恋愛

バツイチ女性の恋愛心理

Pocket

一度離婚を経験済みのバツイチ女性というのは人生経験も豊富で、しっかりしています。

そんなバツイチ女性の魅力に虜にされる男性は多いのではないでしょうか。

今回はそんなバツイチ女性の恋愛心理に関して、男性が分かってあげないといけない恋愛心理をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

バツイチ女性の恋愛心理

一度離婚という大きい経験をしている女性でも、やはり恋をしたいと思うのは女の本性です。

そんなバツイチ女性が恋愛にて、男性に求める条件とは、以下のような条件が基本的な条件です。

 

・子供の将来を考えてくれている(子持ちの女性の場合)

・仕事には真面目な人

・バツイチでも女として見てくれる

・子供優先を理解してくれる

 

基本的にバツイチ女性が求める男性の条件とは、それほど理想は高いとは言えません。

これは一度離婚を経験したことによって、本当に大事な部分が分かっているからです。

逆に結婚を経験したことのない女性は、あれやこれやと理想が高くて条件をつけがちですが、人間に本当に必要な部分を分かっていて、男性が頑張りすぎなくてもいい。

男性はそんなバツイチ女性に魅力を感じるのでしょう。

 

バツイチ女性は基本的に落ち着いた恋愛を好む傾向にあり、家デートが好きと答える割合が高いようです。

お金の出費を抑えれることと、一緒にいて幸せに思えればそれだけでいい、こんなバツイチ女性の恋愛心理が働いているといえます。

基本的にバツイチ女性が恋愛において求める一番のことは、”本当の愛”であり、見た目などでは無いので、男性は偽りのない愛情を注ぐことが一番大事ではないかと思います。

スポンサードリンク

バツイチ女性との付き合い方

人間関係でもっともトラブルになりやすいのが異性との関係を含む恋愛関係です。

友人関係や家族・親族との関係、職場の人間関係と違うのは、お互いが相手のことをどう位置づけるかがはっきりしていないところです。

友人は、かつての親友でも会わなければそれで終わりだし、親友でなくても毎日仲良くすることができます。

 

これは、特に利害関係がないからです。

家族・親族関係は、利害が発生することがありますが、お互いの立場ははっきりしていて、主従も明確です。

職場の人間関係は、利害が絡みますが、他人同士の雇用契約に基づくものですから、これもお互いの立場がはっきりしています。

 

ところが恋愛関係だけは、自分が相手のことをどういう存在だと考えるかが、はっきり相手に伝わらずに誤解が生まれやすいのです。

未婚の男女の間での関係に限定しても、相手の位置づけは、一、体ぬきの遊び友だち、二、体だけの一回きりの相手、三、体だけの彼女、四、結婚してもいい相手、五、すぐに結婚したい相手、などさまざまです。

二、三、の一回きり、または体の関係のつもりだったのに、女性側は、結婚を承諾したととってしまう、という悲劇は日常茶飯事です。

 

最近は、男女ともに晩婚の傾向があるために、ずるずると体だけの関係が続いて、結局女性としては婚期を逸するというケースもあります。

男性側としては、自分がどういうつもりで相手とつきあっているのか、よく考える必要があります。

なりゆきでずるずるとつきあう、というのが最悪で、トラブルや事件に発展することもあります。

そして、まず遊びで体を交えるのなら最初からはっきり相手にそう言うこと、長くつきあうのなら自分がその女性を、自分の人生の中でどう位置づけるのかはっきり伝えることが必要です。

 

もっとつきあってみなければ分からないだろう、という人もいますが、少なくとも数か月以内にははっきりさせるべきでしょう。

もし相手の女性が結婚することを期待しているのだったら、それに対して自分の気持ちを明確にすることが、あとでもめることなくつきあう基本的な前提です。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP