ディズニーランド

ディズニーランドの裏話

Pocket

ディズニーランドには色んな裏話が存在します。

誰でもディズニーランドに行けば見るものがあります。

それは「パレード」です。

 

そのパレードに登場するミッキー。

ずっと自分の方だけを見て欲しい!

って思った方はいないでしょうか。

 

どうすれば彼の視線を独り占めできるのでしょうか。

そのディズニーランドの裏話をご紹介します。

スポンサードリンク

ミッキーの視線を独り占めにする方法

昼はパレードルートの最前列をキープ。

夜はトゥーンタウンにいちゃ、何も見えない!

 

パレードの間中ずっと、ミッキーに見つめられたい。

という気持ちはファンなら誰しも同じ。

でも、こればっかりは叶わぬ夢。

 

だって、ミッキーの愛は常に平等なんだから。

しかし、見つめられることは無理でも、見つめることはできる。

そのためには、フロートが止まるポイントをチェックしておく必要があります。

 

「ディズニー・オン・パレード/100イヤーズ・オブ・マジック」の場合。

残念ながら通過型でフロートは止まらない。

だから、パレードルートの最前列を確保することが最も間近で見られるチャンスというわけ。

スポンサードリンク

しかし、その中でも、オススメするポイントは、トゥーンタウン。

ここは、言わずと知れたパレードの最終ルート。

ということはキャラクターたちも名残を惜しんで、サービスもアップするはず。

 

だってそれが人情ってもんです。

で、やっぱりその通りで、トゥーンタウンのゲート周辺では、ゲストの姿が見えなくなるまで、皆ずっと後ろを向いて。

いつまでも手を振ってくれるのだ。

 

・トゥーンタウンではなるべくパレードルートの最終近くをキープ

しかし、ここで1つ注意しなければならない点がある。

トゥーンタウン内で見る場合は、ゲートの近くにいてはいけない。

 

なぜなら、トゥーンタウンがパレードの最終だからです。

つまり、最後の最後まで見るには、パレードルートの最終、ワゴンショップの。

アウト・オブバウンズ・アイスクリーム付近に陣取ることが大切なのです。

 

こちらが最後の最後まで見られる、ということは。

最後の最後までミッキーに見てもらえる。

手を振ってもらえる、ということです。

 

ここでなら、ミッキーに見つめられるってことも、夢ではないかもしれません。

さて、中にはミッキーの姿が1回しか見られないなんて物足りない!

なんて人もいるだろう。

 

そういう人はミッキーのフロートについて、パレードルートを歩くか、先回りすれば2倍楽しめるかも。

ただし、ルートに沿って人垣ができているという厳しい現実を忘れてはいけません。

パレードに沿って動くということは、決して最前列では見られないということなのです。

 

また、パレードの次に予定しているアトラクションに一番近いポイントで見るのも賢い方法です。

ところで、夜のパレードといえば。

「ディズニー・ファンティリュージョン」。

 

華やかな電飾に彩られたフロートは、ファンタジックでゴージャスな美しさが圧巻です。

このパレードで絶対、見逃せないのがフロート上で展開するショーです。

このショーも見るポイントを外してしまうと。

 

ただ通過していくフロートを追うだけ、という悲しい結末で終わっていまう。

「ディズニー・ファンティリューション」の場合は。

ショーを行うために3ヶ所で止まる。

 

しかし、ショーを演じているはずの時間に目の前に全くなにも見えない。

フロートの影も形もない空白のポイントが4ヶ所あるのです。

それは。

 

・「ホーンテッドマンション」前

・ウエスタンランドとプラザをつなぐ橋周辺

・プラザからトゥモローランドへの橋周辺

・そしてトゥーンタウン

 

さて、この4ヶ所を避けた場所で、きらびやかなパレードを見るわけですが。

ここでもう1つ注意しなければならない。

とりあえず自分の前でフロートは止まる分けだから。

 

ショーは確実に見ることができる。

しかし、ショーで展開する変身シーンの全容を見るなら。

最前列に座るよりもやや後列の方が見晴らしがききます。

 

なぜなら、フロートはとても大きいからだ。

だから最前列にいると必然的に見上げることになる。

つまり、キャラクターの一部しか見ることができない。

 

最大のみどころである変身シーンも、なんとなく雰囲気しか掴めない。

それでも充分、見応えはありますが。

昼と夜のパレードでは、フロートが止まる場所も、パレードを見る位置も全然違っています。

 

くれぐれもフロートを、トゥーンタウンのゲート前で待つなんていう間違いはしないように。

いくら待っても夜の闇しか来ないからね。

 

関連記事

→ディズニーランドの怖い都市伝説まとめ

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP