未分類

コーヒーの驚くべき効果・効能20選

Pocket

コーヒーは世界中の人々が愛する飲み物の1つであり、コーヒー愛好家は日本だけでもおよそ6割程度いるとされています。

これは毎日コーヒーを飲む人の割合が6割程度ならしく、ここから6割程度だといわれています。

コーヒーというのは一昔では、カフェイン中毒などの悪のイメージが非常に強かったですが、今ではそのコーヒーは身体的にも精神的にも多くの健康効果や効能があるということが分かっています。

そんなコーヒーの驚くべき効果・効能について、20選にまとめてみました。

スポンサードリンク

糖尿病のリスクを減らす

研究結果では、コーヒーを飲まない人よりも、毎日コーヒーを飲む人の方が、糖尿病のリスクが低いということが分かりました。

毎日飲む人に限っては、毎日飲まない人よりも20%ほど糖尿病にならないということが分かっています。

 

匂いを嗅ぐだけでストレスを減らす

コーヒーはコルチゾールというホルモンの活性化を妨げることにより、ストレスの解消となります。

それは、匂いだけでも解消になるということが分かっています。

 

リフレッシュ効果がある

コーヒーはストレス解消だけでなく、体の緊張状態を緩めることにも効果的であり、これは匂いを嗅ぐだけでもリフレッシュ効果があります。

ですから仕事帰りのコーヒーが、あなたの体の緊張状態を解き、良い睡眠などの手助けをします。

 

アルツハイマー病のリスクを低減します

コーヒーを1日に3~5杯飲めば、アルツハイマー病にかかるリスクを70%も下げてくれるということが分かっています。

これはコーヒーに入っている、ポリフェノールが体のサビをとってくれるからです。

 

うつ病のリスクを低減します

コーヒーを飲む人が飲まない人よりも自殺する確率が50%も低い、という研究結果が出されており、これはカフェインが中枢神経を刺激し、脳の特定の伝達物質の生産を強化するからだという、発表がされています。

スポンサードリンク

がんにかかる確率を減らす

コーヒーを毎日3回以上飲む人は、肺がんや直腸がんや食道がんになるリスクが半分程度になり、消化器官のがんに関しては、コーヒーが最も予防効果が高いとされています。

 

栄養素と抗酸化剤が多く含まれている

コーヒーには様々な栄養素と抗酸化剤が含まれていることから、薬という考え方もできるのです。

 

カロリー燃焼に役立つ

カフェインにはリパーゼという消化酵素の働きを活発にする効果があり、この消化酵素が活発になることにより、カロリー消費がしやすくなるので、ダイエットにも最適です。

 

記憶力にいい

カフェインは記憶力向上に効果的であり、カフェインが、神経細胞を活性化させることが分かっています。

一方で、単語などの記憶効果は減少することが分かっていますので、短期的集中力を維持するときにコーヒーを活用するようにしたいものです。

 

頭の回転が速くなる

コーヒーに含まれているカフェインは、頭の回転を速くし、企画などに必要な創造性の手助けをしてくれます。

 

神経痛を軽減

カフェインは神経痛を軽減する効果があり、鎮痛剤と同じような効果が得られ、寝過ぎでの頭痛などにはコーヒーは最適です。

 

筋肉痛から守ってくれる

カフェインには筋肉通を守ってくれる効果もあり、カフェインは筋肉痛を5%ほど軽減し、さらに運動神経を守ってくれると言われており、若々しい筋肉であり続けるためにも効果的だといわれています。

 

痛みを軽減する効果がある

コーヒーは神経痛だけでなく、肩こりなどの身体的痛みにも効果的であり、これはノルウェーにて実験結果が発表されています。

 

血液循環を改善させる

カフェインは血液循環を促進する効果がありますが、一方で利尿作用が強いために、体を脱水状態にさせてしまうとも言われています。

 

忍耐力を高めてくれる

コーヒーを休憩の合間に飲む人は多いですが、この一杯のコーヒーが忍耐力を高め、「頑張ろう」という気持ちにさせてくれます。

これにはたくさんの理由が存在し、コーヒーが頑張るためのルーティンとなっている人も多いです。

 

心臓病のリスクを下げます

コーヒーの中にはアロマと必須栄養素のニコチン酸が含まれており、この二つが血液をサラサラにしてくれます。

血液がサラサラになるということは、心臓病になるリスクがグンと減るのです。

 

脳卒中にも効果的

さらに脳卒中にも効果的であり、これは日本でも大きくニュースで伝えられました。

これは、緑茶に含まれるカテキンの抗酸化作用が、血管を保護する作用をもたらしたのではないか、という仮説が立てられています。

 

長生きの手助けとなる

これらのコーヒーの効果・効能を見てみると、結果的にコーヒーは長く生きる手助けとなるということが分かります。

カフェインの取り過ぎは中毒性を招く恐れがありますが、適度の量で毎日摂取することによって、長生きの手助けとなることは間違いありません。

 

社会、経済、環境の持続可能性を高める

NESPRESSO(ネスプレッソ)が発表し、話題を集めましたが、コーヒーの豆にはアフリカなどからの輸出が必要であり、貧困な国の経済的助けにもなり、飲む人にも働き手にも大きな幸せを与えます。

 

多くの人々を幸せにします

いかがだったでしょうか。

コーヒーの効果・効能の最後は、多くの人々を幸せにするということです。

それは息抜きの幸せもそうですし、身体的・精神的にも言えます。

何度も言いますが、カフェイン中毒にならないように気をつけて、適度な量のコーヒーを毎日飲むという日課を作れば、あなたの幸福度は上がるはずです。

関連記事

長生きの秘訣~寿命を延ばす6つの生活習慣

冷水シャワーの凄すぎる効果12選

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP