恋愛

なかなか付き合ってくれない女性の理由や告白の仕方は?

Pocket

ときには、まわりがカップルだらけの公園に行ってみるのもあり

夏の京都に旅行すると、この街独特の恋の風物詩がお目にかかる。

繁華街である河原町のすぐ近くを鴨川が南北に流れているが、この鴨川の土手に沿って、何組ものカップルが肩を寄せ合っている。

四条の大橋からそれを眺めていると、不思議ことにカップルの間がきちんと等距離になっている。

なんともほほえましい光景であるが、ある学生に聞いてみると「鴨川の川辺でデートできれば、二人の仲はもっと深まると、みんな言っていますよ」と言う。

スポンサードリンク

私は、その言葉にさもありなんという気がした。

女性の心理には、まわりが恋人同士の甘いムードいっぱいの状況になると、自分も目の前にいる男性と同じように甘いムードにひたりたいという傾向があるのだ。

だから、どんなガードの固い女性でも、カップルばかりのいる甘いムードの中に身をおくと、自然とガードがゆるんでしまう。

これは、女性独特の一種の横並びの心理とも言えよう。

学生時代の友人のうち一人が結婚すると、そのあと雪崩現象のように次々と結婚を決めていくのも、こうした横ならび心理の表われの一つと言える。

 

こうしてガードがゆるむのは、京都の鴨川べりだげとはかぎらない。

カップルのいる公園や海岸でもいいし、恋人同士の甘いムードがあれば、どこでもかまわない。

その場所が、女性のガードを溶かしてくれる魔力を発揮してくれるのである。

 

もし、男性が彼女と食事をしたり、夜もふけるまでおしゃべりをするほどの仲になったが、そのさきがうまく進まないと悩み、今以上に彼女との仲を親密にしていきたいと願うのであれば、魔力を利用してみるのも悪くないだろう。

いくら気の弱い男性でも、彼女を公園に誘うくらいの勇気はもっているはずだ。

食事やお酒のあと「ちょっと酔いをさましていこう」とか「すこし涼んでいこう」と誘えばいい。

 

そして、公園のベンチに座ったら、あとはまわりの甘いムードに合わせればいい。

そのとき、男性が変に緊張しすぎると、彼女も不自然に思う。

二人のあいだにも甘いムードが生まれれば、彼女もふだんには見せないような大胆な行動にも応じやすくなってくる。

 

手を握ったりしても、彼女は拒絶しないはずだ。

へタに人気のない場所に彼女を誘うよりも、よっぽど効果的なアプローチである。

スポンサードリンク

想いを打ち明けるまえに、あらかじめ匂わせておく!この戦術が効く

 

自分の想いを彼女に伝える告白は、場所・タイミング・セリフなど、どれをとっても男性を悩ませる問題だ。

「今日こそは・・・」と決意してデートの待ち合わせ場所に行くものの、彼女の顔を見たとたん弱気になってしまった経験がある人も多いのではないか。

私の知り合いの若い男性も、そんな経験を語ってくれた。

 

彼は、 なんとなく告白するタイミングを逃してしまい、なかなか友だちから彼氏へ変われない。

あるとき「つぎのデートでは絶対に言おう」と決意を固め、どこで告白するか、どんな言葉で彼女に思いを伝えるかまで綿密に計画を立てた。

ところがデートの日、勇気をふりしぽって思いを打ち明けると、彼女は「そんなことを突然言われでも困る」という。

 

彼は「こんなはずでは・・・」と、大きなショックを受けたらしい。

これは、男性と女性の心理構造の違いが不幸な形で表われてしまったものだ。

男性は、自分の気持ちをストレートにぶつけることが、自分の熱意を伝える一番の方法だと思っている。

 

自分の頭のなかにストーリーを組み立てて、そのとおりに事を運ばせようとする傾向がある。

ところが女性は突然、困惑するようなハプニングが身にふりかかると、頭が混乱してしまい、答えを出すことから逃げようとする傾向がある。

この心理的な違いが「そんなこと言われでも」 という彼女の返事となって返ってきたのである。

 

友だちから恋人へと昇格するためには、彼女にある程度、心の準備をさせておいたほうがいい。

要するにか根まわしだ。

「キミといると本当に楽しいよ」などと、直接「好きだ」と告白するまえに、彼女への特別な好意を匂わせておくのである。

 

たとえ、 何度かデートを重ねていても、女性はこのようなプロセスを抜かした突然の告白を受け入れにくいものなのだ。

それは何度か述べたように、目的よりも過程を重視する女性の心理傾向に原因がある。

ハラハラしたり、ドキドキしたり、二人が心を通わせるまでのプロセスこそ、女性にとって恋愛のいちばん楽しい部分なのだ。

目的を達成することばかりに目を奪われがちな男性には、理解しがたいかもしれないが、彼女に心の準備をさせるためのちょっとしたほのめかしや、思わせぶりな態度も、二人のデートを盛りあげる大事な要素なのである。

 

関連記事

→デートの待ち合わせ場所や時間のベストって?

→本当の好きって何?分からない人へ。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP