恋愛

まだ付き合っていない男性にプレゼントして喜ばれるものは?

Pocket

好意をもたれるプレゼントの方法

女性はプレゼントをもらうのが好きです。

クリスマスに誕生日、はたまたバレンタインデーのお返しに、ティファニーのペンダントを要求したり、男性はいつもサイフの中身と相談しながら女性とつきあわないといけません。

でも、女性は、プレゼントをするのも好きなようです。

スポンサードリンク

よく由来もわからないバレンタインデーに、恋人はともかく上司のオジサンたちにまで義理のチョコレートを配り歩く姿を見れば、女性たちは本質的にプレゼントするのが嫌いではない、と思います。

その性質を見抜かれて、ボスの日などもつくられ、つられるままにプレゼントしてしまう人も女性に多いようです。

見ているとお中元、お歳暮離れの若い人向けに、カタカナで言い換えて、商品を買わせているようにしか見えません。

 

ただ、最近はプレゼント範囲が広がりすぎて、「義理のためにお金を使うのは、ほどほどにしたい」という女性の声も多いようです。

女の子からの純粋なプレゼントといえば、マフラーやセーターの手編みを思いだしてしまいます。

そっと校門のところで待ち伏せしていた女の子が、「これ私か編んだの、着てください」と手編みのセーターなどプレゼントされて、その子が好きな子なら、「やっかあ」と、天にも昇る気持ちでしょう。

 

ところが、なんとも思ったことのない女の子にもらうと、けっこう悩みます。

「もらえないと言って返したらいいのか、着ないでほっとこうか」

なんといっても、思いのこもった手編みのセーターです。

スポンサードリンク

もらったほうの心もずっしり重くなってしまいます。

女性でも、好きでもない人から高価なプレゼントをもらうと、「どういう意味なのか」

「お返しがたいへんだわ」と悩むでしょう。

 

男性は、とくに女性からのプレゼントを警戒しますから、プレゼントの仕方にも気づかいがほしいのです。

知りあいのデザイナーが事務所のアシスタントの女性から手編みのセーターをクリスマスープレゼントにもらいました。

「いままで、たくさんごちそうになっているお礼」だと言うのです。

 

彼は彼女が自分のことが好きだったのかと気づき、それからはあまり飲みには誘わなくなったそうです。

しかし、その後の彼女の態度を見ていると、別に自分のことを特別好いているようには見えません。

でも、とにかく一枚のセーターのために彼女と壁ができてしまいました。

 

ここで、もし彼女が本当の普段のお礼をしたつもりなら、プレゼントするものを間違えたのです。

お礼なら、田舎から名物を送ってもらうとか、彼の好きなお酒など、食べてなくなってしまうものがいいでしょう。

でも、セーターを自分で編んだくらいですから、お礼以上の気持ちがあったはずです。

 

それならそうと、きちんと意思表示をするべきです。

セーターをあげたことで、「自分の気持ちをわかってください」

とあらわすのは、ただ受け身なだけで、相手に下駄をあずける卑怯なやり方です。

 

相手の男性もどうしたらいいかわからないでしょう。

彼の後日談は、「彼が彼女を振ったらしい」という噂が流れたということです。

プレゼントを渡しだのに、彼がなにも言ってくれないので、彼女は「振られたんだ」と思ったのでしょう。

 

彼にはよくわからないまま、セーターはタンスの肥やしになっているとのことです。

このように、プレゼントのあげ方にはむずかしいものがあります。

相手に好意のもたれるプレゼントの基本ルールは、「相手にプレッシャーにならないものにする」です。

 

もし、彼に好意を抱いていたとしても、彼との仲が進展していないときはまず小さなプレゼントで攻めていきます。

食事のお礼なら、彼が読みたがっていた安い本や、旅行のお土産などがいいでしょう。

ステディな関係になってから、手づくりのものをあげればとても喜ばれます。

 

プレゼントをもらえば誰でもお返しをしたいと考えます。

そのためにも、相手がお返しをしやすい金額のものを贈るようにしましょう。

心理的負担のかからない心のこもったプレゼントはうれしいものです。

 

そのプレゼントのセンスひとつで、恋を殺すも生かすもできます。

あなたらしいプレゼントを考えてみてください。

 

関連記事

→デートで役立つ女の子のカバンの中身はこれ!

→異性のどこを見る?血液型で調査してみた!

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP