未分類

ウォルトディズニーの冷凍保存の都市伝説と一生の生涯

Pocket

ウォルト・ディズニーが冷凍保存になっている?

何時の世も、有名人には伝説や噂がついてまわるものである。

世界的なスターともなると、、その死を認めたくないあまり、実はどこかで生きているのでは?

という願望にかられてしまいます。

 

エルビス・プレスリーのあの超有名な、テープ録音にを記憶に残っている人も多いでしょう。

もちろん、ウォルト・ディズニーもご多分にもれず、冷凍人間になって生きているという噂が、流れている。

では、なぜこのような噂が流れてしまうのか?

スポンサードリンク

 

最大の理由は、単純にウォルトの死を認めたくないということだろう。

ディズニーランドという聖地の著者、能登路雅子氏は著者で次のように述べている。

ウォルトが自分の病状を周りに隠していたことや、訃報の公表が死亡時刻より数時間も遅れたこと、そして公の葬儀が行われなかったことが理由ではないか?

 

さらに、噂が広まった理由として、ディズニー・スタジオの脚本家として活躍していた、チャールズが語るくだりである。

彼会社員だったころ、ウォルトから人間冷凍術に関する出来るだけのデータを、調べるようにと命じられていた。

調査結果はウォルトに伝えられたが、そのデータがどう使われたかは分からない。

 

また、ウォルトはある占い師から早死すると予言され、自分の死を極度に恐れていたらしい。

病状が悪化したウォルトは、なんとか死を回避したいと考え、苦肉の策として科学的に何の検証もされていない、冷凍人間保存。

に望みをかけたというのである。

スポンサードリンク

また、もう一つの謎は、ウォルトに関する掃除のデータが1つもないことである。

そのほかの資料は何でも揃っているというのにだ・・・

ウォルトは亡くなった翌日、彼の遺言にしたがって埋葬され、バンクーバの東のグレンデール市に埋葬されている。

 

だが、埋葬に立ち会ったのは身内のみ、

ウォルトの死は謎に包まれているのだ。

 

 

ウォルトの一生と生涯

 

とことで、ウォルトの伝説は映画製作の上でも数々のエピソードが残されている。

ここでは、「白雪姫」における伝説を1つご紹介しておこう。

1935年春のある土曜日、ウォルトはディズニー・スタジオの主要アニメーター20名を集め、「白雪姫」の制作会議をおこなった。

 

その時に、ウォルトは夜8字から永遠3時間にもわたって、詳しいストーリーを、ときにジェスチャーを交えながら、ひたすら喋り倒したのである。

それは、完璧なストーリー構成で、後はそれにそってアニメーターが絵にしていくだけ、というほど、ウォルトの頭のなかで「白雪姫」は完全に出来上がっていたのである。

そして、不朽の名作「白雪姫」は完成したのである。

 

天才の言動は、ときに凡人の理解をはるかに超えてしまうものなのだ。

ちなみに彼は、一生をディズニーに捧げたと答えている。

それほどに、ディズニーを愛していたというのだ。

 

関連記事

→眉毛のあるミッキーとないミッキーの秘密!

→ディズニードナルドダックの家族の噂と都市伝説

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP