懸賞

ナンバーズの必勝法!生活できる金額を当てるには数字が大事!

Pocket

ナンバーズで縁起のいい数字を選んじゃいけない!?

ジャンボ宝くじもいいけれど、ナンバーズで地道にコツコツと賞金を稼いでいくのも、宝くじの楽しみ方の一つ。

向こうから勝手に番号を押しつけられる宝くじより、自分の好きな番号で勝負できるナンバーズのほうがおもしろいという人も少なくない。

でも、ナンバーズで当たりたいと思ったら、好きな番号をただ買えばいいというわけではない。

自分ならではの、こだわりナンバーやラッキーナンバーをもつことが大切なのだ。

よくやってしまいがちなのが、自分や親しい人の誕生日の数字を買うことだが、これは絶対にダメ。

日付数字はバリエーションがかぎられているため、せっかく当たっても当せん者の数がやたらと多く、当せん金額がめっぽう低くなってしまう傾向があるのだ。

スポンサードリンク

同じように縁起がよさそうな語呂合わせの数字もやめたほうがいい。

どうしても語呂合わせにするなら「9948(キューキューシャ)」や「6741 (ムナシイゴなど、ふつうの人があまり買いたがらない縁起の悪そうな数字にしたほうがいいだろう」

逆に、愛車のナンバープレートや自宅の下四ケタの電話番号などは買いだ。

 

自分にとっては意味のある数字でも、ほかの人にはなんの意味もない数。

これがある意味で、その人にとってのラッキーナンバーだったりするのである。

よほどありがちな数字の並びでないかぎり、買い続けてみるのも一つの方法だ。

スポンサードリンク

低配当のナンバーズで、でっかく当てる裏ワザ

 

自分で好きな番号を選べる「ナンバーズ」は、その手軽さが多くの宝くじファンにウケているが、問題は当せん金額があまりにも少額だということ。

ナンバーズ4では、1997年7月の一度きりの大当たり以来、99年9月まで2OO万円を超える大穴はなかなか出ていない。

ナンバーズ3でも、20万円を超えたのが本当に数えれるくらいではないだろうか?

 

せっかくお金をつぎ込んで、やっと当たったと喜んでも、ほんの数万円だったりすると、なんだかガッカリしてしまう。

でも、そんなナンバーズでも、かなり大儲けできる裏ワザがあるのだ。

ナンバーズのシステムは、賞金は当てた人で山分けすることになっている。

 

ということは、前項目でも述べたように人気の高い数字を選んでしまうと、たとえ当たっても金額は低く、逆に人気の薄い数字を選べば、当たったときの賞金が高くなるというわだ。

その証拠に、98年10月にナンバ ーズ4で「5963」という当せん番号が出たが、語呂合わせで「ごくろうさん」だったため、購入者が多く、賞金は一人につきたったの12万7900円。

逆にナンバーズ3で「949」が当せん番号だったときは、過去最高の20万円以上の賞金が出たのだ。

 

やはり、いかにも人気の薄そうな番号を選ぶのが極意なのである。

さらにもう一つの超裏ワザが、同じ番号を何枚も購入することである。

1995年のナンバ ーズ4でストレート4が120万~130万円ほどについたとき、一挙に2億5000万円をゲットした男性がいた。

 

彼は、その数字をなんと190枚も購入していたのである。

宝くじには同じ番号は存在しないが、ナンバーズなら同じ番号を何枚でも買うことができる。

これがミソなのだ。

 

もし「これだ!」とひらめいた数字があったら、何枚かまとめ買いしてみてはどうだろう。

思わぬ大金が転がりこむかも。

 

関連記事

→ナンバーズ3・4の買い方のコツは?攻略方法を無料で伝授!

→年末ジャンボの当て方の工夫!いくら買えばいいでしょうか?

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP