ディズニーシー

ディズニーシーでの予約特典と安くする方法

Pocket

パークに行くと、結構なお金がかかる。

入園のためのパスポート以外に、ホテルの宿泊代、交通費、食事代など色々ある。

少しでもトータルのお金を減らして、その分をお土産代や食事代にまわしたいところです。

スポンサードリンク

金券ショップを活用する

金券ショップをうまく利用するのは大切。

一つ一つの値引き額は対したこことはないが、チリも積もればバカになる額になる。

パークに行くにあたってチェックしておきましょう。

 

・パスポート

パーク入園券、つまりパスポートも金券ショップで扱っている。

いつも在庫があるわけではないが、マメに店頭を要チェックです。

 

店による違いはありますが、相場は大体6000円前後のワン・デーパスポートが5000円前後で購入できる。

日付指定なしのパスポートならとりあえず購入しておくのもいいですね。

ただし、有効期限を確かめることを忘れてはいけませんよ!

 

・ホテルの株主優待割引券

パーク近隣や周辺のホテルに関係した割引券なら利用価値は大きい。

ヒルトン系や東急系など大きなホテルグループの割引券は案外回っている。

割引券は1枚500円から1000円くらい。

これで、宿泊料金が半額程度になる場合もあるのです。

スポンサードリンク

・その他

私鉄乗車カードのパスネット、JRのイオカード、首都高速の回数券など、パークに行く交通料金に関係する金券も利用したいところです。

 

・コンビニの端末を利用する

コンビニの端末でパーク入園の予約券(引き換え券)を購入することができる。

ただし、料金が安くなるわけではありません。

 

コンビニ利用でお得なのはホテルの宿泊です。

特にローソンのロッピーは使い勝手がいいうえに、利用できるホテルの数も多い。

パーク周辺のホテルの予約を考えている人は検討してみましょう。

特に当日予約は半額近い額になることもあります。

 

 

予約特典について

 

・インターネットで予約する場合の特典

ホテルは、インターネットで予約すると、正規料金よりも安くなる場合があります。

ホテル直接のサイトと予約専用サイトがあるので比較してみましょう。

 

・クレジットカード付帯の特典

ほとんどのクレジットカードには、ホテルの優待利用の特典がある。

オフィシャルホテルの優待利用が付いているなら使わない手はありません。

2から2割引きになる例がかなり多い。

 

・旅行会社のパックツアーを利用する

旅行会社は交通や宿を組み合わせ、加えてパークのパスポートもセットになった旅行商品を販売している。

個別に予約するよりも手間がかからず、トータルの料金も安くなる。

 

利用のためのポイントを紹介します。

→目的に合わせた商品を選ぶ

ファミリー向け、カップル向け、バス利用、JR利用など、さまざまなプランがあります。

 

パンフレットを収集したり、旅行代理店の人に相談してみたいところです。

色々な特典もよくチェックしておきましょう。

冷蔵庫のドリンク無料、手荷物の配送無料、ホテル館内用の無料ギフト券進呈、連泊割引、駐車場代無料。

 

部屋のグレードアップなど、パックツアーならではの特典も多彩。

見落としてしまいそうなものも多いのでじっくり比較しましょう。

 

・首都圏の人も利用価値がある

宿とパスポートのシンプルな組み合わせでもお得になる。

確かに飛行機や新幹線利用者に比べれば割安感はないが、個人予約にはない特典があるのです。

 

料金的には個別で予約してもさほど変わらないが、朝食または昼食が付いたプランが目立つ。

ホテルのレストランがお得になる。

また、ディズニーリゾートラインの乗車券がもらえる、チェックアウト時刻を遅らせることもできる、などのサービスを提供している商品が多い。

 

関連記事

→ディズニーシーのガイドツアーの予約方法とその種類

→ディズニーシールート攻略2014

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP