ディズニーシー

ディズニーシーの入場制限とチケット基礎知識

Pocket

えっ!入場制限でTDSに入れない!?

年間1000万人を超える人が訪れる東京ディズニーシーは、日本でも有数の人気施設です。

TDSに何回か行った人なら「いつも混雑しているな」と思った人が大半でしょうね。

人が少なすぎる遊園地も寂しいのだが、多すぎる遊園地っていうのも大変だ。

 

この大変さ加減が実感としてわからないと、現地に到着してから唖然としてしまうことになる。

まず、東京ディズニーシーには入場制限というものがある。

システムというよりは、やむを得ない状況になったための処置だ。

スポンサードリンク

あまりにも入場者が多すぎると、東京ディズニーシーの敷地内は人で溢れかえってしまう。

人の背中を見るために来たんじゃない!!

そう叫びたくなるくらいの状況になると、誰でも楽しむことは不可能だからです。

 

そこで入場制限ちおう処置が実施されています。

つまり当日券の販売中止。

このことを知らないと、わくわく氣分のファミリーもアツアツのカップルも入場ゲートの前で確実に固まるでしょう。

 

この不景気の中で、事故や事件でもないのに入場制限がかかる施設とは…

ディズニーランド、シーという場所というのを覚えておこう。

パークの初めの一歩は、入場券(パスポート)を購入することから始まる。

スポンサードリンク

入場制限を避けるためには、前売り券を購入すれば大丈夫。

前売り券にも数種類はあるが、とにかく利用日が記入されていれば、入場制限のアナウンスが流れていようが、まったく関係なく入場できる。

前売り券のない人は、入場制限が解除されるまで待つしか無い。

 

制限解除はその時の混雑状況しだい。

1時間位で済むときもあれば、夕方まで制限される時もある。

実は入場制限はそんなに頻繁に起こることではないが、安心はできません。

 

危ないのは春休み中の週末、GW、夏休み中の週末、お盆、クリスマス時期、正月。

行楽に快適な快晴の土曜日や日曜日に入場制限がかかる時もあるが、毎週のように入場制限が有るわけではない。

それでも、入賞制限なんてことに絶対影響されたくないなら、前売り券を含む入場券のことを研究し、券を買うか検討してみましょう。

 

 

どんなチケットを買えばいいの?

 

東京ディズニーランドやディズニーシーの園内のことをパークといいます。

テーマパークのパークのことです。

このパークに入るには入場券(パスポート)がいるが、入場券には5種類がある。

 

内容をよく知っておかないと、損することもあるので要注意。

 

☆パスポート

1(ワン)デーパスポート。

1日だけ利用できる入場券。

 

☆マルチデーパスポート

次の2日、3日、4日の各種の日数を連日利用できるチケット。

1日当たりの料金が1デーパスポートより安くなる。

 

☆2(ツー)デーパスポート

ディズニーランドとディズニーシーを合計で2日間入園可能。

1日で1パークのみなので要注意!!

 

☆3(スリー)デーマジックパスポート

3日間の入園が可能。

3日目からは、どちらも入園することが可能で、何度でも自由に両パークは入れる。

 

☆4(フォー)デーマジックパスポート

3日目以降は、両パークに何度でも自由に入れる。

 

☆アフター6(シックス)パスポート

平日の午後6時から利用できる。

利用できる日と出来ない日の取り扱い指定日がある。

 

☆スターライトパスポート

土日祝の午後3時~利用できる。

利用できる日と出来ない日の取り違い指定日がある。

 

 

☆年間パスポート

ランドとシーどちらかのパークを発行日より1年間使用できる。

写真付きで、登録本人のみ利用可能。

 

関連記事

→ディズニーシーのガイドツアーの予約方法とその種類

→ディズニーシー春夏秋冬に便利な持ち物

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP