未分類

ディズニーの人気の秘密と他の遊園地との違いは?

Pocket

遊具も他と違わないのになぜ

先に言っておくが、ディズニーランドの遊具自体は決して目新しいものではない。

すなわち、流行っている遊園地より人気があるのは、やはり絶叫マシンに当たるものは皆無といえよう。

にもかかわらず、どのような最新マシンを入れテーマパークとしての本質を一番理解しているからに他ならない。

スポンサードリンク

東京ディズニーランドはなぜ廃れないのか ゲストがディズニーランドを訪れるのは、端的にいって「楽しみたい」からである。

中には勉価を受ける。

そこでメインとなるのは、決して遊具ではないのである。

 

楽しい世界を味わうためにやってくるわけだから、ディズニーランド側はそれに応えてこそ評 強や仕事のために行く人もいるだろうが、そういった例外はこの際考えない。

ゲストは日常と違う一般的な遊園地や他のテーマパークとディズニーランドの大きな違いは、入場ゲートをくぐった世界が構築されており、特に初めてきた人はここで一回目の感動をしてしまう。

入った瞬間、大きな差となって現れている。

 

ディズニーランドはメインエントランスですでにその世の、ディズニーランドをイメージした花壇が中央に配され、正面はワールドパザールの大きな建物、時聞によってはここにミッキーなどのキャラクターが多数出ており、気軽に写真をとることができるのだ。

早い話が、ここに入った瞬間にゲストは「夢」の世界に足を踏み入れ、現実世界の嫌なことなどを忘れてしまうようにできている。

ワールドパザールの建物が、異様に大きく立派なのはゲストを感動させる演出なのだ。

スポンサードリンク

実際に入ってすぐに、ゲストの多く、特に初めて来た人たちは必ずといってよいほどここで記念写真を撮っている。

ここでフィルムをたくさん使わせる遊園地やテーマパークは他にないだろう。

要するに、ゲストが「夢」を楽しめる演出がいかに大切かということである。

 

その一端として、たいていは一度経験すると二度目以降の感動はそれほど大きなものではなくなる。

客の目当てはそれだけということになってしまう。

その遊具が陳腐化すれば当然のことながらば、絶叫マシンは不必要なのである。

 

逆に言えば、絶叫マシンなどの遊具を売り物とした場合、遊具が存在しているわけだから、ディズニーランドが「絶叫」をするような世界でないのであれば確かに、中には絶叫マシンなどを売りにしていても、比較的経営が安定している遊園地もああったりする。

それは、客がその遊園地を求めているのではなく、そのマシンを経験することだげが目的で他の目的のメリハリの一環として、いわば刺身のつまみ的な位置づげでそうろに同じような遊園地ができれば、何の迷いもなく客は浮気するに違いないのである。

いった遊園地を利用しているに過ぎない。

 

もし、その遊園地より安かったり交通の便がよいとこがあれば、皆そっちに浮気をするのだ。

ディズニーランドはすべてが内製、もしくは自社の管理下におかれた状態で運営されており、その一貫性は半端なものではない。

こう書くと極めて厳しい社規・社則に縛られているように思われるが、実際は決してそのようなことはない。

 

というより、厳しく管理してやらされているといった印象を、キャストが持たないように配慮されているのだ。

もちろん、通常の企業には見られないような、細かく膨大なマニュアルは存在している。

自覚を持ち、自分の役割を知って自ら行動を起こすのである。

 

教育システムが構築されているのだ。

それによって、キャストはディズニーランドの一員であるし、それらの精神や行動規範をむやみに強制するのではなく、キャストが理解・納得するための
キャストとゲストには距離がない。

ディズニーランドが他のサービス業や小売業といった、サービススタッフは、絶対越えられない一線を持っている。

 

特定多数の一般客を相手にする業種と大きく異なる点はこの一点に集約される。

通常客と店員CSなどのセミナーなども、いかに客を「神」または「王」の扱いでもてなすかを教える。

ススタッフは向かい合っていても、しょせん違う世界の人間だということなのだ。

 

そして、主人の世界に存在している。

そこには独自のルールが存在し、ゲストもキャストもそれに従う。

全員が主人公なのである。

 

この世界の主人公はゲストではない。

かといってミッキーでも、もちろんキャストでもなゲストもキャストもキャラクターも皆、一人一人がディズニーワールドの主人公としてのルールの中で、その世界を楽しんでいる。

単に担う役割に差があるだけなのだ。

 

だから、キャストのゲストに対する挨拶「いってらっしゃい」はなんら不自然なものではなく、またゲストがパレードやショーに対して送る賛辞や拍手も、決して義理ごとではないのだ。

そこにいるもの皆がその世界に漫り・楽しみ・満喫するところに、ディズニーランドのリピーターが増える秘密があるのである。

 

関連記事

→ミッキーが人気であり続ける理由に1万人が驚いた!!

→東京ディズニーランドに絶叫系が少ない理由!

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP