恋愛

モテる人を好きになった時の落とし方と攻略方法

Pocket

いい服を着ることで起きる効果とは?

男性のみなさん、上等のスーツ(又はジャケット)を買いに行きましょう。

仕立てのいい、上質の生地のスーツ(又はジャケット)に女性は弱いものです。

女性のみなさん、有名な、あるいはその名前を耳にしたことのあるデザイナーの洋服を買うようにしましょう。

モテる男性のハー卜を射止めたいのなら、安物を身につけてはいけません。

この記事を書く前に私は知人に対して、「どんな人と恋をしたい?」と尋ねてまわりました。

予想どおり最初のうちは、「やさしい人」「人間味のある人」「知性のある人」などの答えが返ってきました。

ところが、もっと突っ込んで話を聞くうちに、「お金持ち」「権力のある人」「モデルみたいな人」などという本音がぞろぞろ出てきたのです。

このテクニックを紹介するのは、私としてもきまりが悪いのですが、知りたい人の要望はやはり強いようです。

 

 

外見にお金をかけよう

 

もし、あなたが自分より格上と思う相手を獲得したいのなら、特別な服が必要です。

まず、そのアロハシャツとサヨナラしてください。

ポリエステルのジャージもダメです。

 

モテる人は、洋服を見る目を持っています。

大人のモテる人になると、上質の服を見抜くことができるのです。

あなたの髪型から足元までを、瞬時のうちに見てとります。

 

ですから、安物はひとつでも身につけないようにしましょう。

高級美容院でカットし、高価な腕時計や本物の18金のネックレスを身につけましょう。

効果はあるのです。

 

ひとつでも安物を身につけていると、ピカピカと光る偽造硬貨のように、それだけが浮きあがってしまいます。

スーパーマーケットのレジの横で、カゴに放り込んだ新品の安物の靴下より、多少かかとがすりきれていても、ブランド物の靴下を履くほうが、ずっと効果があるのです。

品のいい話しかたを心がけよう

相手のハートを射止めたいからといって、なにも貴族っぽい話しかたをする紙要はありません。

ただ、遠まわしなものの言い方をしてください。

そして、相手の言葉をくりかえすテクニックをお忘れなく。

 

言葉使いには、その人の育ちがはっきりでてしまいます。

かといって、「ブランドは好きだけど、飽きたから全て売ってしまった」などとウソをつき、格好をつけてはいけません。

見栄を張れと言っているのではないのです。

下品な言葉使いはぜったいにダメですよ、という意味なのです。

 

品のいい話し方とは ?

ある種の言葉に品のいい言葉を使うと、かえって品が悪く聞こえる場合があります。

たとえば、金持ちのことを、わざわざ「裕福な」という表現で言う人がいますが、上流の人間は単に、「金持ち」という言葉を使う場合が多いのです。

つまり、上品ぶって別の言葉に言いかえたりしないのです。

 

ですから、相手が「トイレットペーパー」と言っているのに、わざわざ「お手洗いの紙」などと言いかえる必要はありません。

そのまま「トイレットペーパー」と言ってください。

「トイレ」は「トイレ」で結構です。

「洗面所」などと言いかえる必要はありません。

 

上品な言葉の人たちが遠まわしにものを言うときが、確かにあります。

そういった時は、真似をするだけでOKなのです。

モテる人達にとって、下品は一番嫌なフレーズでしょう。

 

これは、清潔感が無い人がモテない理由と全く同じなのです。

地面に座るなどは絶対に無しです。

とにかく清潔な人と思われるようにしましょう。

 

関連記事

→モテる男になるにはこのテクニックを使え!

→すごいモテる女の特徴

関連記事

  1. 恋愛

    可愛い女子の条件と顔!男性に聞いたみた

    世の中には可愛い!そう言われて、ちやほやされる女性はたくさんい…

  2. 恋愛

    男性をデートに誘うには女性から攻める!

    男性をデートに誘う方法※まずはストーリーからどうぞ! (さ…

  3. 恋愛

    アダルトチルドレンの結婚に対する不安6つ

    アダルトチルドレンとは、機能不全家庭で育った子供のことを意味し、このよ…

  4. 恋愛

    本当の好きって何?分からない人へ。

    「あんなに素敵な人がどうして私を」と思う恋は本物恋に条件はありませ…

  5. 恋愛

    心が傷つくのが怖い恋愛をした方に

    心が傷ついているのはあなただけではない恋に落ちると、「あばたもえく…

  6. 恋愛

    別れたばかりの男性を落とすアプローチ方法

    そっと誘う『魅惑的』な女プライドが高い生き物、それが男性です。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP