ディズニーシー

ディズニーシーのファストパス攻略とは?

Pocket

ファストパスって何?

ディズニーシーを堪能するのには絶対に欠かせない、このファストパスシステム。

ファストパスはいつも大行列になってしまうアトラクションの待ち時間を、少しでも短くするために考案されたシステムです。

事前にこのファストパスを入手しておけば、通常の大行列を尻目にファストパス専用の入口から楽々とアトラクションに乗ることが出来ます。

スポンサードリンク

このファストパスですが、実際にはどうやって発見するのでしょうか?

開園ダッシュで向かう先はとにかく人気のアトラクションです。

アトラクションの入口には誰もが見つけやすいように、ファストパスの看板が掲げられてあります。

 

この時自分のパスポートはもちろん、仲間の分のパスポートを持参するのもお忘れなく。

パスポート一枚につき一枚のファストパスが発券されるのです。

ファストパス発券機にパスポートを入れると、例えば(11.00~11.40)などと印刷されたカードが出てきます。

 

これがファストパスです。

指定されている時間にパスを持ってファストパス専用入口に行くと、ファストパスの総発券数は決まっているので遅い時間に行っても、すでに終了している場合もありますのでご注意ください。

 

ちなみにランチやディナーの予約を入れている場合、ファーストパスの指定時間と異なってしまったらちょっと困ってしまいますよね?

発券機の近くには実は必ず電光掲示板があって、今ファストパスを入手するとして時間は何時と教えてくれるのです。

この掲示板を参考にして食事の時間などを考えてみてください。

スポンサードリンク

人気アトラクションの攻略法

東京ディズニーシーで最も人気のあるアトラクションはやはり何と言っても、ミステリアスーアイランドにあるセンターオブジアース。

そして、ロストリバーデルタのインディージョーンズアドベンチャー、クリスタルカルの魔法の二つでしょう。

一番ダッシュで入園した人たちの大半がまず、このどちらかのアトラクションのファストパスをねらいで走ります。

 

さてこの大人気アトラクションの攻略にはどんな方法があるのでしょう?

この攻略法については昔から考えられているのですが、絶対的な秘策というのはまだ発見されていません。

ただ単に、行動をなるべく簡単化し、エネルギーや時間をいかに消耗せずに効率的に使うということを考えることです。

 

まず開園後5分間で入園するのはお約束。

そしてファストパスの入手を第一に考えます。

 

東京ディズニーシーのマップを眺めてみると、効率よく回るにはやはり入口に近いミステリアスアイランドにあるセンターオブジアースのファストパスをまず入手し、そのままダッシュしてインディージョーンズの行列に並ぶというものがあります。

しかし少しでも入園がもたつくと、この2ヶ所はあっという間に数時間待ちという状況になってしまうので計画通りには行かなくなります。

 

そこで思い切って人気アトラクションの1つを諦めるという手もあります。

例えばたどり着くのに困難なインディージョンズの方に足の速い人が一気にファストパス獲得にダッシュ。

指定時間まで残りの人たちは、人気のアトラクションの行列に並ぶのです。

 

2番人気それはポートディスカバリーのストームライダーと、ミステリアスアイランドの海底2万マイルです。

位置関係をよく見てみると、インディージョーンズのファーストパスを手に入れたと、ストームライダーに走ったほうがずっと距離が近いことになります。

インディージョーンズ、ストームライダーを楽しんだ後に、センターオブジアースのファストパスを入手。

 

おそらく午後遅くの指定時間が予定されるので、その間にランチやショーの見学、買い物を済ませるという歩き方もあります。

またどうしてもセンターオブジアースを乗りたいという人は、開園ダッシュで迷わずファストパスを入手。

そのあとすぐ近くにある海底2万マイルの列に並ぶというのはどうでしょう。

 

同じエリアにあるのでかなりの時間の節約になりますし、センターオブジアースは海底2万マイルの方が行列も少なめなはず。

他の人たちが並んでる間に1人がギョウザドックを買ってくるという手もあります。

また午後になるとよく 中止と なるアトラクションなので、早く済ますとくのはいいことかもしれません。

 

関連記事

→ディズニーシールート攻略2014

→ディズニーシー子連れ攻略ルート2014

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP