恋愛

ダメ男と結婚しないために特徴をチェック!

Pocket

ウケ狙いだけの『軽薄』な男

最近、若い女性の間ではミュージシャンや俳優と同じくらい、あるいはそれ以上にお笑いタレントの人気が高まっているそうです。

おそらく、学生時代でも「クラスでいちばんおもしろい男子」は人気者で、女の子にもモテたのではないでしょうか。

笑いとは、わたしたち人間だけに与えられた特権です。

スポンサードリンク

犬が尻尾を振ったり、猫が喉を鳴らしたりするように、動物たちにも「喜び」を表現する方法はあります。

しかし、コメディ映画を観て笑うような、高度な精神活動ができるのは人間に限られています。

この点は、当メインテーマから離れますので、ここであまり深追いすることはしません。

 

ただ、笑いが人間の精神の豊かさを象徴するもの、というポイントだけは理解しておきましょう。

ですから、わたしはユーモアのわからない男など、絶対にオススメしません。

ユーモアがまったくない人生を送るなんて、考えただけでもゾッとします。

 

しかし、恋人選びという観点から考えた場合、むずかしいのは「おもしろい人」と「軽薄な人」の見分け方です。

たとえば、あなたがお友達の結婚式の2次会パーティに参加したとしましょう。

そこで、場を盛り上げるとてもおもしろい男性がいました。

スポンサードリンク

おしゃべりも上手で、気の利いたジョークを連発して、あなたにも気のある素振りを見せる、なかなか素敵な男性です。

あなたと彼は、その場で意気投合して、互いの電話番号を交換しました。

そして、彼との初デート。

 

パーティーで会ったときにはあんなにおもしろかったのに、デートではそれほど盛り上がりません。

さらにお付き合いを重ねていくほど、彼の笑顔は少なくなり、ジョークやユーモアも消えていきます。

こうした男性は、ただ処世術としてユーモアを使っている「軽薄な男」だと考えて間違いないでしょう。

 

大切なのは、みんなの前でおもしろいことではありません。

むしろ、あなたと2人になったときに、ユーモアや笑顔が出るかどうかが重要なのです。

一緒にいて、お互い笑顔になれないような相手とは、長続きしないでしょう。

 

男性を選ぶ際には、笑顔も大切な基準になってきます。

「一発ギャグだけのお笑い芸人」のような男は軽薄。

 

 

責任感がない『言い訳』男

 

男性と会話をしているとき、彼の口から

「××のせいで、できなかった」

「本当はオレもそうしたかったけど、会社が」

「オレを認めてくれない上司が悪い」

といった言葉が出できたら、要注意です。

 

仕事力にも社会性にも欠けた「言い訳男」の可能性があります。

人間は完全な存在ではありませんから、誰にでもミスはあります。

特に若いうちは社会経験も不足していますので、たとえ本人にその気がなくとも、相手に不快な思いをさせたり、誤解を招くような行動をとってしまうことだってあるでしょう。

 

問題は、ミスをするしないではなく、ミスをしたあとの処理です。

このとき、真っ先に言い訳を口にするような男は、絶対に大成できません。

「言い訳男」は 結局、「自分は悪くない」と責任を転嫁しているだけなのです。

 

本当に責任感のある男なら、まず最初に自分のミスを認め、相手の主張を受け入れ、それから求めに応じた形でミスの理由を説明します。

そして、改善策を講じます。

これは仕事の場面だけではありません。

 

あなたとのデートに、彼が1時間も遅刻してきたとしましょう。

そして、到着するなり、彼が「じつは急な仕事が入ってさ」と説明をはじめたら、どうですか?

どんな正当な理由があろうと、あなたを待たせたという事実に変わりはありません。

 

彼が最初にいうべきは、心からの謝罪の言葉、そして待っていてくれたあなたへの感謝の言葉でしょう。

男は言い訳、が口ぐせになると、自分の人生にも言い訳をはじめます。

そして自分の力量不足を他人のせいにして、会社のせいにして、家族のせいにして、やがてあなたのせいにすることだってあるのです。

 

そんなバカバカしい思いをしないためにも、言い訳男には近づかないようご注意ください。

「だって」「でも」が口ぐせの男には近づかないこと。

 

関連記事

→本当に優しい男とは?どケチ男にもご注意を!

→男心をわしづかみにして離さない方法

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP