未分類

不味いはずのビールを毎日飲むようになる理由10選

Pocket

若い人がビールを飲むと、「不味い」や「苦い」といった感想を述べることが多く、大人がなぜ不味いビールを金を出してまで飲もうとするのか?ということに疑問を抱いている人も多いです。

もちろん、不味いはずのビールを毎日飲むということには、しっかりとした理由が存在し、その理由が分かれば納得をする人も多いのではないでしょうか。

今回の記事では、そんな不味いはずのビールを毎日飲むようになる理由について、10選にまとめてみました。

これからあなたも通るかもしれない、毎日のビールという道だけに、しっかりと理由を知っておきましょう。

スポンサードリンク

体を冷やし、クールダウンに最適です

ビールというのはいつでも冷たい状態で出てくるのが普通であり、この冷たいビールを飲むことにより、体のクールダウンへと繋がります。

このクールダウンは、仕事を終えて緊張状態の体を癒し、そしてリラックス状態へと精神状態を変えてくれます。

体の緊張状態が抜けないままですと、身体に大きなダメージを与え、早死の原因ともなってしまうのです。

家に帰るとビールで緊張状態を解くということが、ルーティンになっている人も多く、適度な量のビールは健康の手助けをすることがあります。

 

幸福感を与えてくれます

2012年に第一生命が発表したアンケート調査によれば、毎日ビールを一缶飲む人と、全く飲まない人とでは、幸福感が全く違ったという結果を発表しています。

これは仕事終わりのビールに幸せを感じたり、開放感のような錯覚を与えてくれるので、適度な量のビールは幸福感に繋がるのです。

ただし、三缶以上飲んだ人の場合は、幸福度が落ちるという結果を出しています。

 

がんや認知症の予防にも効果的です

シカゴ・ストリッチ校医学部が発表した研究結果によると、ビールを毎日飲む人が全く飲まない人よりも、23パーセントも認知症になりにくかったという研究結果が出されています。

これは認知症の原因となるアルミニウムが、脳に及ぼす影響を低減する効果があるからではないか、という発表をしています。

また、ビールに含まれている抗酸化物質「キサントフモール」は、がん細胞を抑制する効果があります。

適量のビールを飲むことにより、がんの発症率を下げるということは、すでに認知されていることです。

スポンサードリンク

少しの贅沢となります

ビールというのは価格がそれほど高くもなく、プチ贅沢にはもってこいの飲み物です。

ですからビールが私服のひと時になることが多く、特に家庭を持っている人に限っては、ビールが最高の贅沢と答える人も多いです。

スタバやお洒落なカフェが少しの贅沢と答えるのと同じように、年を取ればそれがビールに変わる可能性は、あなたにも十分にあります。

 

嫌なことを忘れさせてくれます

失恋をしたり、仕事で嫌な事があった時に、ビールを飲むことによって現実逃避をすることができます。

さらに嫌な気持ちを忘れさせてくれるどころか、現実逃避までさせてくれますので、この効果を手軽なビールで得ている人は多いのです。

 

勢いを与えてくれます

告白や言いずらいことを伝える時に、ビールはその勢いと勇気を与えてくれます。

よく占いなどに頼り、勢いや勇気をもらう人がいますが、ビールはそれと同じような役目さえも果たすのです。

もちろん、アルコールが入っていない状態で伝えなければならないことに関しては、ビールは不向きですが、そうでない場合は、多くの人がビールを頼りに勢いに乗ります。

 

実はビールは飲みやすい

ビールというのは、実はアルコールが入っている飲み物の中ではそれほどアルコール度数は高くなく、お酒好きからすれば飲みやすい分類に入ります。

ですからごくごくと飲めるビールを、毎日飲むようになるということは、決して不思議なことではないのです。

 

嫌な人でも和解できたりします

ビールを飲み気持ちよくなってくれば、周りにいる人は皆友達かのように思え、嫌悪感を抱いていた人に対しても和解できたりすることがあります。

さらに気まずい雰囲気を変えるにも、このビールが最適であり、雰囲気を変えたいときにビールの力を借りる人は、非常に多いです。

ただし、ビールの飲み過ぎで酔っ払い、トラブルの原因となってしまうこともあるので、やはり適度な量が大事となります。

 

ずっすり眠れます

アルコールが入ると睡魔が襲ってくる、というのは誰しもが知っている効果でしょう。

気持ちいい状態でベットに入ることができますし、明日の仕事や嫌なことなどすべて忘れて、気持ちのいい睡眠をとることができます。

深い睡眠を取りたいのであれば、ビール一缶くらいにとどめておくことが大事です。

 

便秘解消やダイエットにも効果的です

ビールはアルコール度数が高くないので、胃から腸へと流れやすいだけでなく、体内の吸収が良いために血流が良くなり、結果的に便秘の解消へと繋がります。

さらにビールに含まれているビタミンB2は、脂肪を燃やしやすいエネルギーへと変換し、老廃物の代謝が活発化するので、ダイエット効果があるともされています。

 

不味いはずのビールは「善」なのかもしれない

いかがだったでしょうか。

適量のビールというのは、人間にとってたくさんのメリットを生み出し、そして人々に幸福を与えます。

あなたも今はビールが不味いと思うかもしれませんが、何かをきっかけに、ビールに目覚める日が来るのかもしれません。

その時はくれぐれも、適量のビールを心がけて飲むようにしたいものです。

関連記事

コーヒーの驚くべき効果・効能20選

冷水シャワーの凄すぎる効果12選

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP