

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP