恋愛

不倫をしている女性へ。どっちを選ぶか迷う時に

Pocket

婚約している女性が不倫

結婚前提の彼に覇気を感じなくて、不倫しちゃった。

「このまま、彼と結婚してもいいのかな…」

年下の彼氏は、30歳になったら私と結婚して幸せにすると言う。

スポンサードリンク

でも取り立てて準備をしてる様子もない。

付き合うにはいいんだけど、私は来年30歳になる。

夫になる人として考えるといろんなことが見えてきて…

 

そんなときに出会った同い年のA君と、深い仲になってしまった。

しかも彼には妻子が。

ふたりの関係はすぐにばれて、あまり会えなくなった。

 

B君に会ったのはそのころ。

B君は仕事ができて包容力がある。

B君は私に会うのに、A君に遠慮していて彼氏とは別れるように言ってくる。

 

私は今B君に一番惹かれている。

彼のことを知りたい。

だけど、やっぱり長年付き合ってきた彼氏ほど、合う人はいないかもしれない。

スポンサードリンク

だから、彼氏と別れてB君に走る勇気がない。

あなたのお話を聞いていて、あるシーンが浮かびました。

こんなことってないですか?

 

部屋の整理をしてたら、昔買ってた雑誌が出てきた。

ついパラパラしてたら、その中で紹介されてたお店のことが気になって。

パソコンで検索すると、そのお店の口コミ掲示板があってつい読みふける。

 

気になる商品が出てきた。

でも品切れらしくて、もしかしたら通販出てるかな、とネットのオークションサイトを片っ端から探す。

と、パソコンが固まって動かなくなってしまった。

 

ていうか、私って何してたんだっけ。

部屋はぜんぜん片付いてないのにもう夕方だよ…

面白そうなことが見つかるたびに、今やってることを放り出してそれをやってしまった。

 

今のウインドーを閉めずに、どんどん開いていって収拾がつかなくなってる感じ。

今の彼が不都合になってきたら、居心地がいい人を求めてさまよってる感じね。

迷いも揉め事も不都合も引き受けないで、ベストな選択をしようとしてるからぐるぐるするんです。

 

ひとりにはなりたくない、責められたくない、悪い人にはなりたくない、そんな感じね。

そこで、一つずつ、ウインドーを閉めましょう。

閉めづらくないものから閉めるんです。

 

私ならまず、不倫のウインドーを閉めます。

あなたの性格だと、選んでもまた迷うでしょう。

でもそれでいいんです。

 

どれかを選んだら、迷いはなくなるだろうと思うのは大きな誤解です。

誰でも、ほんとうは大きな決断をしたとき心残りはあるのです。

 

ではここで、本命のB君の心理をチェックしてみましょう!

「彼氏と別れろなんて、俺に言えた義理じゃないよな。Aにも悪いし」

人間関係は、誰かが迷うと周りの人の言動も少しずつ不安定になります。

 

あなたの迷いはB君にも伝染しているようですね。

誰かが選ぶことをしない限り、この事態は終結しないようです。

では、「選ぶ」ということについて考えてみましょうか。

 

人は二つの人生は選べません。

大きな箱を両手いっぱい持っていたら、前に進めなくなりますよね。

ほかにもすてきなものはあるけれども、私にはこれが合うと信じて、「選ぶ」。

 

選んだら、選んだ自分と選んだものに思い入れること。

思い入れがあるから選べるのではなく、選んだのだから思い入れるのです。

面白いもので、白分か決めてないときは「決めない人」が寄ってきます。

 

あなたも、「彼女いるんだけど付き合って」と言われても真剣に考えられないんじゃない?

おいしいとこ取り同士付き合う方法もあるけど、それじゃ寂しくない?

自分が相手を保険にすると、相手にとっても自分は保険になります。

 

あなたのすてきなところは愛されるチカラです。

迷いも含めて、たくさんの人に愛される自分に自信を持って、今のあなたにとっての一番を選んで一歩進みましょう。

だいじょうぶ。

 

あなたなら迷ってしまっても、寄り添ってくれる人に出会えるから。

選ぶとは、選んだ自分と選ばれた人を信じることです。

 

関連記事

→浮気をされて仕返しが怖い血液型はどれ?

→血液型でわかる女性の結婚のイメージ!

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP