心理

クールな男の心理と付き合い方6ステップ

Pocket

クールな男はモテるという情報に踊らされ、自らをクールな人ぶってしまう男性も多いですが、本当にクールな人にはある1つの心理が隠されていることが分かっています。

その心理とは防御的無関心という心理欲求が働いており、そのためクールな男性の多くが同じような行動をとるようになります。

基本的にクールな男性は怖く見えたり、話しかけずらい思ってしまうことも多いので、付き合うのが難しいと思う人も多いでしょう。

しかしながら、クールな男性の心理をしっかりと理解し、相手に敬意を示せるようになれば、クールな男性との付き合いは上手にいくはずです。

そんな心理と付き合い方について、具体的に説明していくことにしましょう。

スポンサードリンク

常識ある合理主義者~防御的無関心

クールな男性の心理には、傷つきやすくて弱くて男性は、女々しい男だという防衛的な心理が強く働いていることが多いです。

そのため、クールで男らしい男性は冷たくて非情に見えます。

私生活の人間関係の問題を含めて、人生に論理と分析をもって対処するからです。

このような態度は、ビジネスの世界では成功をもたらすかもしれませんが、私生活には合いません。

女性が冷たいとか、そっけなくあしらわれたと感じることが多く、男女間での問題が起こりやすいという特徴がみられます。

 

防御的無関心がもたらす男性の現実

クールな男性は人や自分の感情表現を恐れ、信用しません。

心の中で感情を見せるのは、わざとらしい、子供っぽい、不合理だ、と考えているのです。

そして、人生のどのような問題も論理や理屈で解決できると決めこみます。

人の抵抗に合うと、無理矢理自分の考え方に改めさせようとするかもしれません。

そうされた相手は、何をえらぶって無神経な、とそっぽを向くことになります。

するとクールな男性は、どうせ周りの人間は道理が分からないと決めつけて、人の反応から教訓を得ることはめったにありません。

クールな男性の多くは気づいていないのです。

自分の論理が理不尽で、ものごとを分析して解決しようとする態度がかえって状況を悪くし、そのために人に嫌われてしまっていることを。

また、相手に「事実をいちいちあげて証明する」という態度をとられると、「相手は自分の言うことをちっとも聞いてくれない。人をバカにして」と思う傾向が強いです。

このことに気づいているクールな男性は、広い視野で物事を考えるようにと努力する人も多いです。

スポンサードリンク

あなたへの影響は?

最初はクールな男性の冷静で問題解決に取り組もうとする態度は、常識的に見えるので安心していられます。

ただ、傷つくのを恐れて感情を出すまいとするので、やがては機械のように感情がないのではないか、と疑いたくなります。

つっぱねられて冷たくあしらわれている、とパートナーは不満を感じるでしょう。

男性特有の防御性は、クールな男性にさまざまな行動をとらせます。

その中でも、人の気持ちをないがしろにしたり拒んだりする態度ほど、身近な人間にとって辛いことはないかもしれません。

彼は日ごろから感情的になるまいと自分をいましめています。

だから人が涙や感情を見せると、思わず反発して相手の気持ちをくもうとせず、かえってイライラしてしまうのです。

 

彼の防御的無関心との付き合い方

クールな男性は、意外と自分なりに感情豊かな人間だと思っていることも多いです。

面と向かって、あなたは冷たくて感情がないのね、などとなじっても、クールな男性は誤解されていると感じて腹を立てるだけです。

ならば話をよく聞いて、相手も精いっぱいあなたを理解しようとしているのだ、と考えてみましょう。

そのほうが対立を避げられるはずです。

無理にあなたの気持ちを分かってもらうことはできませんが、二人の間にわだかまりがなげれば、クールな男性にも愛情を示しやすくなります。

男らしさにこだわる人は、それだけ冷たい感じがするかもしれませんが、感受性豊かな人は、クール男性の愛や愛着を察知できるものです。

 

固定概念に縛られないように

固定概念に縛られるとは、あの人はクールだから寂しいはずがないとか、クールだから楽しいことに誘っても喜ばないだろう、という勝手な決めつけです。

クールな男性も人間なのですから、寂しいこともたくさんありますし、楽しいことに参加したい気持ちも強いはずです。

ただ気持ちを表に出すことができないので、多くの人が固定概念に縛られてしまい、クールな男性を放置や仲間外れにしがちです。

そうではなく、輪から外れている時はしっかりと話しかけてあげ、仲間に入れてあげましょう。

そういった小さな気遣いが、クールな男性の心を惹きつけ、魅力的な人だと思わせます。

クールだから放置では無く、相手の本心を読み取り、しっかりと小さな気遣いを示してあげることが大事です。

 

本当は寂しがり屋です

いかがだったでしょうか。

クールな男性は本当は寂しがり屋で、話しかけたり誘ってほしいという本音を押し殺している、ということを理解してあげましょう。

そして固定概念に縛られないこと。

クールな男性は個性が強く、誤解されることも多いですが、心を開いた人には愛情をたくさん注ぐことができる人です。

本当は愛情深くてかまってほしい人ほど、クールな人を演じていたりするものです。

また、「素の自分を出せない人のメリットデメリット」もセットで読んでみましょう。

クールな男性は素を出せない人ですので、そんな人のメリットデメリットを知り、より深くクールな男性を理解してあげましょう。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP