悩み

なめられる、見下される人が知るべき4つの大事な事

Pocket

なめられたり、人から見下されるような人の共通点といえば、仕事ができなかったり、物事をはっきりといえないタイプが多いということが分かっています。

もちろん本人は必死でやっているのですが、結局いつもいつもなめられて見下される。

または原因すらわからず、ある日から急に仲間外れにされて見下される。

長い人生を生きていれば、このような経験を一度でもした人というのは珍しくはないのではないでしょうか。

今回はそんななめられる、見下される人が知るべき4つの大事な事に関して、詳しく丁寧にご説明していこうと思います。

スポンサードリンク

自分を敵視する人に「ありがとう」自分を高く評価しているのだから

身近な人との人間関係がうまくいっていない、そのことが気がかりでしょうがない。

とくに、わけもなく自分を目の敵にしてくるような人がいるとき。

自分はなぜ、あの人から目の敵にされなげればならないのか?自分は何も悪いことなどしていないのに。

その人から反感を買われるようなことは、何ひとつしていないのに。

それなのにあの人は、自分の顔を見るとイヤミをいってくる、言葉尻をとらえ、揚げ足を取って、自分の弱みを突くようなことばかりいってくる。

自分になんの恨みがあるというのか…といったような人がいるとき。

これは非常に辛く、心がふさがってしまうような出来事です。

絶対に嫌だと思うかもしれませんが、そんな相手でも「ありがとう」といってみよう。

恨みがあるのではないし、その人はきっと嫉妬しているのです。

あなたが自分よりも才能がある、能力がある、そのことを認めざるをえないから、かえってあなたの存在が目障りに思えてくる。

腹立たしい、だから目の敵にするようなことをするのです。

つまり、あなたのことをそれだけ高く評価しているというわけであり、あなたの実力を口には出きないだろうが認め、いや認めざるをえず、高く評価してくれているのです。

だから「ありがとう」でいいのです。

スポンサードリンク

だからといって、無理は必要なし

とはいっても、無理をしてその人とうまくつき合っていく必要もない。

「ありがとう」という、声にしなくても、心の中で「ありがとう」と、その人に向かって頭を下げてみる。

そのあとは無視しておけばいい。

何をいってこようが、相手にしなければいい。

「こちらがありがとうといっているのに、向こうはまだ絡んでこようとする。かわいそうな人だ」と、思っておけばいい。

そんな人のために、いつまでも心をわずらわせているのは、あなたのためにはならないのです。

あなたが損をするだけだ。

目の敵にされているのではなく、嫉妬されているのです。

そのことが分かっただけでも、その相手への視点が変わる。

頭にくるのではなく、哀れにその相手のことが見えてくるのではないでしょうか。

それでいいのです。

犬の遠吠えをさせておけばいいのである。

その間にも、あなたはご自身の人生をもっと充実させるために頑張ればいい。

 

行き詰っても「ありがとう」人のやさしさに触れられるから

もしも人間関係にも仕事にも行き詰ってしまって、にっちもさっちもいかない…という状況に立たされてしまった時。

こんな時もどうしたって、心がふさがっていってしまいがちです。

にっちもさっちもいかないことで頭を悩ませて、お先まっ暗と思っているネガティブ思考な人も中にはいるでしょう。

何度名前を呼びかけても、いっこうに気づかない様子。

一点をじーっと見つめて何か考え込んでいる。

その人の耳元に口を寄せて、大きな声で「ねえ、聞いているの?」と呼びかけて、そこでやっと「え?何か言った?」と顔を上げる。

そういう人も、やはり「行き詰った人」である。

にっちもさっちもいかないことで、頭の中がいっぱいになっている時は、いくら考えたっていいアイディア、うまい解決策など見つからないものです。

見つからないから「にっちもさっちもいかない」 のである。

 

こんな時は、それ以上考え込むのはやめよう、心を悩ますのはやめよう。

それよりも、「ありがとう」とお礼を言おう。

というのもそういう時は、よほどの嫌われ者でないかぎり、あなたの悩ましい様子を見るに見かねて、「どうしたんだ?私にできることなら遠慮せずにいってくれよ、水臭い」と手を差し伸べてくれる人がいるはずです。

そういう仲間がいることは、実にありがたいことではないでしょうか。

実際その人から手を借りるかどうか別にして、自分にはそういう心強い仲間がいるのだと確認できることだけでも、ありがたいことなのです。

しかし、その「ありがたさ」を理解できない人も存在します。

せっかくやさしい心遣いを見せられて、やさしい言葉をかけてもらっているのに、目も耳もふさいでしまって「私のことなんて、ほっといてよ」と突っぱねてしまう人は、まずは心を開くこと、目を耳を開くこと。

聞かなければ仲間がいることの「ありがたさ」は理解できないのですよ。

また、「人生負け組でも悪くない理由の4つ」もセットで読んでみましょう。

こういったタイプの人ほど、自分は人生負け組だから…とネガティブ思考になりがちですが、人生とは必ずしも勝ち組がいいというわけでもありません。

その理由を一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP