営業

ディズニーリゾートは夢の就職先?リゾートの影の部分とは?

Pocket

ディズニーリゾートの影の部分

これまで、ディズニーリゾートを褒め称えてきた。

特に、そこで働くキャストに関しては、他の企業に例を見ないすばらしさを持っている。

その最たるものがシステムオペレーションである。

スポンサードリンク

これについては後述するが、何もわからない素人を短期間でプロに育て上げるシステムは、これもまたディズニーマジックといわざるを得ない。

ディズニーリゾートを支えている戦力が、世間で非難を浴びている「いまどきの若者」なのである。

この事実は、企業が大金を投じて躍起になって行っている教育システムが、いかに非効率的なものであるかを証明している。

 

また、難しい仕事は正社員という神話の、完全な崩壊すら意味するのである。

キャストはほとんど不平・不満なく、しかも楽しく働いている。

そして自らの役割をよく自覚し、忠実にその職務に精励している。

スポンサードリンク

ディズニーリゾートは夢の職業!

ゲストはこのキャストらのエスコートによって、現実の世界では味わえない「夢」の世界に旅立ち、それを満喫するのである。

ゲストが楽しむと同時にキャストも楽しむ、まさに理想的な職場に見える。

しかし、オリエンタルランド社の社員は苦笑する。

 

「ディズニーリゾートの『夢』の部分って、まさにディズニーリゾートの中だけなんですよ」

要するに、現場で働くワーカーは重労働なので肉体的には大変だが、精神的にはいわゆる会社勤めにありがちな人間関係などのストレスは少ない。

噂どおり快適な職場なのである。

 

しかし、それらをマネージメントするオリエンタルランド社の内部は、普通の会社とまったく同じ状況なのだそうだ。

別の社員も口を揃える。

 

「どうもディズニーリゾートのイメドジで語られがちですけどね。

所詮は電鉄・不動産といった超保守的な株主を持つ会社です。

トップ人事の綱引きも結構派手にやってますからね。

 

僕は知りませんが、二代目社長のときはカリスマ性が強くて社内の評判もよかったようですが、その後で起きた第ニテーマパーク問題は結構曲折していたようです」

この証言からもわかるように、一種の派閥的人事や計画のどんでん返し、重役間の調整・根回しなどはかなり大変なのではないかと思われる。

確かに、いくらディズニーリゾートが「夢」の世界であっても、そのマネージメントまでが「夢」であるはずもない。

 

それどころか、営利企業が商売として行っているのだから、いくらゲストに「夢」をという理想があっても、儲からなければ何にもならないのだ。

そういった意味でも、ディズニーリゾートの現場に比べて、オリエンタルランド社の内部事情は思っている以上にギャップがあるのかもしれない。

 

他の遊園地が客の気持ちを吸収できない理由

テーマパークが何のために存在するかということを考えれば、自ずと出てくる答えである。

客にとって必要なのは「現実」から離れた「夢」の世界であり、それによって癒されることを求めているわけだ。

端的にいえば楽しみたいのである。

 

それを実現するために、テーマパークの運営母体は投資をしなければならないのだ。

客にとって「楽しむ」という行為は、事前に決して具体的な形になっているわけではない。

そのテーマパークにやってきて、ひととおり遊んだ結果としてはじめて、どのように楽しかったかが具体化するのである。

 

ゆえに、よく市場リサーチなどと称して行われるユーザー調査だけをいくら重ねても、明確な答えは出てくるはずもない。

言ってみれば、製造業が新製品を開発するスタンスに近いわけなのである。

ところが、遊園地・テーマパークそのものが元来何かの付属物であることが多い。

 

例えばデパートの子供の遊び場であったり、鉄道会社の沿線開発施策であったり、地域活性化のための観光施設である場合もある。

いずれにせよ独立した地位を持っていなかったのだ。

このような背景を持つ遊園地・テーマパークが、客の持つ潜在ニーズを感じ取ることは不可能だといえよう。

 

なぜならば、こういった遊園地・テーマパークの運営責任者は、往々にして客の方を向いておらず、親会社のほうばかり向いているからである。

その結果、遊園地やテーマパークは楽しければなんでもOKといった考え方と、その運営方法がコストダウンのための外注方式に終始すること、になるのは、実に自然なことなのである。

それが、現在続いている各地の閉園・休園につながっているのだ。

 

ディズニーリゾートも先述のように、電鉄・不動産という超保守派の権化のような株主を持っているが、それが現段階で直接的に両者の利益を左右する位置付けにいないことが幸いしている。

また、「ディズニー」の経営母体のオリエンタルランド社ですら自由にならない。

きわめて強烈な独自性を持つブランドをメインに据えていることも、良いほうに作用しているといえよう。

 

要するに、ディズニーリゾートは利益を重視する口うるさい株主から、高い独立性を確保しているわけだ。

これによって、ディズニーリゾートはその方針と理念に沿って、自ら決定できる環境を持っているのである。

そして、その理念とはゲストがディズニーワールドで、ディズニーマジックによって、忘れえぬ「夢」を見ることなのである。

そのためには手を抜くことなくディズニーワールドを再現し、そのビジュアルだけではなく雰囲気まで「夢」の世界を徹底しなければならず、実際それを実行しているのだ。

 

関連記事

→人の購買心理を予測するディズニーマーケティング戦略とは?

→客が減る、飽きる、来ない店はこれをしがち?

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP